【アジング・メバリング】ジグ単を主にゲーム展開するときに選びたいロッドの特徴

今回は、アジングやメバリングなどのライトソルトゲームで「ジグ単(ジグヘッド単体)」を主にゲーム展開するときのロッドセレクトについてのお話。

メバリングやアジングで使うジグヘッドは3g以下であることが多く、時には0.4gほどの超軽量リグを組まないといけなくなり「そのような軽量リグを難なく扱えるロッド選び」が必要不可欠ですので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

ジグ単ロッドセレクトで釣果が変わる

キャストできる推奨ウエイトを意識する

ロッドには必ずキャストできる推奨ルアーウエイトが定められています。ジグ単メインでメバリング、アジングを楽しむときはどれだけ重くても5g程度(1g前後の使用頻度が高い)のジグヘッドの使用が主となってくるため、あまりに使用できるウエイト幅が広いロッドを使う意味がありません。

ジグ単の釣りで10gとか15gのジグヘッドを使うことはありませんからね、その重さのリグを使うとなると「フロートリグ」や「メタルジグ」を使った釣りがメインとなりますので、話の方向性が違ってきます。

 

話を元に戻しますが、アジングやメバリングなどのライトゲームでジグ単メインの釣りをするとなれば、0.2g〜3g程度をキャストできるものが理想的ですので、そのウエイト幅に対応しているロッドを選ぶことをオススメします。

ソリッドティップ、チューブラーティップをスタイルに合わせて使い分ける

ロッド購入時は使われている素材を意識しよう

ロッドの穂先は多くの場合「ソリッド」「チューブラー」の2種類から選択できるようになってます。簡潔にその違いを説明すると、ソリッドティップは【乗せ重視】、チューブラーティップは【掛け重視】という特徴があるので、自身のスタイルに合わせてティップをセレクトするのが基本。

もう少し深く掘り下げると、ソリッドティップは向こう(魚)アワセの釣りで、つまりアワセを入れなくても勝手に針掛かりしてくれることが多くなり、チューブラーティップは魚のアタリを感じアワセを入れ掛けていく釣りって感じですね。ソリッドが車で言うところのAT車、チューブラーがMT車って認識でオッケーです。

 

メバリングやアジングにどちらのティップが適している・・・とは言い切りにくいですが、これから釣りを始めるような人にはオートマチックな釣りを楽しめる「ソリッドティップ」が向いているでしょうし、ワームにアクションを付けたり感度重視の場合は「チューブラーティップ」が向いています。

この辺りは好みもありますし釣りスタイルによって色々考えることがあると思うので、購入前にご自身の釣りスタイルを見極め、セレクトして頂ければと思います。

参考→アジングはチューブラーティップ、ソリッドティップ、どちらが適しているのか?

メモ

欲を言えば両タイプのロッドを所有しておきたいところ

長さは6ft〜7ftがオススメ

ジグ単メインで釣りを楽しむときのロッドの長さですが、基本的には6ft〜7ft台のものを選んでおけば間違いありません。後はメインで釣行するフィールド、飛距離が必要か?などの要素を考慮しセレクトするのがベスト。

例えばそれほど飛距離が必要でない場所では短いロッドで大丈夫ですし、足場が高い場所がメインとなるときは長めのロッドに利点が多いでしょう。

 

最近では(特にアジングロッド)4ft台の凄く短いロッドがリリースされていますが、このような極端な特徴を持ったロッドを最初に買う必要はないと思ってます。

中級者レベル以上に達したときに補佐的なロッドとして使うならともかく、最初からメインで使うロッドに4ftレングスは使い難いでしょうからね、余程のこだわりがない限りセレクトする意味がありません。

参考→アジングロッドの長さを決める

メモ

慣れるまでは6ft〜7ft台のレングス(長さ)がオススメ

合わせるリールも検討しておく

リールの番手選びも慎重に

ジグ単メインでアジングやメバリングを楽しむときは、どちらかと言うと【番手が小さいリール】をセレクトすることをオススメします。ジグ単に適したロッドは重量が軽いため、自重が軽い番手の小さいリールが適していますし、スプール経が小さくなることにより「細いライン」が巻けるというメリットがありますからね。

ジグ単の釣りではPEラインで言うと0.2号〜0.4号の細いラインを使うことが多くなるので、細いラインを問題なく巻けるリール選びが必要不可欠だということを認識しておきましょう。

 

具体的に言うと、1000番〜2000番クラスのリールが妥当で、他の釣りへの流用も考えるなら【2000番クラスのリール】を選んでおけば間違いないでしょう。

個人的にはシマノ、ダイワ共に2000番クラスのリールを使うことが多いですし、その番手でジグ単の釣りを何の問題もなく楽しむことができていますからね、参考までに。

参考→アジングリールの選び方

メモ

リールは1000番〜2000番が推奨範囲

個人的に使ってるジグ単用ロッド

アジング、メバリング共にジグ単の釣りで使っているのがブリーデンの「トレバリズムキャビン」です。少々値が張りますがその価格以上の性能を持っているとは思ってます。

アジング用ロッドではありますが、メバリングにも問題なく使用することができますし、どちらかと言うとアジングよりメバリングでの使用頻度が高くなってる感が否めません。凄くハリがありパッツンパッツンの特徴あるロッドですが、自重が軽く初心者でも扱いやすいロッドではあると思いますので、ぜひ参考までに。

 

以上、アジングやメバリングでジグ単の釣りをメインにするときのロッド選びについてでした。

スポンサーリンク

関連する記事