ショアジギングロッドでアジング(メバリング)を楽しむことはできますか?という問いに対してのアンサー

今回は、ツリイコ宛に送られてきた「ショアジギングロッドでアジング(メバリング)を楽しむことはできますか?」という問いに対してのアンサー。

できれば一本のロッドで色々な釣りを楽しみたいよね!

現実的に考えると、ショアジギングロッドでアジングを楽しむのは不可能

極一般的な認識だけでお答えすると、正直「ショアジギングロッドで(一般的な)アジングやメバリングを楽しむことは不可能」だと考えておいたほうが良いです。

特にアジングでは0.4gや0.6gなどの超軽量リグを使う機会が多くなるため、重たいメタルジグをキャストすることに特化したショアジギングロッドでは「まともにキャストができない」ですからね、全く釣りにならないでしょう。

 

仮に軽量リグをキャストできたとしても、アジの繊細なアタリを感じ取ることができないでしょうし、海中にあるリグの重みや動きを感じ取ることができないため、「何をやっているか分からない」となるのが関の山。

どの世界でもそうですが、「適材適所」という言葉があるように、狙うべき魚種によりそのターゲットに適したタックルセレクトを行うことが釣りを最大限楽しむための条件です。

結論

ショアジギングロッドで(一般的な)アジングやメバリングを楽しむことはできない

フロートリグを使うことでできるようになるかも

「どうしてもショアジギングロッドでアジングを楽しみたい・・・」って人は、フロートリグ(飛ばしウキ)を活用することでなんとかなるかもしれません。

一般的なショアジギングロッドは20g以上のルアーをキャストすることを前提に設計されていることが多いので、少なくとも20g以上のフロートリグを使うことが望ましいかと思います。

30cmや40cmを超えるアジをメタルジグで狙う・・・という意味のアジングならOK

所謂「鬼アジ」や「ギガアジ」を狙うときはショアジギングロッドが大活躍するよ!

一般的なアジングの認識は「10cm〜30cmまでのアジをメインに狙うもの」だとツリイコ的には解釈していますが、30cmや40cmを超えるような「大きなアジ」をメインにアジングを楽しむのであれば、ショアジギングロッド(ライトショアジギングロッドがオススメ)のほうが有利であることは間違いありません。

30cmを超えるアジは最早「本格的な青物」ですからね、ライトゲームロッドだと分が悪いです。

 

流石にブリやヒラマサを狙うようなガッチガチのショアジギングロッドだと扱いにくいので、【ライトショアジギング】にカテゴライズされるロッドを使うと尚良です。20g〜30g前後のメタルジグを扱うことに特化したロッドがベストですね。

 

アジングやメバリングに特化したライトゲームロッドで楽しむべき!ってのが結論

「ショアジギングロッドでアジングは楽しめるのか?」という問いに対しての最終的な結論ですが、やはりアジングやメバリングを楽しむときは専用のライトゲームロッドを用意したほうが何かと捗りますので、できる限り【専用タックル】で楽しむことをオススメします。

釣りは「魚を釣ること」だけではなく、【魚とのやり取りを楽しむ】ことも醍醐味の一つですので、専用ロッドを使うことで魚とのファイトを100%楽しむことができ、尚且つ適したリグを扱うことができるので、ストレスフリーな釣りを展開することができます。

以上、ショアジギングロッドでアジングやメバリングを楽しむことができるのか?という問いに対するアンサーでした。

スポンサーリンク

関連する記事