ワームで穴釣りを楽しむ!そのやり方とコツを紹介!

今回は、エサを使って楽しむことの多い「穴釣り」を、敢えて「ワーム」で狙うときのお話。ワームで穴釣りを楽しむときのやり方やコツについて詳しくお話していきますので、どうぞ参考までに。

テトラに潜む魚をワームで釣り上げてみよう!

沖に投げてダメなときは穴釣りを試してみよう!

ワームの釣りは、沖に向けてキャストし、沖に潜む魚を狙うことが基本となりますが、特に昼の明るい時間は「闇雲に沖を狙っても釣れない・・・」ということが多くなってしまいます。

ガシラ(カサゴ)やメバルなどの根魚は、明るい内はテトラの隙間などの暗い場所へ身を潜めており、暗くなるにつれて活発に行動することが多いため、ワームで沖を攻めるよりも、ピンポイントで魚にいる場所へワームを落としてあげるほうが何かと有利に釣りを展開することができるんですよ。

 

そのため、沖に投げて反応がないときは、テトラとテトラの中をピンポイントで狙っていく「穴釣り」をやるほうが釣果が上向きとなるケースが多いので、ぜひやってみて下さい。

メモ

テトラの隙間にワームを落とし込むだけでも魚は釣れる!

ラインはフロロカーボンがオススメ

擦れに強いラインを使おう

ワームで穴釣りを楽しむときのタックルセレクトに関するお話ですが、ロッドは比較的短いもの(6ftクラスが扱いやすい)、リールは2000番クラスのものであれば何でも構いません。

一番に意識しておきたいのが「使うラインの種類」であり、ここを間違うと擦れによるラインブレイクが多発してしまうため、ご注意を。

 

具体的に言うと、擦れに強い「フロロカーボンライン」がオススメで、ワーム釣りでメジャーな「PEライン」の使用は止めておいたほうが得策です。PEラインには擦れに弱いという弱点があるため、テトラとラインの接触が多くなる穴釣りには向いていない・・・と言えるのです。

ただし、穴釣りは比較的水深の浅い場所で行うため、PEラインであっても「ショックリーダーを長めに取る」ことで解決することができます。リーダーを3mほど取り、PEラインとテトラを接触させないよう、ラインシステムを組んでみて下さいね。

メモ

ワームでの穴釣りはどうしてもテトラとラインの接触が多くなるため、【擦れに強いフロロカーボンライン】の使用がベスト

ジグヘッドの重さ

比較的重量感のあるジグヘッドを使おう

ワームを使ったライトゲームでは、1g〜2g程度のジグヘッドを使うことが多いですが、穴釣りではあまりに軽すぎるリグは「テトラの間に落とし込めなくなる」という弊害が出てしまうため、比較的重量感のあるジグヘッドを使うことをオススメします。

その日の風や波の強さにもよりますが、3g〜5g程度のジグヘッドを使うのがオススメで、水深のあるテトラ帯で穴釣りを楽しむときは10g前後のジグヘッドを使うこともありますね。

 

大体の場合で5gを基準に考えておけばワームでの穴釣りを楽しむことができますので、沖に投げてダメだったとき用の保険として、カバンの中に幾つか3g〜5gのジグヘッドを入れておけば何かと捗ること間違いなしです。

また、ジグヘッドは針がむき出しになっている構造上「根掛かり」が多発します。あまりに根掛かりによるロストが多いときは、針先をワームに埋め込める「テキサスリグ」を用いるほうが良いケースもあるため、この辺りはケースバイケースで対応して下さいね。

テキサスリグとは?

メモ

3g〜5g程度のジグヘッドで穴釣りを楽しもう

ニオイ付きのワームがよく釣れる

魚が好むニオイが配合されたワームを使おう

穴釣りで使うワームの種類ですが、一般的なワームではなく、「ニオイ付きのワーム」を使ったほうが、明らかにアタリの数が増えます。もちろん釣果も良くなる傾向なので、穴釣り用としてニオイ付きワームを手に入れておいても良いんじゃないかな?とは思います。

「ニオイ付きワームは邪道」という人もいますが、釣りは釣ってなんぼの趣味ですからね、より釣れる道具を使うことを恥じる必要性は全くありませんので、釣れないときの保険として使うのは全然アリだとは思います。

 

穴釣りで使うニオイ付きワームの代表格と言えば、やはり「ガルプ サンドワーム」ですね。最早エサなんじゃないか?そう疑ってしまうほどは良く釣れるワームです。

Berkley(バークレー)
¥605 (2018/08/21 13:01:09時点 Amazon調べ-詳細)

また、「人工餌」と呼ばれるワームもあるため、それを穴釣りで使うのもアリですね。

マルキュー(MARUKYU)
¥515 (2018/08/22 12:23:15時点 Amazon調べ-詳細)

ワーム穴釣りで狙える魚

こんな魚が釣れる

  • ガシラ(カサゴ)
  • メバル
  • アコウ(キジハタ)
  • アカハタ
  • アイナメ

ワームでの穴釣りでは、ガシラをメインに「ロックフィッシュ」を狙うことができます。場合によってはとんでもない大物が潜んでいることもあるため、とにかく数多くの穴を攻めていきましょう。

メモ

ワームでの穴釣りで釣れる魚は「ロックフィッシュ(根魚)」がメイン

ワーム穴釣りのやり方とコツ

ワームで穴釣りを楽しむときのやり方ですが、「このテトラの隙間には魚が付いていそうだな・・・」と感じるような場所へワームを落とし込み、チョン、チョン、と誘いを掛けながらアタリを持つのが基本です。

特にガシラは上から落ちてくるものに対し好反応を示す傾向にあるので、その辺りを意識した誘いを繰り返し行うことで好釣果に繋がることが多いですね。

 

コツとしては、「必ずテトラの奥までワームを落とし込む」ことで、途中で引っかかってしまったり止まったりすると途端に食いが悪くなるため、必ず「底まで落とし込む」ことを意識しながら釣りを展開していきましょう。

また、穴釣りは「魚が居れば釣れる」傾向が強く、一つの穴にかける時間は30秒ほどにしておき、次へ次へどんどん撃っていくのが釣果を伸ばすコツとなるため、手返しよく数多くの穴を釣っていくのが理想です。

メモ

ワームでの穴釣りは、とにかく多くの穴に落とし込むことが釣果を伸ばす鍵

以上、ワームで穴釣りを楽しむときのアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事