冬にショアジギングを楽しむことができるのか?って話

寒さ厳しい冬の季節になると、全盛期である秋はアレほど多くいたアングラーの姿は何処へ・・・ってぐらい人が少なくなります。

しかし、僕を含めた熱狂的なショアジギンガーともなると、【冬でもショアジギングを楽しみたい!】って人が多いと思うので、今回は冬にショアジギングを楽しむことができる?ということをテーマにお話していきたいと思います。

関連ページ→ショアジギングを楽しめる時期について

冬は寒いよー

冬にショアジギングを楽しむためのアレコレ

ショアジギングを冬で楽しむときの色々をまとめておくね

  • 青物は狙える?
  • 冬に狙える魚は?
  • 場所選びに注意
  • 僕の場合は・・・

冬でもハマチやカンパチなどの青物を狙うことはできる?

ハマチくん

ショアから青物が狙える時期と言えば春先〜秋と相場は決まってますが、実は冬でも狙って釣ることは可能。大事なことなのでもう一度言いますが、【青物は冬でも狙うことができる魚】なんです。

ただし、ハイシーズンである夏〜秋に比べると信じられないぐらい難易度が高くなるので、「冬でも青物狙いでショアジギングを楽しみたい!」ってアングラーは、一本筋の通った覚悟を決めなければいけない・・・ってぐらいの気持ちが必要になるかと。

 

例えばハマチやサゴシなんかだと、場所を絞れば冬でもよく釣れることがあります。特にサゴシは1〜3月でもショアからジグが届く範囲を回遊してくることも多いから、冬に青物を狙うには【サゴシ】を専門で狙ってみるのがいいかも。

 

 

冬に青物を釣るときに大事なのが、「如何に釣れてる場所を絞りこめるか」ってこと。まぁどんなシーズンでも言えることなんだけど、冬は青物が回遊してくるエリアが極々限られてくるので、場所を外してしまえば目も当てられない結果になること間違いなし。

釣具屋さんとかインターネットで情報収集し、青物回遊エリアを絞りこんじゃいましょう!

冬でもショアジギングで狙うことができる魚

冬はこんな魚が狙える

  • シーバス
  • ヒラメ
  • アジ
  • メバル
  • 根魚(ガシラなど)

そもそも、「冬は釣れる魚種が少なくなる季節」なので、ショアジギングで狙える魚も随分少なくなってしまいます。青物は(基本的に)オフシーズンだと考え、上記で挙げた【冬でも比較的釣りやすい魚】にターゲットを切り替え、ショアジギングを楽しむのがベストだと思ってます。

特に根魚は冬でも高活性なことも多く、ジグに好反応を見せてくれることもあるのでオススメ。

冬の釣りは場所選びに注意

冬は風の強い日が多くなり、風の強い日は水温が急激に下がってしまうことが原因で魚の活性が非常に低くなっちゃう。寒すぎて人間の活性も低くなるから、冬の釣りは【少しでも暖かい場所】を選ぶことが大事。

具体的には「風裏」となるポイントがベスト。どこの都道府県でも、探せば風裏になってるポイントは沢山あるはずなので、自分の中で【風の強い日でも釣りができる場所】をまとめておくことで、何かと捗りますよ!

 

後、近くに工場地帯のある人は「温排水」があるエリアもチェックしておくべき。人間も寒くなると暖房に頼ったり、コタツで丸まったりするように、魚たちも暖かい場所を求めて集まってきます。

冬場は温排水周りに沢山の魚が居着いていることが多いので、一級温排水ポイントを見つけることができれば【冬なのにめっちゃ釣れる・・・】ってこともあるので、ぜひ探してみて下さい。

僕は違う釣りへ浮気する

おいおい

僕は生粋のショアジギンガーだと自負してますが、冬は別ジャンルの釣りへ浮気することが多いです。というより、一年中ショアジギングを楽しんだりシーバスを楽しんだり太刀魚を狙ったり・・・と、とにかくそのとき釣れる魚は「全部メインターゲット!」って感じで釣りを楽しんでますので、その辺りはご愛嬌で。

冬ってショアジギングのオフシーズンですからね、敢えて釣れない(釣れにくい)釣りをするんじゃなく、冬でも効率よく楽しめる釣りのほうが間違いなく楽しいから、「とにかく冬でも釣りがしたい!」って人は、別ジャンルに浮気してみることも考えてみれば?と思います。

 

ちなみに僕が冬に楽しんでいる釣りは「メバリング」と「ライトワインド」です。この2ジャンルに関しては当メディアで沢山の記事を公開しているので、ぜひ参考までに。

以上、冬でもショアジギングを楽しむことができるのか?って話でした。

スポンサーリンク

関連する記事