ライトショアジギングとは?【※使用するタックル、やり方などを具体的に解説】

ショア(陸)から大型青物(ハマチやカンパチ)を狙ったり、ハタ類などの根魚を狙ったり、近年凄い勢いで人気がでている「ショアジギング」ですが、実はショアジギングの中にもカテゴライズがあり、よりライト(簡単に)にショアジギングを楽しむことができるカテゴリ【ライトショアジギング】があります。

今回は、そんな「ショアジギングより手軽に楽しむことができる」ライトショアジギングについて色々お話していきますので、どうぞ参考までに。

ライトショアジギングに関するアレコレ

ライトショアジギングとは、文字通りライト(手軽に)ショアジギングを楽しむためのカテゴリーで、本家ショアジギングより楽に小中型青物、根魚を狙える釣りのこと。

今回はそんなライトショアジギングに関して色々書いていくから、ぜひ参考にしてみてね

  • 狙える魚
  • 使うべきタックル
  • 他に必要なもの
  • 時間帯、時期
  • 楽しむ場所
  • やり方(動かし方)

ライトショアジギングで狙える魚

ハマチくん

ライトショアジギングで釣ることができる魚は、基本的に本家ショアジギングと同じと考えておけば大丈夫。青物、根魚、フラットフィッシュ、とにかくフィッシュイーター(肉食の魚)であれば大体ターゲットになるから、魚種は絞らず【何か釣れたらいいなー】ぐらいの感じで楽しむのがベスト。

ライトショアジギングで釣れる魚をまとめてみると・・・

こんな魚が釣れる

  • 青物(ハマチやサゴシなど)
  • アジ
  • 根魚(ハタ、ガシラなど)
  • カマス
  • マダイ
  • ヒラメ
  • マゴチ
  • シーバス
  • チヌ

他にも沢山の魚が釣れるけど、ルアーフィッシングにおいて好ターゲットとされてる魚なら大体狙うことができるから、まぁそんな感じ。

使うべきタックル

ライトショアジギングで使うタックル(ロッド、リール、ライン、ルアー)だけど、本家ショアジギングタックルより「一回り小さなもの」という認識でオッケーです。

ライトショアジギングは最近凄く流行ってるカテゴリなので、各メーカーから【ライトショアジギング専用ロッド】が沢山リリースされてるから、それを選べば間違いなし。

 

では、より細かくライトショアジギングで使うべきタックルをまとめておきます。

こんなロッドを使う

ライトショアジギングでは、長さが「9〜10ft」、硬さが「MH(ミディアムハード)相当」、キャストできるルアーウエイトが「20g〜50g程度」のものが適しています。

これ以上ハードなロッドになると、ライトショアジギングではなく「ショアジギング」にカテゴライズされてしまうので、その辺りはご注意を。

 

最近では「ライトショアジギング専用モデル」が沢山発売されているので、どのロッドを選べばいいのか分からない・・・ってときは、そのような専用ロッドを買っておけば間違いありません。

ちなみに僕はシマノの「コルトスナイパーBBシリーズ」をライトショアジギング用として使ってますが、若干ロッドパワーが強く、どちらかと言えば「ショアジギング」よりのセッティングとなってますので、ここでのオススメはメジャークラフトの【クロステージシリーズ】としておきます。

 

クロステージ、僕の周りでも沢山のライトショアジギンガーが使ってますが、「この価格でこのクオリティはほんと最高!」と皆口を揃えてますので、まぁそういうことなのでしょう。

特に初心者ショアジギンガーにはオススメのロッドです。

リールの選び方(番手など)

手軽にできるとはいえ、ライトショアジギングも結局は「ショアジギング」にカテゴライズされる釣りです。そのため、場所やタイミングによってはブリやヒラマサなどの大型青物がHITする可能性も捨てきれませんので、リール選びは「大型青物がきてもギリギリキャッチできるかな・・・」程度のものを揃えておくことをオススメします。

番手(シマノ基準)で言うと3000〜5000番クラスの番手が適してますが、大型青物のHITを考えると「4000〜5000番ぐらいが妥当かな・・・」って感じ。ちなみに僕は堤防でライトショアジギングを楽しむときは4000番、磯やテトラ帯で楽しむときは5000番を使ってます。

 

オススメリールは、(少々お高くなりますが・・・)シマノの【ツインパワーXD】です。なんといっても、対青物でも余裕を持ってファイトできる【剛性】がツインパワーにはありますからね、参考までに。

ちなみにギア比は「ハイギア以上のもの」がオススメ。

ラインの種類や太さについて

ライトショアジギングで使うべきラインですが、基本的には「PEライン」を使うものと認識しておくのが無難です。もちろん、ナイロンやフロロカーボンでもできなくはないですが、1mでも遠くへ飛ばすことが釣果を伸ばす鍵とも言えるライトショアジギングにおいて、PEラインの【飛距離がでる】というメリットを捨てる理由がないんですね。

