シンキングミノーとは?その特性を知り、沢山の魚を釣りあげよう!

今回は、数多く存在するルアーの中で「シンキングミノー」にスポットライトを当てお話していこうと思います。そもそも「シンキングミノーとは?」、どんな魚が釣れるの?使い方は?という点についてお話していきますので、ぜひ参考までに。

ルアー釣りに欠かせないアイテム、それが「シンキングミノー」

シンキングミノーってどんなルアー?

代表的なシンキングミノー

代表的なシンキングミノー

シンキングミノーは一般的に「リップ」がついているタイプのルアーであり、リトリーブすることでリップが水を噛み、設定されているレンジをキープしながらプルプルと動いてくれます。

「シンキング」というのは文字通り「沈む」という意味で、他には沈まない「フローティングミノー」、水中で停止する「サスペンドミノー」がありますので、狙うレンジによって使い分けられるようになっています。

 

 

例えば、表層付近に魚が浮いているときや上層を隈なく探りたいときは「フローティングミノー」を使い、中層やボトム付近を狙いたいときは「シンキングミノーを使う」という使い分けができますね。

シンキングミノーは放置しているとどんどん底に向かって沈んでいきますので、カウントダウン(着水からのレンジを把握するために数を数えること)を行い、攻めるレンジを調整しながら釣りを展開していきましょう。

メモ

ルアーフィッシングにおいてシンキングミノーは欠かせない存在

動きはどんな感じ?

巻くだけでプルプル動いてくれるよ

シンキングミノーの動きですが、ミノーはリップがついている関係上、リトリーブ(ただ巻き)するだけでリップが水を噛み「左右にウォブリング」してくれます。具体的に言うと、左右にボディを揺らしながらまるで小魚が泳いでいるような動きを演出する事が可能になる・・・って感じ。

シンキングミノー

ちなみにリップとはルアー先端に付いているもので、この長さが変わるとウォブリング幅が大きくなったり、潜行レンジが変わります。自分が必要としている動きや攻めたいレンジを考慮し、異なるリップ長のシンキングミノーを揃えておくと何かと捗りますね。

メモ

シンキングミノーは巻くだけでウォブリングアクションを演出できる

飛距離はそれほど望めない

飛距離が必要な場面では他のルアーを使おう

海でのルアーフィッシングは時折「飛距離が必要」な場面に遭遇することが多いですが、残念なことにシンキングミノーは【飛距離にそれほど長けていないルアー】ですので、そのような状況下は他のルアーをセレクトするほうが懸命です。

どうしてもリップが風を受け、空気抵抗の影響で飛距離が落ちてしまうのですよ。

 

ですので、飛距離をそれほど必要としない小規模な港湾部であったり、手前にシーバスが回遊してくるようなブレイクラインがある河川だったり、そのような場所で使うことを前提に考えておけばオッケです。

最近では「重心移動システム」を搭載したシンキングミノーが増えており、昔に比べると飛距離が向上しましたが、それでもやはりバイブレーションやシンキングペンシルなどのリップ無しルアーに比べると「飛距離がでない」ことは確かな事実ですので、その辺りを考慮した上で使い分けることが腕の上達に欠かせないキーポイントとなります。

メモ

リップが風を受け飛距離が伸びない

必要なシュチュエーション

小魚を意識している魚

シンキングミノーは使うシュチュエーションを選ばないルアーであり、どのような場面にでも投入すべきルアーなのですが、敢えて使うべきタイミングを挙げるとすれば、「ターゲットとなる魚が小魚を捕食しているとき」ですね。

例えばフィッシュイーターがイワシを捕食している・・・そんな場面に有効です。

 

ただし、一つだけ気をつけないといけないことがあって、それは「ルアーをベイトサイズに合わせる」ということ。例えば7cmほどのイワシを捕食している魚に15cmのシンキングミノーを見せたところで反応が悪くなる・・・みたいな感じです。

7cmのイワシを捕食しているなら7cmのシンキングミノー、15cmのイワシを捕食しているなら15cmのシンキングミノー。そんな感じでルアーサイズを決めてやることが釣果を分ける鍵なので、その辺りを意識しながら使用するルアーを決めて下さいね。

メモ

魚が食べているエサにルアーサイズを寄せるのが基本

主に釣れる魚

シンキングミノーで主に釣れる魚はこれ

  • シーバス
  • 根魚やアジ
  • ハマチなどの青物
  • 他にも沢山の魚が釣れる

では、それぞれ簡潔に見ていきましょう。

シーバス狙いに最適

シーバス

最早シンキングミノーは「シーバスを狙うためにだけ存在しているんじゃないか?」そう錯覚してしまうほど、シーバスゲームにおいて欠かせないルアーです。

シンキングミノーでのシーバスゲームは、デイゲームでもナイトゲームでも問題なく使え、どのような状況下でもシーバスを連れてきてくれる万能アイテムなので、シーバスを狙うときは必ず用意しておきたいところです。

