ショアジギングで使うリールの選び方【※番手やギア比についてなど】

このページでは、ショアジギングで使うべきリールの選び方についてお話していきます。ショアジギングは他のルアーフィッシングとは違い、パワーのある大きな青物をメインターゲットとしますので、リールの重要性が他の釣りとは比べ物になりません。

これからショアジギングを始める方も、ショアジギ用リールの買い換えを検討している人も、ぜひ参考にして頂ければと思います。

俺たちを釣るにはパワーのあるリールが必要だぜ?あまりナメてるとラインを全部引きずりだしてやるからな、ほんとに。

ショアジギングで使うリールを選ぶ時に気にしておきたい5つのポイント

ショアジギング用リールを買う時は、以下の5つのポイントに気を使ってみてね!

  1. 価格帯を考える
  2. 選ぶべき番手(大きさ)
  3. ギア比について
  4. 糸巻き量も重要
  5. 耐久性も考慮しよう

冒頭でも軽くお話しましたが、ショアジギングは他のルアーフィッシングよりもブリやサワラなどの【サイズの大きな魚】を相手にすることが多くなるので、必然的にパワーのある丈夫で大きなリールが必要です。

例えばシーバスやエギングで使ってる2500番程度のリールを代用したいんだけど・・・って人は多いと思うけど、恐らく色々不都合が出て来ると思うので、(代用するのは)止めておいたほうが良いと思います。

 

では、上記で挙げた【ショアジギング用リール選びで気をつけたい5つのポイント】について、具体的な提案をさせて頂きます。

価格帯を考える

money-256281_960_720

リールは2000円ほどで買える安いものから、8万円もする高級機まで、価格帯の幅がとても広いです。そのため、【どの価格帯のリールを買えば正解なのか分からない】といった疑問を持つ人も多いみたいですが、答えは簡単。

あまり安すぎず、尚且つ高すぎないリールを選ぶ・・・のが正解です。

 

もちろん、値段の高いものほど性能やデザイン面で勝ることは間違いない事実なので、お金に余裕のあるお金持ちアングラーさんは、迷わず各メーカーから出ている最高級品(ステラSWとかソルティガとか)を買えばいいと思います。

しかし、僕のように少ない小遣いの中から水道の蛇口を少しひねる程度のお金しか使えないアングラーの場合、そのような高級機種など天地がひっくり返ろうとも買うことはできません。

 

ですので、5万円も8万円もする高級機種を買う訳でもなし、反面2000円とか5000円の安いリールを買う訳でもなし、【必要最低限の性能を体感できる】エントリークラス以上のリールを買うことをオススメします。

価格帯で言うと1万円〜3万円の間のものを選んで下さい。

 

中には「それでも高い!」と感じる人は多いだろうし、僕も「もう少し安いリールで楽しめればいいのに・・・」ってのが本音ですが、1万円を切る価格で売られている機種でショアジギングを全力で楽しめるのか?と問われれば、恐らく【無理じゃね?】ってのが結論。

安くて性能が悪いリールだと、ブリやヒラマサなどの大型青物がHITしたときに対応できないし、耐久面を考えても「下手すりゃ1回とか2回の釣行で潰れちゃう」ことも考えられるので、価格面に関してはやはり1万円〜3万円の幅で予算を組むのが最適だと思います。

使うべき番手(大きさ)について

IMG_0058

ご存知の通り、リールにはシリーズ毎に「番手(大きさ)」が設定されてます。狙うターゲットによりリールの番手を調整するのが一般的なので、ショアジギングで使うべきリールの番手について、考えてみましょう。

※ダイワとシマノでは同じ番手でも若干の誤差があるので注意して下さい(参考→ダイワとシマノの番手差について

 

ショアジギングで使うべきリールのサイズは

ライトショアジギング

  • ダイワ 3000番〜
  • シマノ 4000番〜
ショアジギング

  • ダイワ 4000番〜
  • シマノ 6000番〜

が理想的です。これより小さい番手の物だと色々不都合に感じることも多く、そもそも魚のパワーに負けてしまい「釣りにならない」ことも考えられますので、購入時は注意して下さい。

