魚がよく釣れる場所を探し出す方法まとめ

今回は、釣果を左右するために最も必要な要素だとも言える「場所探し」に関するお話。具体的には【魚がよく釣れる(釣れている)場所】を探すための方法をまとめていきますので、場所探しに迷っている釣り場難民はぜひご一読あれ。

釣りは場所選びが一番大事

釣具屋さんで情報収集を欠かさずに

釣具屋さんには言わずとも釣り好きなお客さんが勝手に集まってくるので、自然と「釣果情報」が集まります。店員さんも釣り好きの人が多いので、リアルな釣果情報を仕入れる場として釣具屋さんほど便利な場所はないんですね、ほんとに。

ただ、全国展開しているような超巨大店舗は多忙なことが多く、客一人に対してそれほど時間を割くことができないことが多いので、どちらかと言うと小じんまりとした客が少なめの釣具屋さんに立ち寄ることをオススメします。

 

ただ、釣具屋さんも商売ですので、やはり「なにか商品を購入した上」で情報収集するのがマナーです。いきつけの釣具店を作っておき店員さんと仲良くなることで自然と釣果情報をゲットできるようになり、魚が釣れている場所の情報が自然と入ってくるようになりますので、常日頃からコミュニケーションを取っておく事が必要不可欠です。

仲良くなれば店員と客の枠を超えて「釣り友達」になることもありますからね、色々捗ります。

メモ

釣具屋さんほど釣果情報が集まる場所はない

ネット上で大体の釣果を検索する

最近ではインターネット上で釣果情報を観覧できるサービスが増えており、そのようなサービスを使うことで「魚が釣れている大体の場所」を把握できるようになっています。

ただ、なぜか「ネット上で釣れている具体的な場所を書くのはNG」みたいな謎ルールがあり、詳しい場所は伏せてあることが多いです。釣り場荒れしないための対策方法なんでしょうが、なんだか寂しい気もしますよね。

 

釣具店の公式HPで釣果情報が更新されていることもありますし、釣果情報サイトカンパリではユーザー投稿型の釣果情報が常に更新されていますので、欠かさずチェックすることで、今、どの場所で、どの魚がよく釣れているのか?を知ることができますよ!

メモ

インターネットを活用することで魚が釣れている場所を把握することができる

Instagramを活用しよう

✕

写真共有SNS「Instagram」で沢山の釣り人をフォローしておくことで、どこでどの魚が釣れているかの判断が付きやすくなります。自分がよく行くエリアで釣りをしているアングラーをできるだけ多くフォローしておき、常日頃から情報収集癖をつけておきましょう。

また、Instagram上で仲良くなった人と釣り友達になることもあるので、仲間増やしの場としても活用することができます。Instagramは釣りとの相性バツグンなので、ぜひ活用してみることをオススメします。

マップを見ながら足で情報を稼ぐ

一番手っ取り早いのは、釣り場へ足を運び「どんな魚が釣れているか」を目視で確認することです。釣れているポイントには沢山の釣り師が集まりますから、人がそこそこ多い=何かしらの魚が釣れる可能性が高いという式も出来上がりますね。

僕の場合、はじめて行く場所では必ず1日単位で釣り場を探すための時間を割くようにしています。釣りにおいて場所選びは道具や腕よりも大切な要素だと思っていますので、ここで手を抜くことは考えられないのです。

 

どれだけ良い道具を使い、どれだけ腕が良い釣り人であっても、魚がいない場所で魚を釣ることはできませんからね。魚が釣れている場所をピンポイントで探すことができてこそ一流の釣り師だと思いますので、マップを開き、自分の足で情報を稼ぎだすことをオススメします。

メモ

釣り場探しも腕の見せ所

以上、魚の釣れている場所を探す方法まとめでした。

スポンサーリンク

関連する記事