根魚やアジも狙える

ガシラ

漠然とした括りで申し訳ありませんが、シンキングミノーはガシラやメバル、アコウのような根魚を狙うこともできますし、大衆魚である人気の魚「アジ」もよく釣れます。

ただし、このような比較的サイズの小さい魚を相手取るときは「サイズの小さなシンキングミノー」を使うことが大前提なので、メバルやアジ用にリリースされているシンキングミノーを使うようにしましょう。

ハマチやサゴシなどの青物

ハマチくん

メタルジグを用いたショアジギングで狙うことが一般的とされているハマチなどの青物ですが、当然「シンキングミノーにも好反応を示して」くれます。特にイワシ付きの青物には効果絶大なので、ぜひ使ってみて下さいね。

ただし、最初から備え付けられているフックでは強烈な青物の引きに耐えられず「フックが伸びてしまう」ことも考えられるので、フックサイズを上げたり太軸のものを使ったり、フックを強化しての使用をオススメします。

他に狙える魚

こんな魚も狙えるよ!

  • ヒラメ
  • マゴチ
  • カマス
  • チヌ(クロダイ)

シンキングミノーは、とにかく小魚を捕食している魚に効果的なので、投げて巻いていると「何かしらの魚が釣れるだろう」という認識で使っておけばオッケーです。

メモ

シンキングミノーを使い、色々な魚を釣り上げよう!

シンキングミノーの基本的な使い方(アクション)

シンキングミノーはこう使う

シンキングミノーの具体的な使い方ですが、基本的には「ただ巻きで使うもの」という認識でオッケーです。

ただし、ただ巻きでは反応しない魚がいることも確かなので、【ただ巻きで思うような釣果を得られないな・・・】というときは、ストップアンドゴーだったり、トゥイッチを入れたリアクションの釣りを織り交ぜることをオススメします。

ただ巻き

ただ巻き

文字通り「ただ巻くだけ」です。リトリーブスピードを遅くしたり速くしたり強弱をつけることにより魚の反応を確かめることが釣果アップのコツなので、漠然と巻き続けるのではなく戦略的にリトリーブするのが上手い人とそうでない人を分ける境目。

ストップアンドゴー

ストップアンドゴー

 

リトリーブ中に1秒〜3秒程度のストップを入れ、再度リトリーブをスタートするテクニックのことを「ストップアンドゴー」と呼びます。ストップからの巻き始めが魚の捕食スイッチを入れてくれることになるんですよ、ほんとよく効く方法です。

ただし、あまり多用しすぎると魚に見切られてしまう原因にもなるので、「ここぞ!」というときに使うべきテクニックでもあります。デイゲームよりはナイトゲームでやってみることをオススメします。

トゥイッチ

トゥイッチ

ロッドをチョンチョンと操作し、ミノーを左右にダートさせるテクニックです。ただ巻きだけでは食わない魚を「リアクション」で狙うときに有効的な方法なので、ぜひやってみて下さいね。

トゥイッチよりダート幅を大きくすると「ジャーク」というテクニックとなりますので、そちらも合わせリアクションバイト狙いで釣りを展開すると良い結果に繋がることが多いですよ。

メモ

ただ巻き、ストップアンドゴー、トゥイッチ、この3つを駆使し、魚を釣り上げよう!

代表的なオススメシンキングミノー

最後に、ツリイコ編集部オススメシンキングミノーを2つ紹介しておきます。

ラッキークラフト ビーフリーズ

昔からあるシンキングミノー定番ルアー、それが「ビーフリーズ」です。個人的には【ビーフリーズ欠かしてシーバスゲームは語れない】というほど信頼しているルアーでもあるので、ぜひ使ってみて下さい。

ただ巻きでも最高のアクションを演出してくれますが、トゥイッチさせることで左右へ綺麗な平打ちを打ってくれるので、リアクションバイト狙いの釣りにも最適なルアーです。

ジャクソン ピンテールチューン

最早「スーパーシンキングミノー」ではありますが、シーバスだけでなくハマチやサゴシなどの青物、ヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュなどなど、とにかく色々なターゲットを広範囲で狙うことができる優れもの。

とにかくピンテールチューンを投げて早巻きしておけば「何かしらの魚が釣れるだろう・・・」と思えるほどは信頼しているシンキングミノーなので、ぜひ使ってみて下さい。

メモ

自分に合ったシンキングミノーを見つけ、得意ルアーを作っていこう!

以上、シンキングミノーとは?という疑問に対するアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事