プロックス「タモジョイント」のインプレ!邪魔になるランディングツールを折りたたみ、コンパクトな持ち運びを実現しよう!

今回は、(特に大物狙いでは必須アイテムとなる)タモを持ち運ぶときに、よりコンパクトに折り畳めるよう改造できるプロックス「タモジョイント」を購入し、実際に使ってみたインプレをまとめていきたいと思います。

「少しでも楽にタモを持ち運びたい」そう考えている人は、ぜひ参考までに。

プロックス「タモジョイント」の詳細

プロックス
¥2,273 (2018/12/12 08:18:27時点 Amazon調べ-詳細)

そもそも、プロックスからリリースされている「タモジョイント」とは、一体何者なのか?という点ですが、その名前から想像できる通り、「玉の柄」と「ランディングネット」との間にジョイントさせるもので、簡単に言うと真っ直ぐにしか装着できなかったものを、よりコンパクトに【折り曲げる】ことができるアイテムとなっています。

装着例はこんな感じ↓

見たとおりとてもコンパクトに収納できるようになりますし、見た目的にも(少し)良くなった気がしますね。これを折り曲げずに持ち運ぶと、移動時の邪魔となったり、どこかに引っ掛けてタモを破壊してしまう(2度ほどタモを破壊しています)リスクが生じてしまうため、より楽に、より安全にランディングツールを持ち運びできるようになります。

↑パッケージ裏面はこんな感じ。

↑内容はこんな感じ。タモジョイント本体と、取り付けに必要な工具が入っています。この工具を失くすと後々面倒なことになるため(緩んだときとか、外したくなったときとか)、大事に保管しておくことをおすすめします。

↑プロックス「タモジョイント」のより詳しい詳細や、取り付け方に付いては、付属している説明書を参考までに。

タモジョイントのメリット、デメリット

「そもそも、ほんとにタモジョイントなんて必要なのか?」そう悩み、買うかどうかを迷っている人も少なくはないと思いますが、その答えとしては「いる人は必要だし、要らない人はいらない」当たり前のことではありますが、必要な人、不必要な人に分かれてしまいます。

タモジョイントは必要なのか?その答えを知るには、タモジョイントを付けることにより得られるメリットと、デメリットを知ることで解決することができるようになるため、ここで【(ツリイコ編集部が思う)タモジョイントのメリット、デメリット】をまとめていきたいと思うので、ある程度の参考にして下さい。

よりコンパクトに持ち運べる(収納できる)

前述した通り、タモジョイントを取り付けることで、このようにコンパクトに収納することが可能となります。もし、タモジョイントを取り付けず、そのままの状態で持ち運ぶとなると・・・

このように、ピンっと真っ直ぐになった状態で、持ち運ばなければいけなくなります。もちろん、このままでも持ち運べないこともないですが、実際に持ち運んで見ると、どこかにブツけてしまったり、移動時の邪魔となってしまったり・・・と、マイナスまではいかないまでも、この状態がプラスに働くことはないでしょう。

そのため「大きい魚が釣れたときのために、ランディングツールを持ち運びたいけど、移動のとき邪魔になるんだよな・・・」そう感じている人は、控えめに言っても【買い】だと言えますね。

見た目的にカッコいい

あくまでツリイコ編集部の主観ではありますが、コンパクトに折り曲げることで、見た目的に格好良くなります。使う道具の格好良さが釣果に影響することはありませんが、釣りもオシャレを楽しむ時代ですし、格好良いものを使っていることによるモチベーションアップがプラスに働くこともあると思うので、「見た目にもこだわりたい」そのような人も、「買い」だと言えますね。

重たくなるし、取り込みの手間が増える

ここからは、プロックス「タモジョイント」を使うことにより生じるデメリットの部分ですが、言わずともランディングツールの「総重量」が増してしまいます。タモジョイントのみの自重だけで「75g」もありますからね、「とにかく道具は軽いものを・・・」という派の人は、取り付けないほうが良いかもしれませんね。

特に、車を降りてから、釣り場までの距離が遠い場合、少しのウエイトアップが徐々に徐々に貴重な体力を奪ってしまいますし、何より大変なのが帰り道です。竿や仕掛け、沢山の魚が入ったクーラーボックスを抱え、重たいランディングツールも抱えながらとなると・・・凄くしんどいですよね?

 

また、タモジョイントを使うことで、魚を取り込むときの手間が一つ増えてしまいます。通常であれば、タモを手に持ち伸ばすだけでオッケーのところ、タモジョイントのロックを解除し開くと言ったひと手間が増えてしまうため、慣れない内はどうしてもモタツイてしまいます。場合によっては、せっかく釣った獲物を、足元でバラしてしまうことになるかも・・・

ただ、この「取り込みにひと手間増える」というデメリットは、【開きっぱなし】にしておくことで簡単に解決できるため、そう深く捉える必要はないかもしれませんね。慣れれば閉じた状態から魚キャッチまでをスムーズに行うことができるようになりますが、慣れない内は、移動時のもコンパクトに折りたたんでおき、実釣時は開きっぱなしにしておくことをおすすめします。

タモジョイントは必要?実際に使ってみたインプレ

プロックス
¥2,273 (2018/12/12 08:18:27時点 Amazon調べ-詳細)

実際にプロックス「タモジョイント」を購入し、一定期間使ってみた上での判断としては【(個人的には)無くてはならないアイテム】だと感じています。特に、シーバスやショアジギングなど、大きなタモを必要とする場合は凄く便利ですね。

例えば、シーバス釣りを楽しむときは、一箇所の同じ場所で粘るのではなく、シーバスがいる場所にコチラから歩み寄る「ランガン」スタイルで釣りを楽しむことが多くなるのですが、(タモジョイントを付けていない)ランディングツールって、移動時に滅茶苦茶邪魔になるんですよ。背中や腰にぶら下げておくことが多いのですが、どう考えても邪魔なんです。

 

このように、移動を繰り返す釣りを楽しむときは、よりコンパクトに収納できるようになる「タモジョイント」はとても便利ですし、地磯での釣りなど、車から釣り場までの距離が遠いときにも、その便利さを余すことなく体感できることでしょう。(自重が重たくなることによって疲労感が増すというデメリットもありますが・・・)

ただ、前述した通り「重たくなる」「魚の取り込みに一手間増える」と言ったデメリットもあるため、その辺りを踏まえた上で、購入するかどうかを決めればいいんじゃないかな?とは思います。

 

また、「タモジョイントは壊れやすい」という意見もあるようですが、かれこれ数年使った経験上(タモを買う度にタモジョイントを買っています)一度も壊れたことはないため、普通に使ってさえいれば、耐久性に問題はないように感じます。値段も安いですし、コスパ的には最高なんじゃないでしょうか?

以上、プロックス「タモジョイント」の詳細と、実際に使ってみたインプレッションでした。

スポンサーリンク

関連する記事