ショアジギングで釣れないときの理由や原因を考えてみる

ショアジギングで、周りのアングラーは釣れてるのに、何故か自分だけは全く釣れない・・・。なぜこのようなことが起こるのかと言うと、やはり「釣れている人と釣れていない人」とでは、ある決定的な違いがあるからなんです。

厳しい言い方をすれば「腕の差」。もう少しヤンワリとした言い方をすれば「知識不足」で、もう一歩優しい言い回しをするのであれば「経験不足」ということです。

 

では、どうすれば「ショアジギングで釣れる人側」に移れるのかというと、【釣れない理由と原因を探り、徹底的に釣れない要素を排除する】以外道はありません。

このページでは、ショアジギングで思うような釣果を上げられない人向けに、僕が思う「釣れないときの理由や原因」を書き連ねていくので、照らし合わせ、ダメなところがあれば改善してみて下さい。

俺たちを釣るためにはある程度の知識と経験、勘が必要だぜ?

釣れない理由をまとめてみる

僕が思う、ショアジギングで思うように釣れない人が犯しがちなミスをまとめてみるから、該当箇所があればぜひ改善してみてね!

  1. 場所が間違っている
  2. 潮回りが微妙
  3. 時間帯を気にしてない
  4. レンジが合ってない
  5. アクション(誘い方)が違う
  6. ルアーが合ってない

釣れない場所で釣りしちゃってる

IMG_0089

特に、ショアジギングで青物をメインに狙う場合、「場所選び」が上手く噛み合わないと、釣果に恵まれることはありません。というのも、青物は常に広い海を回遊してる魚なので、要するに【青物が回遊してくる場所】で釣りをしないことには、そもそもショアジギングが成り立たないんです。

もちろん、根魚やシーバスなど、青物とは違うターゲットが釣れてくれることはあるだろうけど、青物に限定しショアジギングを楽しむ場合は、必ず【青物が釣れている場所】へ釣行するようにして下さい。

 

例えば馴染みの釣具屋さんで情報収集してみたり、インターネット(例えばカンパリ)で情報収集してみたり、何かしらの手はあるはずです。

潮回りが微妙

海は常に干満の差があり、流れが生じています。大潮、小潮、中潮、若潮、長潮、日によって潮位に差があったり、干満の差が大きかったり、色々ありますが、【海の魚は潮の流れに合わせて生活している】ということだけは肝に命じておいて下さい。

具体的に言うと、小潮だから釣れない、大潮だから釣れる・・・とかではなく、日によって「釣れるタイミングが違う」と思っておけば間違いないでしょう。

 

また、干潮から満潮へ流れる「上げ潮」と、満潮から干潮へ流れる「下げ潮」がありますが、青物を狙い、釣れる確率を少しでも上げたいのなら「上げ潮」のタイミングを狙い、釣行してみて下さい。

というのも、潮流に乗って生息エリアを変えているベイトフィッシュは、「上げ潮」に乗りルアーが届く岸寄りへ移動してきます。そのベイトフィッシュを追って青物も回遊してくるので、要するに【上げ潮でベイトフィッシュが寄ってきたタイミング】で釣りをすることが、一番効率的だと言うことです。

より詳しくは→ショアジギングで釣りやすい潮回りについて

時間帯を気にしてない

僕はどちらかと言うと「時間帯を気にせず、時間が許す限りショアジギングを楽しむ」感じで釣りしてますが、例えば「朝一」「昼間」「夕方」「夜」、この4つで時間を区切るとすれば、絶対に選んではいけないタイミングが2つあります。

そう、「昼間」と「夜」、この時間帯は何があっても避けるようにしておきましょう。(朝〜夕方まで粘る場合は別)

 

というのも、魚には「活発に餌を捕食する時間」というものがあり、要するに【ご飯を食べる時間】があります。僕達が朝、昼、夜の3食食べるように、魚にも食事リズムがあるのです。

