ショアジギングでブリやヒラマサを釣るときのタックルセレクト(ロッド、リール、ラインなど)

今回は、ショアジギンガーの夢だとも言える「ブリ」や「ヒラマサ」をターゲットにショアジギングを楽しむときのタックルセレクトについてのお話。大型青物を確実にキャッチするためのロッド、リール、ライン選びについてお話していきますので、どうぞ参考までに。

ブリやヒラマサはショアジギンガーの夢

ブリやヒラマサなどの大型青物をターゲットにするときは、ロッド選びに気を使おう

ロッドはとにかくパワーの強いものを

ブリやヒラマサをメインターゲットに釣行するときは、ハマチなどの中小型青物を狙うときとは訳が違いますので、一般的に「ショアジギングロッド」としてイメージされているものより、更にパワーの強いロッド選びをオススメします。

堤防や防波堤など、根がなく根ズレの心配のないフィールドであればまだしも、地磯などの険しいフィールドで大型青物を狙うとなれば、【とにかくゴリ巻き】で魚に主導権を握らせないことが絶対条件です。

 

具体的に言うと、(各メーカーで表記は違いますが)シマノで言うところの【Hクラス以上】のロッドで、100g前後のメタルジグ、80g前後のプラグをキャストすることができ、PEライン3号以上に対応しているものが推奨範囲内。

これ以下のスペックとなると(特にヒラマサは)キャッチ率が物凄く低くなってしまうので、【せっかく掛けた大物を逃したくない・・・】と考えるのであれば、とにかくパワーの強いロッド選びを心がけましょう。

 

個人的には、【シマノ、コルトスナイパーH】をオススメします。

リールはとにかく番手が大きく、ハイスペックなものを

ブリやヒラマサなどを相手取るときは、とにかく番手の大きなリールを選びましょう。具体的に言うと、シマノであれば「8000番〜12000番程度」、ダイワであれば「4500番〜5000番程度」が目安となります。

番手が大きくなればなるほど巻けるラインを太くすることができますし、ファイト時のパワーも強くなります。例えばヒラマサをメインに釣行するとなれば、シマノで10000番、ダイワで5000番クラスを使いたいところです。

 

また、安価なリールは止めておいたほうが無難です。例えば1万円前後で売られているような入門用リールではスペックが追いつかず、下手すりゃファイト時にぶっ壊される恐れもあります。

シマノであればSWシリーズ(ツインパワーSW以上を推奨)、ダイワであればソルティガシリーズを用意したいところ。少々値は張りますがこればかりは仕方ないことですからね、ロッドとリールで10万円超えが当たり前の世界・・・

ラインはPE3号200m以上を基準にし、場所によっては5号200m以上を巻こう

とにかく強度の高いPEラインを

ブリやヒラマサを狙うときは、最低でもPEライン3号を200m以上は巻いておきたいところです。リールのスペック的に300m巻けるのであれば、迷わず300m巻いておきましょう。

ショアジギングは条件が揃えば100m以上の飛距離が出ますので、水深20mと仮定すると、投げるだけで「最大120mほどのライン」が必要になります。この時点でヒラマサがHITし、50m走られたとすると170mのラインが出されていることになるので、200m巻きであっても30mの余裕しかないことになります。

 

万が一何かしらのトラブルで30m以上のラインを切らなければいけなくなれば「ライン不足」となり、釣れる魚も釣れなくなってしまいますので、最低でも200m、できれば300mのラインを巻いておきましょう。

また、地磯などの根が荒いフィールドでヒラマサを狙う場合、如何にゴリ巻きで寄せ、如何に魚に主導権を与えないかが勝負の境目になるので、とにかく太いライン(5号程度)を巻いておき、来るべき時に備えておけば何かと安心です。備えあれば憂いなし・・・とも言いますしね。

メモ

PEライン3号以上を最低200m以上、できれば300m巻いておくのがオススメ

ルアーはプラグ、メタルジグ、両方を用意しておこう!

ショアジギングと言えば「メタルジグ」主体の釣りなイメージですが、ブリやヒラマサは「プラグ」にも好反応を示す魚なので、両者ともにバランス良く揃えておくことをオススメします。

メタルジグは40g〜100gまでをカラー別に10個ほど用意しておき、水深や潮の強さによって使い分けるのがベスト。例えば関西を例に挙げると、明石海峡水深はどれだけ軽くても80g以上のメタルジグを使わないことには底が取れず、話にならないほど潮の流れが速いので、40gとか60gのメタルジグしか持ち合わせていなければ釣りになりません。

 

プラグは「ポッパー」や「大型ミノー」、「ダイビングペンシル」などが有効で、特に朝まずめや夕まずめの魚の活性が高く、魚が表層を意識しているときは凄く頼りになるアイテムなので、必ず1つ2つはタックルケースに忍ばせておきましょう。

MHタックルも用意しておけば、疲れたときの癒やしになる。って話

Hクラス以上のロッドばかりを使っていると、疲労が溜まり集中力が切れ切れになることがよくあります。そんなときのために、「MH(ミディアムヘビー)クラス」のタックルを用意しておけば、疲れたときの気分展開になりますので、荷物は増えますがMHクラスのタックルも準備しておけば何かと捗ります。

青物だけでなく、ボトムを叩けばアコウやガシラなどの底物を狙うことができますからね、ボウズ逃れにも最適です。

メモ

癒やしとしてMHタックルも用意しておけば何かと便利

以上、ショアジギングでブリやヒラマサなどの大型青物を狙うときのタックルセッティングについてのお話でした。

スポンサーリンク

関連する記事