【エギング】ボトムステイのやり方や時間、アタリの取り方を知っておこう!

今回はエギングテクニックの一つである「ボトムステイ」についてのお話。文字通り、【ボトムにエギをステイさせる】テクニックとなりますが、会得しておくことで得られる釣果は必ずあります。

ボトムステイのやり方や、どれくらいの時間ステイさせておくのか?アタリの取り方は?という点についてお話していきますので、どうぞ参考までに。

エギをボトムに放置しておこう!

そもそもボトムステイとは?

そもそも、エギングにおける「ボトムステイ」とはどのようなテクニックなのか?という話ですが、エギをボトムまで着底させ、そのまま放置しておくことを、総じてボトムステイと呼んでいます。

通常、エギングはジャカジャカと2〜4回ほどロッドをシャクリ、その後のフォールで抱かせる・・・というのが基本的なやり方ですが、このやり方ではイカの活性が低いときなど、どうしてもエギに反応してくれないことがあるんですよ。

 

そんな低活性で渋いときは、「エギを動かさず放置しておかなければ抱かない」ということがあるため、一つの選択肢として、必ず覚えておきたいテクニックとなっています。

放置(ステイ)とは言っても、海には潮流があるため、徐々にエギが流されていったり、お尻をフリフリするよなアクションが自然に起きてくれますので、その動きがナチュラルな誘いとなり、イカの好奇心を誘ってくれます。

メモ

ボトムステイは、文字通り「エギをボトムに放置しておく」テクニック

ボトムステイのやり方

ボトムステイはどうやったらいいの?

ボトムステイは非常に簡単なテクニックであり、敢えてやり方を説明する必要性がないほど、誰にでもできるテクニックです。ただ、漠然としたイメージでやるのと、明確にやり方を分かった上でやるのではその結果に差が出てしまうため、一連の流れをここで紹介しておこうと思います。

ボトムステイのやり方としては、アオリイカがいそうだな・・・という場所へキャスト→ボトムまで沈める→ステイ。たったこれだけです。

 

ただ、やり方自体は凄く簡単なボトムステイですが、「放置しておく時間」「根掛かり」「アタリの取り方」など、考えるべき点は他にもありますので、その辺りについても簡潔に触れておきたいと思います。

メモ

ボトムステイのやり方は、【投げる→沈める→放置】

アタリの取り方

小さなアタリを見逃さないようにしておこう

エギングを楽しむ上で最も難しいとされる「アタリの取り方」ですが、これはボトムステイに関しても同じことが言えます。ほんのちょっとした違和感を感じアタリを取ることが釣果を左右する要因となってしまうため、ただエギを放置しておくのではなく、小さなアタリを見逃さないように集中しておくことが大事です。

ボトムステイのアタリの取り方ですが、ラインのちょっとした動き、手に伝わってくる違和感を感じ取ることが大事な要素となり、例えばフッとラインが動いた・・・手元にグンとかカツとか、違和感にも思える振動が伝わってきた・・・などですね。

 

また、エギングではPEラインを使うのがセオリー(参考→エギングで使うライン)ですが、PEラインはラインテンションを抜いてしまうと一気に感度が悪くなってしまうため、ボトムステイ時も軽くラインテンションをかけておくのが絶対条件です。

ただし、あまりに張りすぎるとエギを動かしてしまったり、ステイの動きが悪くなることも考えられるため、あくまで「軽くラインテンションを掛けておく」ということを意識しながら、放置してみて下さいね。

メモ

ボトムステイ時は軽くラインテンションを張っておき、小さな変化(アタリ)を見逃さないようにしておこう

どれくらいの時間やるべき

何分ぐらいステイさせるべき?

エギングでボトムステイをするときの「放置時間」ですが、これはそのときの状況により判断することが大事なので、これだ!という答えがないのが実状です。

5秒だけステイするのが効くときもあれば、1分ほどステイするのが効くときもありますが、ツリイコ編集部的には【30秒〜1分程度】のステイで収めておくことが多いので参考までに。

 

そもそもボトムステイは、シャクリ後のフォールで抱かないときの最終奥義的な使い方をすることが多く、5秒ほどのステイで抱いてくるときは、わざわざボトムステイに頼らずとも釣れることがほとんどです。

この場所はダメかもな・・・その見切りをつけた上でやるのがボトムステイというテクニックだと思いますので、最後の手段として「30秒〜1分程度」の時間をステイさせてやる・・・この考え方でいいんじゃないかな?とは思います。

 

また、その場所に見切りを付けることを前提に、「5分ほどのロングステイ」を入れるのも一つの手です。イカは我々アングラーから見えない場所で、ジッとエギを見つめていることが多いですからね、長く見せることが釣果に繋がることもあるため、その辺りは現場の状況で判断し、ステイ時間を決めてみて下さい。

メモ

30秒〜1分程度のボトムステイがオススメ

根掛かりが多くなってしまう

ボトムステイは言わずとも「エギがボトムとコンタクト」してしまうため、どうしても根掛かりしてしまうリスクが常に付きまとってきます。場所によっては根掛かり多発でボトムステイができない・・・という場所もあるため、実践するときは底根の状況を見ながら判断するようにして下さい。

根掛かりを避けるコツとしては、やはり「根のない場所」へエギを沈めるのが一番です。

 

アオリイカはホンダワラやアマモのような海藻近くに付くことが多いですが、エギを見つければ10m先からでもビュンと寄ってきますので、わざわざ根の近くに落としてあげなくても釣果に繋がることが多いんですよ。

もちろん、根に近づけるほうが良いのは間違いない事実ではありますが、根に近づけすぎると根掛かりが頻発することになるため、ある程度根から離れた位置でボトムステイさせてやりましょう。(イカに気づいてもらうため、時折チョンと動かしてやるのも一つの手)

 

また、海には潮流があるため、エギを放置していても徐々に移動しています。移動した先に根があれば当然根掛かりしてしまうため、潮の流れの向きを考え、ステイさせる位置を考慮するのも大事な要素です。

メモ

根の少ない場所でステイしておこう

どんなエギでも大丈夫?

ボトムステイはどんなエギでやるべき?

ボトムステイをするときのエギは、メーカー種類問わず、何でも構いません。自分の中で実績の高いエギを使うのが一番なので、お気に入りのエギを使い、ボトムステイを実践していきましょう。エギのカラーはアオリイカの活性に合わせるのが基本のため、その辺りについては別ページを参考までに。

エギングで使うエギのカラーについて

 

ただ、ボトムステイは「必ずボトムを取らなければいけない」という制約があるため、水深が深い場所や、潮流の速い場所では底取りが難しくなってしまうため、「シンキングタイプのエギ」を使うことをオススメします。

つまり、沈むスピードの速いエギを使うことで底取りをしやすくする・・・ということですね。

エバーグリーン(EVERGREEN)
¥1,102 (2018/11/14 07:45:17時点 Amazon調べ-詳細)

以上、エギングの「ボトムステイ」に関するアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事