ショアジギングの仕掛けを図で簡単解説!【※ここを見れば大体大丈夫!】

このページでは、ショアジギングの仕掛けについて、図(写真)を使って簡単に分かりやすく解説していきます。これから釣りを始める人で、【ショアジギングってなんじゃい!】って人や、そもそも「ロッドってなんじゃい!」って人は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

俺たちを釣り上げるにはそれ相応の仕掛けが必要だぜ?

図解!ショアジギングの仕掛け

ショアジギングの仕掛け

上の図は、ショアジギングの仕掛けを完成させたものです。ロッド、リール、ライン、ショックリーダー、メタルジグ、この5つは、ショアジギングを楽しむために必ず必要な道具ですので、必ず揃えておいて下さい。

では、一つずつ簡単に解説します。

ショアジギングロッド

ショアジギングでは、大型な青物をメインに狙うことになるので、ロッド(竿)は比較的パワーのあるものを選ぶようにして下さい。難しく考えず、各メーカーから発売されてる、ショアジギング専用ロッドを選んでおけば間違いありせん。

より詳しくは→ショアジギングロッドの選び方

リール

ショアジギングで使用するリールは、ロッド同様「パワーのあるサイズが大きなもの」を選ぶようにして下さい。また、ショアジギングは重たいジグを何度も何度もキャストすることになるので、あまりに安い物だと速攻で壊れてしまう可能性があります。

極端に高いリール(5万円とか)を揃える必要はありませんが、最低でもエントリークラス(8000円〜15000円相当)のリールを揃えることをオススメします。恐らく、ここでケチって安すぎるリールを買ってしまうと、安物買いの銭失いという言葉を直に実感することになると思いますよ。

より詳しく→ショアジギングで使うリールの選び方

PEライン

ルアーフィッシングで使うラインは「フロロカーボンライン」「ナイロンライン」「PEライン」の3つがありますが、ショアジギングで使うべきラインはPEライン一択です。

ショアジギングはルアーに何らかのアクションを付け、魚を誘う釣法なので、ロッドアクションが直にルアーに伝わるよう【伸びのないライン】を使う必要があります。PEラインは全く伸びないという特性があるので、ショアジギングにピッタリなラインなんです。

 

また、他のラインに比べると飛距離が飛躍的にアップするので、どれだけ遠くにルアーを飛ばせるかが大きなアドバンテージとなるショアジギングにおいて、大きな武器になることは間違いありません。

より詳しく→ショアジギングで使うラインについて

ショックリーダー

PEラインは【根ズレに弱い】という弱点があるので、それを補うために先端にショックリーダーを1m〜3mほど結束します。根ズレに強いフロロカーボンやナイロンラインを先端へ組むことで、岩礁帯や魚のヒレへラインが擦れたときのブレイクを防ぐことができます。

より詳しく→ショックリーダーについて

メタルジグ

ショアジギングではミノーやバイブレーションを使うこともありますが、基本的には【メタルジグ】と呼ばれる鉛を加工したルアーを使うことになります。形状やカラー、重さ別に複数個所有しておくことをオススメします。

詳しく→メタルジグの選び方

メタルジグを取り付ける金具も必要

IMG_0125

メタルジグを取り付けるには、溶接リング、スプリットリング、アシストフック、この3つが必要不可欠です。メタルジグ本体を持っていても、取り付けられなければ意味がありませんので、必ず揃えておいて下さい。

メタルジグの取り付けについては下記記事や動画を参考にどうぞ。

メタルジグの付け方を凄く簡単に解説!

2017.07.04

PEラインとショックリーダーの結束はFGノットを

IMG_0124

PEラインとショックリーダーを結束するためのノットは色々ありますが、個人的には摩擦系ノットである「FGノット」を強くオススメします。FGノットは難しい・・・という意見が目立ちますが、慣れればそれほど難しいノットじゃありませんので、ぜひ会得しておいて下さい。

結束方法は→FGノットのやり方(外部サイト)で分かりやすく解説してくれています。

 

以上、ショアジギングの仕掛けについてでした!

スポンサーリンク

関連する記事