そのタイミングというのが一般的に「マズメ」と呼ばれる時間帯であり、具体的には【朝、夕の薄暗い時間帯】がそれにあたります。ですので、時間が限定しショアジギングを楽しむ場合、夜明け〜3時間、日暮れ〜3時間を目安に釣行することで、釣れる可能性は大幅にアップします。

より詳しくは→ショアジギングで釣れやすい時間帯

レンジ(水深)が合ってない

特に、水深が10m以上の深いエリアの場合、魚が回遊しているレンジを外してしまうと釣果がガタ落ちしてしまう傾向にあります。ですので、色々なレンジを攻めるようにし、魚の居場所を掴むことが釣果を上げる大きなキーポイントです。

例えば、表層付近を青物が回遊してる場合、表層〜5m範囲で探るようにします。逆にボトム付近を回遊してるときは、ボトム〜3mほどの範囲を探るのが効果的です。

 

魚がいるレンジは日によって違うので、具体的な答えをここで見つけることはできません。なので、現地でどれだけのレンジを刻むように探れるかで釣果に差がでます。色々探ってみて下さいね。

アクション(誘い方)が違う

ショアジギングではメタルジグを使うのが一般的ですが、メタルジグに加えるアクション(誘い一つ)でも釣果が驚くほど変わるので、色々な動きを試し、魚の反応を見ることが大事です。また、良く釣れている人を観察し、動かし方を真似てみるのも一つの手です。

例えば、ワンピッチジャークが有効な日もあるし、ロングジャークが効く日もある。逆にアクションを付けると食いが悪くなり、「ただ巻き」にしか反応しない日もあるので、とにかく釣れるまで色々試し、その日のパターンを掴むための努力が必要です。

 

また、魚種によって好きなアクション、嫌いなアクションがあります。僕的な感覚とすれば、ブリ類は「ジャカジャカ細かい動き」、カンパチは「大きなジャーク」、ソーダカツオやサバは「ただ巻き」が効果的だと感じていますので、参考までに。

ルアーが合ってない

IMG_0082

メタルジグのカラーや重さ、サイズによって釣果に差がでますし、そもそもメタルジグには反応せず、ミノーやスピンテールジグのみに反応してくる日もあります。

僕が特に意識しているのは「サイズ」「重さ」この2つで、逆に言えばこの2つがマッチすることでワッと驚くような釣果を叩き出すこともあるぐらいです。周りは釣れてないのに、僕だけが釣れている・・・みたいな感じ。

 

まずサイズですが、基本的には「ベイトの大きさ」に合わせます。例えば5cmのイワシを捕食しているときは大体5cmほどのジグ、太刀魚を捕食してるときは細長いジグ、1cm程度のマイクロベイトを食べてるときは限りなく小さなジグ、もしくはスピンテールジグを使うようにしています。

日によっては「ルアーサイズに凄くシビア」な日もあり、1cmサイズが変わっただけで釣果がガタ落ちすることも。

 

「ジグの重さ」ですが、重さに拘る理由は「沈下スピード」と「飛距離」、この2つを意識してのものです。例えば重さが変わるとフォールスピードが変わり、反応する魚と反応しない魚が極端に分かれてしまいます。

ジグを軽くすればゆっくり沈む、逆に重たくすると速く沈む。このフォール速度を使い分けることで魚の反応を確かめることができるので、色々試してみて下さい。

 

また、飛距離に関しては、ある特定の状況下で大きなアドバンテージとなることが多い。例えば100m先に大きなナブラが出た場合、100m飛ばせるか飛ばせないかが戦況を分ける大きな要因になることは間違いありません。

特にショアジギングに関して言えば「飛距離が出せる」ことは大きな武器と成り得るので、ジグウエイトを変え、飛距離が必要な場面では重たいジグを使うことで、色々捗ります。

 

以上、ショアジギングで釣れないときの理由や原因についてでした。

スポンサーリンク

関連する記事