ショアジギングのショックリーダーについて【※長さ、太さなど、アレコレ書いてます】

ショアジギングで使うラインは「PEライン」が主流ですが、このPEラインというのが曲者で、「擦れに弱い」「結束箇所が弱い」など、多くのメリットがある反面、デメリットになる部分が多い問題児なんです。

そのPEラインのデメリットを補うため、先端1m〜ほど「ショックリーダー」を付けることが一般的となってますが、今回はそんなPEラインに結束するショックリーダーについて色々お話していこうと思ってるんで、ぜひ参考までに。

ショックリーダーって何なの?

ショアジギングにショックリーダーは必要?

稀に、ショアジギングにショックリーダーは必要なの?というぶっ飛んだ質問を受けることがあるんだけど、僕は【絶対必要!】と思ってるし、もちろんショアジギングを楽しむときはリーダーを結束するようにしているよ!

「リーダーなんていらない!」「ショックリーダーを売りたいメーカーの陰謀だ!」、人それぞれ意見はあると思うけど。僕的には【ショックリーダーは必ず必要なもの】と思ってるから、それを踏まえた上でこの続きを読み進めてね!

まず、何故ショアジギングにショックリーダーが必要なのかというと、やはり一番の理由は「根ズレに弱い」というデメリットを打ち消すためです。ほんと、ちょっと岩礁帯に擦れたり、魚のエラやヒレに当たるだけでプツッと切れちゃうから、無駄なラインブレイクを防ぐため、ショックリーダーを付ける必要性があるのです。

 

また、PEラインはどうしても「結束部分が弱く」なりがち。ショアジギングでは60gや80gの重たいメタルジグを使う頻度が多く、ショックリーダーを付けてないと、キャスト時にプツッとラインが切れ、遥か遠く沖の彼方までジグが飛んでっちゃうこともある。

海に飛んでくならまだしも、隣で釣りを楽しんでるアングラーにメタルジグが直撃すると大惨事だから、要らぬリスクを減らすためにも、ショックリーダーは必ず結束するようにしておいて下さい。

ショックリーダーのアレコレ

ショックリーダー豆知識

  • リーダーの長さはどれぐらい?
  • 太さ(号数)について
  • ナイロン、フロロ、どっちがいい?
  • 結束方法は◯◯ノットがオススメ!
  • オススメのショックリーダー

リーダーの長さはどれぐらいがベスト?

roller-tape-measure-2157306_960_720

ショックリーダーの長さですが、長さについては【そのときの状況によって使い分ける】ということを意識して下さい。長さを決める正確な正解がある訳じゃないので、あくまで参考程度に収めておいてもらいたいのですが、僕が意識している「ショックリーダーの長さを決める具体例」を紹介します。

■根が少ないサーフや堤防

ショックリーダーを付ける最大の目的は「根ズレを防ぐ」ことなので、当然根の少ないサーフや堤防では、それほど長さを取る必要性が少なくなります。ですので、僕が堤防やサーフでショアジギングを楽しむときは、「1m程度」の長さでラインシステムを組むようにしています。

 

もう少し具体的に言うと、【ガイドに結束部を巻き込まない程度の長さ】を基準に結束してます。というのも、PEラインとショックリーダーを結束すると、どうしても結び目が大きくなり、キャスト時にガイドへ擦れたり、ガイド絡み、ガイドの破損の要因となってしまうからなんです。

キャストの際、結束部がガイドより外に出ていることでこのような無駄なトラブルを意図的に避けることができるので、根が少ないフィールドでショアジギングを楽しむ場合、僕のように1mほどの長さを目安に結束することをオススメします。

■地磯など、根が荒い場合

地磯や岩礁帯、ゴロタ浜など、どう考えても根が荒いエリアでショアジギングを楽しむ場合は、最低でも「2mほど」はショックリーダーを取るようにしています。青物がHITすると一気に走られ、有無を言わせぬ間に根に巻かれラインブレイクしてしまう・・・ってことが多いので、ショックリーダーを長めに取っておくことで、ラインブレイクのリスクを少しでも減らすことを意識しておきましょう。

ただし、どうしてもキャスト時にガイドへ結束部が擦れてしまうことになるので、PEラインとショックリーダーの結束は【抜けのよいノット(後述します)】で行いましょう。

太さ(号数)について

rope-938034_960_720

ショックリーダーの太さ(号数)ですが、あまり深く考えず、「細すぎず、太すぎないもの」を基準に考えておきましょう。あまりにPEラインとショックリーダーとの太さに差が出るとスっぽ抜けの原因となってしまうので、バランスの良い太さを選んで下さい。

僕がショックリーダーの太さを決めるときの具体例はこんな感じ

参考にしてね!

  • PE1号 〜12lb
  • PE2号 30〜40lb
  • PE3号 40〜60lb
  • PE4号 50〜80lb

ナイロン、フロロ、ショックリーダーの種類について

ショックリーダーとして使用するラインには、「ナイロンライン」「フロロカーボンライン」、2つの選択肢があります。一体どっちを使えばいいの?と疑問に感じる人も多いようですが、僕的にはどっちとも大差ない性能だし、好きなほうを使えばいいんじゃない?と思ってます。

敢えて選び方をお話するとすれば、伸びを活かし、魚のアタリに柔軟な対処をしたい人は「ナイロンライン」を選択し、より根ズレに強いショックリーダーを使いたいなら、「フロロカーボンライン」一択です。

 

ちなみに僕は根の荒い地磯やテトラ帯、ゴロタ浜でのショアジギングを楽しむことが多いので、ショックリーダーにはもっぱら「フロロカーボン」を使ってますし、正直なところ、ナイロンラインはたったの一度も使ったことがありません。参考までに。

PEラインとショックリーダーの結束方法は?

PEラインとショックリーダーを結束するノットは沢山ありますが、僕の意見としては【FGノット】一つ覚えるだけで十分!と思ってますので、他のノットには目もくれず、FGノットをひたすら練習して下さい。

よく、FGノットは難しい、こんなのできっこない!って意見を聞くことがありますが、そんなのただの練習不足なだけであり、何度も何度も結束していく内に軽く出来るようになるものです。

 

ちなみにFGノットの結束に関する記事を書こうと思ったのですが、文字ではどうしても伝えきれないことが沢山あるので、外部サイトで分かりやすく紹介されてる記事をリンクしておきます。結束方法に関してはソチラを参考にどうぞ

FGノットの結束方法

オススメのショックリーダー

僕は沢山のショックリーダーを所有してますが、価格と携帯性、ショックリーダーとしての性能を総合的に判断した結果、クレハのシーガーショックリーダーが一番使いやすいかなーって思ってます。

まぁ所詮ショックリーダーなんで、どのメーカーのどんな物でも問題なく使えるとは思いますが、僕的に使いやすいショックリーダーとして、ピックアップさせてもらいました。

 

以上、ショアジギングで使うショックリーダーについてでした。

スポンサーリンク

関連する記事