また、ショアジギングを楽しむべきフィールドによってもリールの番手を買えるべきです。例えば、シマノのリールで具体例を見てみましょう。

ライトショアジギングとショアジギングでは番手の考え方が違う

堤防から緩く楽しむ場合

足場の良い堤防から、比較的小さめの魚(ツバス、サゴシ、根魚など)をショアジギング(ライトショアジギング)で狙う場合、それほど大きなリールをセレクトする必要性はありません。

堤防からの釣りの場合、極端に言えばシーバスやエギングで使うような3000番クラスでも対応できなくはないですが、不意な大物がHITしたときに備え、(シマノ基準で)4000番〜6000番程度のリールを使うことをオススメします。

 

また、ブリなどの大型青物がHITしたときも、ライトショアジギングのタックルセッティングでも十分キャッチすることは可能ですので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

サーフから飛距離を伸ばして楽しむ場合

例えば遠浅のサーフや急深のサーフで、100m以上遠投してショアジギングを楽しむ場合は、「飛距離が伸ばせるリール」を使うことが絶対条件となります。

リールはスプールサイズが大きくなればなるほど飛距離が伸びる傾向にあるので、このようなサーフで釣りを楽しむ場合は、5000番〜のリールが必要です。

 

また、飛距離を伸ばすためにはリールのサイズだけではなく、ロッドを長くすることも大事な要素なので、できれば10ft以上のショアジギング専用ロッドを使いたいところです。

メモ

サーフでのショアジギングは飛距離が必要なケースが多くなる

根の荒い地磯で楽しむ場合

果たして、地磯で俺たちに勝てるかな?

外洋に面した根の荒い地磯でショアジギングを楽しむ場合、堤防やサーフなどの他のフィールドよりも一回り大きなリールを使うことをオススメします。

というのも、外洋に面し、水深があり潮の流れが速い地磯の場合、HITしたと同時にゴリ巻きで魚を寄せてこないことには、根に潜られラインブレイクする可能性が極端に高くなってしまいます。

 

逃した魚は大きかった・・・という言葉がある通り、ほんとに逃した魚は大きい場合が多いので、悲しい思いをしないためにも、5000〜8000番手程度の大きいリールを使うようにして下さいね。

特にヒラマサをメインにショアジギングを楽しむときは、最低でも(シマノ基準で)8000番クラスのリールに4号のPEラインを巻き挑みたいところです。

メモ

地磯で本格的なショアジギングを楽しむときは大きめなリールセレクトを

ギア比について考える

gear-192875_960_720

ギア比とは、簡単に言うと「ハンドル一回転辺りでスプールがどれくらい回転するか」を表している数値で、例えばギア比が「6.2」だとすると、ハンドル一回転辺りにつきスプールが6.2回転する・・・ということです。

この数値が高いほど「ハイギア」となり、少なくなれば「ローギア」となるのですが、ショアジギングに適しているギア比は果たしてどちらなのでしょうか?

 

結論からいうと、ショアジギングで選ぶべきギア比は【ハイギア】一択です。ローギアやノーマルギアでは苦痛を強いられた釣りを求められることになるので、ハイギア以上のものを選ぶことをオススメします。

というのも、やはりショアジギングは「高速で巻く(動かす)」ことが多くなる釣りですので、ハイギアでなければ凄く疲れますし、スピード不足で釣果に悪影響がでることすら有りえます。

 

また、魚がHITした後のことを考えると、ゴリゴリ巻ける【ハイギア(もしくはパワーギア)】が有利であることは間違いない事実ですので、その辺りも考慮した上でリール選びを行いましょう。

シマノとダイワではハイギア仕様の表記が違うから、購入時は十分注意してね!

■ダイワの場合

  • H→ハイギア
  • SH→スーパーハイギア

■シマノの場合

  • HG→ハイギア
  • XG→エクストラハイギア

糸巻き量

colors-2233598_960_720

ショアジギングで使うリールを選ぶ時は、ラインの糸巻き量にも注意して下さい。ショアジギングでナイロンラインやフロロカーボンラインを使うことは稀なので、必ずPEラインの糸巻き量を確認して下さいね。

ちなみにショアジギングで使うべきPEラインの号数は1.5〜4号程度で、狙うターゲットやフィールドによって調整するのが基本的。例えば地磯でブリ狙い→PE4号。堤防でサゴシやハマチ狙い→1.5号〜2号。って感じ。

 

