【魚が良く釣れる時間】について、本気で考えてみる

今回は釣り人の永遠のテーマでもある【魚が良く釣れる時間帯】について真剣に考えてみようと思います。魚が釣れる時間を知ることで、ピンポイントなタイミングで釣りに出かけることができるようになりますからね。

釣れない時間って結構なロスですし、ぜひ参考までに。

魚が釣れる時間を知っておこう

昼は魚が釣れない・・・の真実

昼は釣れにくい

釣り人の間では、「昼は魚が釣れない時間」だという認識が広がっていますが、この噂話の真相としては「ほぼ正解」だと言えます。実際、真っ昼間って中々魚が釣れてくれませんからね、「この海には魚がいないんじゃないか?」そう思うほど釣果に恵まれないことが多いです。

ただ、釣りを続けていると、急に釣れない時間であるはずの真っ昼間に「超爆釣した」って経験は一度や二度じゃありませんので、【昼だから絶対釣れない・・・】ということではありません。

 

明るい時間帯は魚の警戒心が高くなるのか、ショアから届かないような沖合に移動しているのか、詳しい真実を知る余地はありませんが、【昼は魚が釣れにくい時間帯】だと認識しているほうが何かと好都合だとは思います。

メモ

サビキ釣りや根魚狙いの穴釣りなんかは昼でも通用する釣法

夜は魚の警戒心が薄れ、釣れやすくなる

夜は魚の活性が上がる

明るい昼は警戒心が高く大人しくしていた魚たちも、暗くなる夜になると警戒心が薄れ、活発に動き出すようになります。昼は人間や鳥を恐れて近づかなかった「シャローエリア(浅場)」にも大胆に入りこんでくるので、【え?こんな場所に魚なんていないでしょ?】というような場所であっても、どんどん攻めちゃうのが釣果を伸ばすコツです。

このように、夜は警戒心が薄くなった魚が活発に動き出すため、一般的には【昼よりは魚が釣れやすい時間帯】だとは言われていますし、実際夜のほうが釣果に恵まれることが多いです。

 

ただし、夜釣りは言うまでもなく真っ暗であり、昼に比べ危険度が増すことは避けて通れない道ですので、昼よりも安全意識を強化した釣行を心掛けるようにして下さいね。安全第一。

とにもかくにも「マズメ」は魚が釣りやすい時間

マズメの時間帯は魚がよく釣れるよ

朝夕の「まずめ」の時間帯は、【魚がよく釣れる時間帯】として知られていますし、実際よく釣れます。まずめとは時間が切り変わる(例:昼→夜)時間帯のことを指す言葉であり、簡潔に言うと「薄明るい時間帯」という認識で大丈夫です。

まずめの時間帯がよく釣れる理由としてよく聞くのが「プランクトンが浮き、それを食べに小魚が集まり、結果として大型の魚も集まる」、「まずめが魚たちの食事時間になっている」、「まずめになるとエサとなるベイトフィッシュが大移動を始め、その動きにつられ大型魚も動き出す」みたいな話です。

が、これはあくまで「人間が勝手に考えた仮説」でしかなく、ほんとのところは魚のみぞ知る・・・って感じですね。ハッキリとした理由は分かっていないそうです。

 

しかし、とにもかくにも「まずめの時間帯は魚がよく釣れる」という事実だけはねじ曲がりようがありませんので、効率良く短時間で好釣果を望みたいときは、朝夕のまずめの時間に絞り釣行することで良い思いができる可能性が高くなるとは思いますよ!

メモ

まずめは魚がよく釣れるボーナスタイム

潮が動くタイミングを狙おう

魚は潮が動いているときほど活発になる傾向にあるよ

海に生きる魚たちは、時間帯がどうとかより、「潮の動き」に合わせて捕食活動を行っているようです。潮が動いているときほど活発に動き、潮が止まっているときはそれほど動かない・・・このような認識で大丈夫でしょう。

なので、釣りに行く時間帯を決めるときは「何時にしようかな・・・」と迷うのではなく、【潮がよく動く時間帯】を予測し、釣行スケジュールを立てるのが釣果を伸ばす鍵となります。

 

小潮よりは中潮、中潮よりは大潮・・・と、その日によって潮が流れるタイミングや頻度が違いますので、可能な限り【潮の動きが大きな中潮〜大潮の日】に釣行することが望ましいですね。

また、魚がよく釣れる時間帯を指す言葉として「上げ7分、下げ3分」というものがあります。このタイミングに釣りに出かけることで良い思いができる可能性がグンと上がりますので、タイドグラフを穴が開くほど見つめ、魚がよく釣れる時間帯を先読みしてみましょう。

大潮

↑これはとある日の「大潮」を表したタイドグラフですが、起伏が大きく潮の動きが大きいことが見て取れますよね?こういう日はよく潮が動くので、魚の活性が高くなっている可能性が高い・・・と読み取ることができる訳です。

また、上げ7分、下げ3分の観点から「魚がよく釣れる時合」を読むと、午後「16時〜18時頃」、「20時〜21時頃」が狙い目だと言えるでしょう。

小潮

↑こちらはとある日の「小潮」のタイドグラフですが、一日を通して【あまり潮が動かない】ということが見てとれます。このような日は魚の活性がそれほど高くないという仮定を立てることができますね。

小潮だから絶対釣れない・・・ってことはありませんし、小潮のほうがよく釣れることだってありますから断言することはできませんが、一般的な考え方としては【小潮よりは大潮のほうがよく釣れる】という認識でいたほうが良いとは思います。

メモ

潮の動きを先読みし、釣行スケジュールを立てよう

ぶっちゃけ言うと、一日中粘るのが一番

無心で竿を振り続けたものが栄光を掴む・・・それが釣りという戦いだ

ぶっちゃけて言いますと、釣れる時間がどうとか潮回りがどうとか言ってる人よりは、無心で一日中竿を振り続けた人のほうが遥かに良い釣果を叩き出すことが多いです。人間側の勝手な推測だけでアレコレ考えても、魚の気持ちなんて分かりようがありませんからね、釣れるタイミングまで釣りをし続けることが最強です。

朝まずめから釣りを開始し、夕まずめまで釣りを楽しむ。そうすることでどこかのタイミングで【爆釣タイム】に差し掛かることがほんと多いので、時間的な制約がない人は、ぜひ一日を通して釣りを楽しむようにして下さいね。成し遂げた者にしか見れない世界は必ずありますから・・・。

メモ

朝から晩まで竿を振り続けていればいつか報われる(確実に釣れる保証はない)

以上、「魚がよく釣れる時間」についてのツリイコ的推測でした。

スポンサーリンク

関連する記事