PEラインは伸びが全くなく、メタルジグへアクションも付けやすいですし、引張強度だけを見ると、他のラインとは比べ物にならないほど強度が強いラインなので、よっぽどの理由がない限り、PEラインを選択してください。

 

PEラインの太さですが、僕の場合はPE2号〜3号に、フロロカーボンショックリーダー30〜40lbを1〜2mほど結束してます。このセッティングでブリサイズを取ったこともある(根のない堤防で)ので、十分すぎる強度です。

使うルアーについて

ジグサビキ

ライトショアジギングで使うルアーは「メタルジグ」がオススメ。↑写真のように「ジギングサビキ(→ジギングサビキのやり方)」を使うのも楽しいですよ。

ただ、バイブレーションやミノーなどのルアーも2〜3個ボックスに入れておくことで色々捗ることが多いから、メタルジグだけに限定するのではなく、引き出しを多めに持っておくのが釣果を伸ばす鍵。

参考→青物をミノーで釣る方法

 

メタルジグの重さですが、ライトショアジギングでは「20g〜50g」のものをカラー別に10個ほど持っておけば十分。日によってはカラーや重さによって「こんなに釣果が変わるの!?」ってこともあるから、バリエーションを豊かにしておくことをオススメします。

ライトショアジギングでロッドやリールの他に必要なもの

ライトショアジギングで必要なものをまとめておくね

  • クーラーボックス
  • フィッシュグリップ
  • ナイフ(血抜きで必要)
  • ヘッドライト
  • プライヤー
  • 予備のライン

楽しめる時期や時間帯について

ライトショアジギングを楽しむことができる時期ですが、実は「一年中」楽しむことができます。ただし、季節によっては狙うことができない魚もいますので、正確には「狙う魚を切り替えれば、ライトショアジギングは一年中楽しめる釣り」となる訳です。

例えば青物だと(地域によって異なりますが)春〜秋に狙うことができ、冬はオフシーズンとなることが多いです。なので、青物が狙えない冬の季節はハタやガシラ、メバルなどの根魚をメインターゲットとして狙う・・・まぁそんな感じ。

■狙うべき時間帯

全ての釣りに共通して言えることですが、ライトショアジギングは朝夕の「マズメ時」が一番のチャンスタイムとなります。こう言うと「マズメ時以外はできないんだ・・・」と極端な捉え方をする人がいますが、決してそうではなく【他の時間帯よりはマズメのほうが釣れる可能性が高い】ぐらいの認識でお願いします。

参考→マズメの時間帯について

場所選び

小浦一文字

ライトショアジギングを楽しむための場所選びですが、堤防、サーフ、テトラ帯、漁港、ゴロタ、地磯・・・など、要するに【どこでも楽しめる】ってこと。

気にするべきは、「どこで何が釣れてるか」ということで、例えば足の速い青物なんかだと、釣れてない場所(回遊がない場所)で10時間粘ろうが20時間粘ろうが、いないものは釣れることがありませんよね?

 

インターネットで検索できる釣果情報サイトや、馴染みの釣具店で情報を集めるとか、周りのアングラーと情報交換するとか、釣果情報を手に入れる術はいくらでもあるはずなので、まずは「どこで何が釣れているのか」を知り、場所選びに反映させてみましょう。

ライトショアジギングのやり方(動かし方)

makkuro_10M 3

ライトショアジギングの基本的なやり方(動かし方)ですが、とにかく【1mでも遠くへ】キャストし、一旦ボトム(底)までルアーを着底させてください(表層付近に魚がいる場合は不要)

そして、ボトム着底と同時に巻き始め、中層まで上げる→再度着底・・・これを繰り返すのが基本的な操作方法となります。より具体的に言うと、一回のキャストで「3〜4回ボトムをとる」イメージでやってみて下さい。

メタルジグの動かし方

さて、ライトショアジギングで凄く重要となる「メタルジグの動かし方」ですが、基本的には以下の3つを覚えておくだけで十分通用します。

メタルジグはこう動かす

  • ただ巻き
  • ジャカジャカ巻き
  • ロングジャーク

■ただ巻き

文字通り「ただ巻く」だけ。青物を狙うときは超高速(ルアーを回収するとき並のスピードが効果的なことも)で、根魚を狙うときはゆっくり目のリトリーブが基本。

■ジャカジャカ巻き

ジャカジャカとロッドアクションをつけ、メタルジグに動きをもたせるやり方。ジャカジャカ巻きと同類の「ワンピッチジャーク」というテクニックもあるのですが、この2つはライトショアジギングにおいて最もスタンダートなテクニックとなるので、ぜひ覚えておいて下さい。

■ロングジャーク

ロッドを大きく上に持ち上げ、メタルジグを瞬間移動の如く動かすテクニック。特に水深が深いエリアで効果的。

※具体的なメタルジグの動かし方については、→「メタルジグの動かし方まとめ」でお話しているので、どうぞ参考までに。

 

以上、ライトショアジギングとは?というお話でした。

スポンサーリンク

関連する記事