さて、ショアジギングを楽しむときはスプールへどれだけのラインを巻いておくべき(糸巻量)なのかというと、【最低でも200m】を基準にして下さい。場合によっては300m巻いてもよし!(というより巻けるなら300m巻いておくほうが無難)

やはりショアジギングは重たいジグを使う関係上、飛距離がでる釣りです。風向きに助けられると100m以上は余裕で飛ぶし、下手すりゃ150mぐらいぶっ飛びます。

 

例えば100m飛ばし、20m沈めるとします。となると、この時点で120mのラインが放出されてることになりますよね?運悪く(運良く?)その時点で大型青物がHITし、ドラグが止まらず50mほど走られたとしましょう。

するとどうでしょう。200m巻いてあったラインが、30mしか残っていません。なんてこった。

 

このように、糸巻き量を少なくしてしまうと【ラインが足らない・・・】というなんとも情けない結果に終わってしまうことも考えられるので、最低でも200mは巻くようにしておきましょう。

メモ

高切れしたときのことも考え、ラインは多めに巻いておくほうが良い

耐久性のあるものを

chain-1027864_960_720

単純に、耐久性の弱いリールを使うと派手なアクションや強い魚のファイトに耐えられずリールが破損してしまうことも考えられますから、【できるだけ耐久性の強いリールを使おう!】って話です。

 

一度見たことのある残念なケースですが、地磯で釣りをしていた名も知らないアングラー(要するに他人)が恐らく大きなヒラマサをHITさせたのですが、瞬く間にラインが出され、ドラグから妙な異音がしたと思った瞬間「ガシュァン」と擬音でも表現できないような音がなり、リールが破壊されてしまいました。

耐久性の弱いリールだと、このアングラーのように「リールが壊れてしまう」ことも考えられるので、より剛性の強いリールを選ぶようにして下さいね!

 

基本的には、値段が高いリール=剛性のあるリールとなりますので、予算の都合があるのであれば、シマノであればツインパワーSWシリーズ以上、ダイワならキャタリナ以上のものがオススメです。

メモ

剛性が弱いリールだと、ギアがダメになるケースも考えられる

ショアジギングにオススメなリール

完全にツリイコ的主観だけど、最後にショアジギングにオススメなリールをいくつか紹介しておくね!

ツインパワーシリーズ

僕も愛用してるリールで、無印ツインパワー、ツインパワーSW、ツインパワーXDと、同じツインパワーでも複数のシリーズがあります。ライトショアジギングには最適なモデルだとは思いますので参考までに。

値段は3万円〜5万円ほどと高いですが、ほんと孫の代まで活躍できるんじゃね?ってくらい高性能なリールなので、予算に余裕のある方はぜひ手にとってその凄さを体感してみて下さい。

ヴァデルシリーズ

僕はシマノ派なんで使ったことはありませんが、ショアジギングがめっちゃ上手い友人曰く「この価格帯だと最高じゃね?」と言っていたので、まぁそういうことなのでしょう。

中価格帯のリールをお探しなら検討してみてはどうでしょうか?

ナスキーシリーズ

ショアジギングに限らず、僕が釣り初心者さんにオススメできるリールナンバーワンです。とにかく値段が安く(1万円を切ります)、性能もそこそこ良い!ただし、地磯などでの本格的なショアジギングには向きませんので、あくまで「ライトショアジギング寄りの釣り」で使うことを前提に考えておいて下さいね。

とにかく道具にお金をかけずにショアジギングを始めたい!って人には費用対効果が物凄く高いリールだと思うので、ぜひ検討してみて下さい。

本格的に楽しみたい人はSWシリーズを

ブリやヒラマサなどを狙い本格的なショアジギングを楽しみたい!って人は、シマノからリリースされている「SWシリーズ」がオススメです。このクラスのリールになると剛性も強く、番手も10000番クラスまで用意されていますので、大型青物のパワーにも引けを取らずファイトを楽しむことができます。

ヒラマサ、ブリを狙うときは8000番以上、ライトショアジギングで使うときは4000番〜がオススメなので、使用するロッドに合わせて番手を決めるようにして下さいね。

メモ

ショアジギングではとにかく剛性が強く、青物の引きに巻けないパワーを持ったリールをセレクトしよう!

以上、ショアジギングで使うべきリールの選び方でした!

スポンサーリンク

関連する記事