【ショアジギング】水深はどれくらい必要?

このページでは、ショアジギングに適している水深について具体的にお話していきます。「ショアジギングを楽しむには水深何メートルぐらい必要なの?」「浅いところじゃ成立しないの?」って疑問をお持ちの方はぜひ参考までに。

俺たち、案外身近にいるもんだぜ

水深はあるに越したことはないが、それほど気にしなくてもいい

ショアジギングが成立するポイントは「外洋に向いており潮通しがよく、水深のあるエリア」と言われているけど、水深に関しては実はそれほど気にしなくても大丈夫なんだ!

もちろん、水深があるに越したことはないんだけど、水深よりも遥かに気にしたほうが良い事項がいくつかあるから、ここで紹介しておくね!

  • 水深よりも潮通しが大事
  • ベイトフィッシュの有無
  • 浅い場所でも余裕で成立する

水深よりも潮通しを意識する

潮通しが良い場所

ショアジギングを楽しむためのポイントを絞るためには、その場所の水深どうこうよりも、如何にその場所の潮通しが良いのかを考えることを優先したほうが良いです。

 

例えば、水深は20mあるけど外洋からの(魚の)侵入経路が少なく、潮通しも悪いエリア、水深は5mしかないけど、外洋に面していて潮通しが抜群に良いエリア

この2通りの選択肢がある場合、選ぶべきは圧倒的に後者です。

 

どれだけ水深に富んだエリアでも、外洋に面していなく潮通しの悪いエリアであれば青物が回遊してくる見込みが少ないですし、潮通しが悪いとなればそもそもの(青物のエサとなる)魚の数が少ない可能性が高いです。

一方水深がなくとも、外洋に面していれば青物は回遊してきますし、潮通しが良ければ良いほど沢山のベイトフィッシュが接岸し、それに伴い沢山の青物が岸近くまで寄ってくることになるので、このようなエリアが身近にあるのなら、ぜひ狙ってみるべき一級ポイントとなります。

メモ

潮通しの良いエリアは青物のエサとなるベイトフィッシュが多く、それを食べに青物が回遊してくる

ベイトフィッシュの有無

エサを食べる青物

基本的に青物は餌となるベイトフィッシュを求めながら広い海を回遊しています。特に大規模なイワシの群れが岸寄りを回遊しているときは、その群れにつき青物も岸よりを回遊してくるので、水深のないエリアであっても釣れる可能性は凄く高くなります。

反対に、どれだけ水深があり潮通しの良いエリアであっても、ベイトフィッシュがほとんど回遊してこないエリアの場合、青物はおろか、その他フィッシュイーター(シーバスなど)の数も少なくなってしまいます。

 

サビキでイワシや小サバが大量に釣れてるエリアは、同時に大型青物も回遊してきてる可能性が高くなるので、ぜひ狙ってみて下さいね。

メモ

ベイトフィッシュがいなければショアジギングは成立しない

浅い場所でも余裕で成立する

水深が浅い場所でも果敢に狙ってみよう!

ショアジギングは何故か「水深が深くなければ成り立たない」というイメージを持つ人が多いようですが、潮通し、外洋に面してる、ベイトフィッシュが多い、この3点のバランスが取れているエリアの場合、水深が浅いエリアでも十分通用する釣りであることは間違いありません。

 

僕は大阪在住で、ショアジギングを楽しむときは大阪南部〜和歌山中部をメインに釣行してるのですが、よく通ってるポイントのほとんどが(浅い場所で)水深3〜5mぐらいの場所です。

それでもコンスタントに青物を釣り上げることはできていますので、この結果から見ても【浅場でのショアジギングは余裕で成立する】と言えますね。

メモ

水深が浅くても、条件が揃っていればショアジギングは成立する

水深によって戦略を変えることが大事

水深が深い場所でも浅い場所でも、条件さえ整えばショアジギングを楽しむことはできるんだけど、釣果を伸ばすには水深に合わせた戦略の練り直しが必要になるよ!

ただなんとなくキャストを繰り返すより、戦略的に釣りを展開するほうが間違いなく良い釣果に巡り会うことができるから、色々試してみてね!

水深が深いときの攻め方

水深が深いとき

  • ジグを重たくする
  • レンジを刻む
  • 色々なテクニックを駆使する

水深が10m以上ある深いエリアでショアジギングを楽しむ場合の攻め方ですが、まず使用するジグは「できるだけ重たいもの」をオススメします。

10gとか20gのジグでは着底までに時間がかかり手返しが悪くなるし、潮流の速さによっては着底しないこともあります。少なくとも30g、40g程度のものを使うようにし、場合によっては60g、80g、100gなどの重たいジグの使用も検討して下さい。

 

そして、水深が深い場所でコンスタントに釣果を伸ばすには、レンジを刻み、色々なテクニックを組み合わすことがすっごく大事です。ただ漠然とキャストを続けるだけでは中々思い描く釣果に結びつかないことも多いから、色々試してみる姿勢が凄く重要。

具体的に言うと、まずは表層から攻め、反応がなければ中層〜表層、それでもダメならボトム〜中層・・・このようにレンジを刻みながら魚のいるレンジを探ります。

 

攻め方は多種多様に展開し、高速巻きを試してみたり、ハイピッチショートジャークやロングジャークなど、とにかくその日の【魚が反応してくれるジグの動き】を見極めることが大事です。

水深が浅い場合の攻め方

水深が浅い場合

  • ジグは軽め
  • レンジは意識しなくてもいい
  • 僕が良く使うテクニック

水深が浅いエリアでショアジギングを楽しむ場合、使用するジグは「20g〜30g程度」の軽めのものがオススメです。あまり重たいものを使うと根掛かりが頻発することが多いので、まぁそんな感じ。

ちなみに僕は30gをメインに使うようにしてます。

 

そして、水深のあるエリアとは打って変わり、水深の浅いエリアでは「レンジはそれほど意識しなくてもいい」です。特に青物狙いの場合、水深が3〜5m程度のエリアでは、(青物が)いれば表層でも中層でもボトムでも、とにかくジグを追いかけ食ってきます。

要するに、レンジを合わせずとも魚のほうからレンジを合わせてくれることになるので、アングラー側は特に何も気にしなくてもいいってこと。

 

水深が浅いエリアでの攻め方ですが、僕がよく多用しているのが、「ボトムから3〜4回ジャーク→カーブフォール」ってテクニック。

具体的に言うと、キャスト後一旦ボトムを取り、ジャカジャカジャカジャカと4回ほど小刻みにジャークします。そして、その後カーブフォール(テンションフォール)で再度ボトムを取ります。使用するメタルジグはフォールスピードがゆっくりな「ショアスロー対応モデル」がオススメです。

 

これを続けていると、カーブフォール中にガツン!と引ったくるようなアタリがあったり、着底後の立ち上げでガツン!と食ってきたり、青物がいさえすれば非常に高確率でアタリが頻発します。

また、このやり方だと青物の回遊がない状況下でも、ボトム付近にいる根魚(カサゴとかハタとか)が好反応を見せてくれるので、飽きることなく釣り続けられることができますよ!

メモ

水深に合わせて戦略を練るのが釣果を伸ばす鍵

以上、ショアジギングを楽しむときの水深についての考え方でした!

スポンサーリンク

関連する記事