【ショアジギング】潮目やベイトなど、目に見える場所へキャストすることで釣果を伸ばせるよ!って話

今回は、ショアジギングで狙い目となる【目に見える優良ポイント】についてのお話。目で見て分かる潮目やベイトを見つけ、そこを目掛けてキャストすることで魚との接触機会が増えることになるから、闇雲にキャストするのではなく、「あそこ、魚がいそうだな・・・」って場所を狙うようにして下さい。

闇雲に投げるだけじゃダメ

青物狙いのショアジギングは、魚の回遊待ちの釣り

ハマチくん

ショアジギングのメインターゲットと言えるハマチやカンパチ、ヒラマサなどの「青物」ですが、このような魚はシーバスやチヌのように同じ場所へ居着くのではなく、とにかく広い海を「エサはどこじゃー・・・」と回遊し続けています。

つまり、どれだけ実績のある一級ポイントであっても、昨日はヒラマサが1000匹釣れた・・・って場所でも、青物の回遊がなければ残念なことに【釣れることはない】と断言できるのです。だっていないんですからね、魚が。

 

なので、ショアジギングはとにかくキャストしまくる「攻めの釣り」である一方、青物の回遊をひたすら待ち続ける「待ちの釣り」の側面も兼ね備えていますので、根気よくキャストし、青物が回遊してくるタイミングでルアーをキャストしなけれならない訳です。

ほんと、足が速いヒラマサなんかだと、「回遊してきた」と思った1分後には遥か沖まで泳いで行ってしまった・・・ってことが当たり前のようにあるので、どれだけ多くキャストできるかが釣果を分ける鍵になります。

メモ

ショアジギングは最早修行

闇雲にキャストするのではなく、青物がいそうな場所へキャストすることが超重要

ショアジギングが幾ら「キャストの回数をこなさなければいけない釣り」だとは言っても、闇雲かつ適当にキャストを続けていては上手く釣果を伸ばすことが難しくなるかもしれません。

魚がいない場所へ1000000回キャストしたところで釣れることはありませんからね、「青物が回遊してくる可能性が高い場所」へピンポイントキャストすることで魚との接触機会を大幅に増やすことができますので、色々試行錯誤してみて下さい。

 

ショアジギングで狙うべき分かりやすいポイントは以下の2つ。

ここを狙う

  • 潮目ができている付近
  • ベイトが溜まっている周辺

潮目は超一級ポイント

潮目

写真では少し見難いですが、水面が鏡のように反射している場所がありますよね?ここが所謂「潮目」と呼ばれているポイントで、この潮目を目印にキャストを続けることで、青物との接触機会を増やすことができます。

そもそも潮目というのは潮と潮がぶつかっている場所であり、潮目付近は海水温に変化があったり、潮の壁がベイトフィッシュを閉じ込めるように立ちはだかっており、そのベイトフィッシュを食べに大型のフィッシュイーターが集まってきます(諸説あり)

 

要するに、目で見て分かる潮目付近は「何かしらの変化」がある場所であり、ベイトフィッシュが溜まりやすい環境が整っていますので、その付近へキャストすることで必然的に大型フィッシュイーターを狙い打つことができる!って訳。

潮目は常に動いており、射程範囲内に入ってきたり、射程範囲外へ逃げてしまったり、とにかく一定の形を保つことはあり得ませんので、【潮目が遠いときは休憩する】、【潮目が近づいてきたら再開する】みたいな感じで、自分ルールを作っておくのもありですね。

メモ

青物を釣りたけりゃ、潮目を狙うのがキモ

ベイトがいる場所は青物がいる可能性が高い

青物は広い海を常にエサを探しながら回遊しています。そのため、目で見て分かるベイトフィッシュの存在は青物の居場所を特定するためにすっごく重要なキーポイントとなるので、常に海を見つめ、ベイトフィッシュを探し求めるようにしておきましょう。

逆に言うと【ベイトフィッシュが全くいない】場所は青物の回遊が絶望的なので、どう考えても生命感が全くない・・・って感じであれば、場所移動することも考えるべき。

 

ベイトが沢山いる場所では、所々でボイルやナブラが起きたり、空に沢山の海鳥が飛んでいたりしますので、素人目で見ても「あ、ベイトフィッシュがいるんだな・・・」ということが分かるはずです。

ベイトフィッシュはショアジギングの道標

以上、ショアジギングで狙うべき場所(潮目・ベイトフィッシュ)についてのアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事