釣具屋で売ってる激安すぎる竿やリールは買わないほうが無難・・・って話

今回は、釣具屋で発売されている1000円とか2000円で売ってある竿やリールは買わないほうがいいですよ・・・って話。もちろん、全ての人に当てはまる話ではありませんが、これから釣りを真剣に始めていく人にぜひ聞いてもらいたいお話ですので、ぜひ参考までに。

安すぎる道具は安物買いの銭失いになることが多い・・・

ちょっと釣りを楽しむだけなら安い道具でも大丈夫!

誤解のないよう先持って言っておきますが、例えばちょっとサビキ釣りを楽しむためだったり、堤防からチョイ投げを年に1〜2回楽しむ程度・・・だったり、とにかく【真剣に釣りを趣味にする訳ではない人】であれば、1000円とか2000円の道具で十分事足ります。

良い道具を買ったところで使わなければ意味がないですからね、あくまで今回は【真剣に釣りを趣味にしたい人】向けのお話です。

 

ぶっちゃけ言うと、あまりにも低価格で売っている釣り道具はクオリティが凄く低く、言うならば「おもちゃ」のようなもの。胸を張って釣具と言えるほどの代物ではありませんので、そのような低価格アイテムは「その場シノギの道具」だと認識しておいたほうが無難ですね。

特に2000円ほどでセット売りしている道具を1年も2年も使うことができるのか?と問われると、【恐らく無理でしょう】ってのが個人的な考え方です。

メモ

ちょっと釣りを楽しむ程度なら、低価格な道具で十分!ただ、本気で釣りを楽しむなら避けたほうがいい・・・ってのが本音

釣りは道具じゃなくて腕が大事!って人に言いたいこと

ちなみに僕も「釣り道具にそれほどお金を掛けたくない派」の人間なので、流石に10万円近くするような高級道具は買ったことがありませんが、そんな僕でも所謂「中堅クラス以上」の道具を使うようにしています。

値段が高いから良い・・・という話ではなく、あくまで「自分なりのこだわり」を貫き通しているだけなんですが、中には「道具にそんなお金を掛けるのはバカ。釣りは道具じゃなくて腕が大事だから」と言ってくる人がいます。

 

確かにね、どれだけ低価格な道具でも、腕がある人は魚を釣ることができるでしょう。ただ、僕が知っている範囲内で釣りが物凄く上手い人は、【使う道具にも自分のこだわりを貫き通している人】しかいません。

高い、安いの問題ではなく、その道具が持っているスペックが、釣果を安定させるために必要不可欠だからその道具を使ってる訳なんですね。スペックが良い道具=そこそこ値段が高くなる訳でして、ほんとに釣りが上手い人は必然的に「そこそこ良い値段がする道具」を使うことになるんです。間違っても、【釣りに良い道具は必要ない】なんて戯言を吐くことはありませんね。

 

恐らく「道具にお金をかけるやつはバカ」という人は釣りの本質を理解しておらず、釣れればなんでもいいや・・・という考えで釣りを楽しんでいる人にすぎません。本気なら、「道具なんてどんなものでもいい」なんて答えに辿り着くことはありませんからね。

少々愚痴っぽくなって申し訳ありませんが、とにかく「本気で釣りを趣味として楽しむのなら、そこそこ良い道具をこだわりを持って使いこなす」ようなアングラーを目指してもらいたいと思い、書かせて頂きました。

メモ

ぶっちゃけ、「道具にそんなお金を掛けるのはバカ。釣りは道具じゃなくて腕が大事だから」って言う人が大嫌い

安すぎる道具はやっぱりすぐ潰れる

一瞬で壊れることもあるよ

以前の職場で出張があったとき、海が近かったので「みんなで釣りをしよう!」って話になり、近くの釣具屋さんでそれぞれ1980円でロッド、リール、ラインがセットになってる道具を買いました。

キスやメゴチがいっぱい釣れてるよ!ってことだったんで「チョイ投げ仕掛け」に石ゴカイを付けて楽しむことになり、ウキウキわくわくで近くのサーフで釣り開始。

 

で、その一投目。同僚が「とりあえず安物の道具だから軽めにキャストしてみるわ・・・」と、7割ぐらいの力で緩くキャストしたところ、キャストと同時にガイドがバッキバキに壊れ、なんと一投目で使い物にならなくなってしまいました。

もうね、怒りの前に笑いが出てきましたね。なんとか説明し、お金を返金してもらうことはできましたが、安すぎる道具はこのように【安物買いの銭失い】になることも考えられるので、注意が必要です。

メモ

アタリハズレが大きいだろうけど、すぐ壊れてしまう可能性が高い

じゃあ幾らの道具ならいいんだよ!って話

安物はダメって言うけど、じゃあ幾らの道具ならいいんだよ!って話ですが、間違っても「高い道具を買えばそれでいい」って答えにはたどり着かないで欲しいな・・・ってのが本音です。

上を見れば10万円する道具がありますし、下を見れば1000円で売ってる道具がある世界ですからね、値段だけで全てを判断するのは非常にもったいないです。値段で見るのではなく、「自分に合った道具を見つけ出す」ことが大事。

 

例えば繊細なアタリを感知しなければならない釣りの場合、ロッドに使われている素材だったり、リールの自重だったりを考慮しなければなりませんし、100g以上のルアーを投げたいときは、ハイパワーなロッドが必要になったり・・・

とにかく、自分が思い描く釣りを楽しめるような道具が必要な訳ですが、要求が多くなればなるほど「値段が高くなってしまう」のは事実。後は出せる予算と、どこまで妥協できるかで「道具の値段」を導き出すのが正解ですね。

 

あくまで最低価格のボーダーラインを引くとすれば、個人的には「最低でもそれぞれ5000円以上する道具」が必要だと思ってます。ロッド5000円、リール5000円・・・みたいな感じ。(本音を言うと10000円以上するものが望ましい)

所謂「エントリーモデル」以上のものが無難であり、それ以下になると「本気で釣りを楽しむには向いていないんじゃないかな?」と思います。大体の参考までに。

メモ

最低でも5000円以上の道具を揃えたいところ

以上、釣具屋で売ってる激安すぎる竿やリールは買わないほうが無難・・・ってお話でした。

スポンサーリンク

関連する記事