釣り用のインスタグラムアカウントを作ることで色々捗るよ!って話

今回は、写真共有SNS【インスタグラム】を釣りで活用するためのお話。Facebookとは違い匿名性の高いInstagramは友達以外の釣り人と知り合ったり、全国的な釣果を検索するのにうってつけ!

最早釣りにInstagramを利用しない手はないので、まだやっていない人はこの機会にチャレンジしてみましょう!ちなみに僕もInstagramにて釣果写真をアップしているので、よければフォローして下さい!

ツリイコInstagramアカウント

そもそもInstagramってなに?

インスタって何?

そもそも「インスタグラムってなんなの?」って話ですが、簡単に言うとスマートフォンなどで撮影した写真を全国のインスタグラムユーザーに向け共有できるSNSであり、リアルな友達はもちろんのこと、画面越しでしか見ることができない他人と簡単に繋がることができる凄く便利なWEBツールです。最近では【インスタ映え】なんて言葉も生まれていますね。

実名登録必須なFacebookとは違い、より匿名性が高い使い方ができますので、「リアルな友達だけじゃなく、全国の釣り人と繋がりたい・・・」って人にはこれ以上ないツールです。

 

より詳しいインスタグラムの使い方をアップしてくれている記事がありましたので、詳しくはソチラを参考までに(※外部サイトです)

インスタ釣り用アカウントを作ることでこのようなメリットを得られる

釣り用のインスタグラムアカウントを作る理由としては「自分の釣果情報をメモ的に残せておける」という楽しみもありますが、その他にも【得られる沢山のメリット】がありますので、ここでまとめておきたいと思います。

こんなメリットがある!

  • 全国的な釣果情報をまとめて検索できる
  • 見知らぬ釣り人と情報交換することができる
  • リアルな釣り友達ができる・・・かも
  • 有名人やテスターになれる可能性も

全国的な釣果情報をまとめて検索できる

インスタグラムには投稿写真に「ハッシュタグ」を付属することができ、検索窓から調べたい語句を検索することで該当したハッシュタグが付けられている写真を探し出すことができます。

例えば「メバリング」と検索するとメバリングのハッシュタグが付けられている写真を検索できますし、「シーバス」と検索すると同様にシーバスの写真を検索することができます。

 

フィールドが近くなアングラーをInstagramでフォローしておくと、いつどこでどの魚が釣れているのか?ということをリアルタイムで知ることができるので、シーズンインの把握であったり、釣れているパターンを知ることができたり。釣果情報を知ることで得られるメリットは沢山あるはずです。

見知らぬ釣り人と情報交換することができる

釣りはより沢山の情報を得ることができた人が結果を残しやすいゲームです。どこでどの魚が釣れているか、ベイトは何か、パターンは・・・と、とにかく色々な情報を知ることで得られる釣果は必ずありますので、常日頃から情報収集のアンテナをビンビンに張っておくべきなんですね。

Instagramには「コメント機能」や「メッセージ機能」がありますので、インスタ上で仲良くなったアングラーと直接やり取りができるようになります。もちろん。WEB上とは言え、人と人の付き合いですので最低限のマナーは必ず守る必要がありますけどね、これは一般常識を持つ大人であれば問題ありませんね。

 

フィールドが近いアングラーと常日頃からコメントをやり取りしたり、メッセージをやり取りしていれば「これ以上ない生の情報」を得られる可能性が高くなりますので、Instagramを活用し、釣り情報を沢山得られる環境作りをしておくのが釣果を伸ばす鍵。

もちろん「情報クレクレマン」になるのではなく、こちらからも情報を相手に伝えることをお忘れなく。

リアルな釣り友達ができる・・・かも

最近はInstagramを含めたSNSで知り合った人とリアルな友達関係に発展することがそう珍しくないようです。釣りという共通の趣味がある以上、出会いはどうであれ凄く仲の良い友達になれること間違いなしでしょう。

「一緒に釣りを楽しむ仲間が少ない・・・」「釣り友達が欲しい・・・」って人は、Instagramを活用し釣り友達を増やすことができるかもしれませんね。

メモ

中にはビジネスへの勧誘や詐欺を行う人もいるようなのでご注意を

有名人やテスターになれる可能性も

Instagram上でフォロワー数が1万人を越す、いいね数が毎投稿1000件を超える・・・みたいな人気インスタグラマーともなると、釣り師の中で有名人になれたり、もしかするとメーカーさんからテスターやモニター依頼がくるようになるかもしれません。

他にも釣りブログをやっている人はブログとInstagramを連動しファンを増やせるキッカケになるかもしれませんし、釣りYouTuberであれば動画へ誘導できるようになるかもしれません。

 

釣りの世界で「少しでも有名人になりたい」という思いがあるのであればInstagramを活用しない手はありませんので、今すぐアカウントを作成し、どんどんフォロワーを増やしていきましょう!

効率的なフォロワーの集め方

フォロワーを集めてみよう!

Instagramでは自分をフォローしてくれている人(=フォロワー)に投稿写真が表示される仕組みになっています。ですので、フォロワー数が少なければ写真の露出度が少なくなってしまうので、1人でも多くのフォロワーを獲得することがInstagramを釣りで活用するための第一歩となります。

ただ、「待ちの姿勢」で淡々と投稿していても中々フォロワーが集まりませんので、ここで「効率的なフォロワーの集め方」を幾つか紹介しておきます。

とにかく釣果写真を投稿する

Instagramでは「関連性の高い写真を沢山投稿しておく」ことがフォロワー集めの最低条件です。釣りの場合だと、定期的に釣果写真を投稿している・・・って感じ。

投稿写真が10枚しかない人と、1000枚ある人では圧倒的に【1000枚の写真を投稿しているインスタグラマー】のほうがフォロワー数が増加する傾向にありますので、まずは釣りに出向き釣果写真をアップしていきましょう。

コメントでやり取りする

気になる釣り人さんが投稿している写真にコメントを付け、やり取りすることでフォローしてもらえる可能性が高くなります。例えば「スゴイ釣果ですね、ルアーは何を使いました?」みたいな感じです。

ただし、無闇矢鱈と無駄なコメントは煙たがれれる傾向にあり、ブロックされてしまうほどの迷惑行為と判断されることもあるので、その辺りはご注意を。

フォローバックを期待する

フォローバックとは、「自分がフォローした人がフォローを返してくれる」ことを指す言葉です。とにかくお気に入りの写真を投稿している人をフォローしていき、フォローバックしてくれるのを待つのも一つの手。

Instagramを始めれば、とにかく10枚ぐらいの釣果写真を投稿し、気になる釣り人を100人ほどフォローしてみて下さい。きっと30人ぐらいはフォローバックしてくれると思いますよ!

メモ

フォロワーを増やし、Instagramを釣りへ活用しよう!

以上、釣り用のInstagramアカウントを作るときのアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事