メタルジグでシイラを釣るときのアレコレ【※アクションやメリットなど】

シイラゲームと言えば「ダイビングペンシル」や「シンキングペンシル」を海面でバチャバチャやりながら誘う釣り方がスタンダートだし、周知の事実だと思います。なので、「メタルジグでシイラを釣る!」と言うと、「シイラってプラグじゃないと釣れないんじゃ・・・?」「メタルジグでも釣れるの?」って言われることが凄く多いです。

結論を言うと、メタルジグでもシイラを狙うことはできるし、場合によってはプラグよりも反応が良いときもあるから、引き出しの一つとして【メタルジグでシイラを釣る方法】を知っておけば非常に大きなアドバンテージとなること間違いなし!

 

このページでは、シイラをメタルジグで狙うときのアレコレをお話していきますので、どうぞ参考までに。

メタルジグ大好き!

メタルジグでシイラを狙うメリット

メタルジグでシイラを狙うことで得られるメリットをまとめておくね!

  • レンジを刻める
  • 飛距離が伸びる
  • 周りと差別化できる

レンジを刻める

シイラゲーム=表層というイメージを持っている人が大半だと思うし、その認識で正しいのだけれど、例えば雨の日や曇の日では【表層より下のレンジのほうが反応が良いとき】のほうが圧倒的に多いです。それなのに、バカの一つ覚えみたいにポッパーやペンシルばかりを投げ続け、結果としてボウズを食らってる人を今まで何度も何度も見てきました。

メタルジグを使うことにより、表層はもちろんのこと、表層直下、中層、ボトムまでを隈なく刻むことができるので、シイラが回遊してくる層が表層以外のときは、プラグよりもメタルジグに分があります。(中層より下を狙うことはないですけどね)

飛距離が伸びる

ペンシルやポッパーだと、どうしても空気抵抗を受ける面積が大きくなるため、メタルジグより飛距離が伸びないことが多いです。もちろん、飛距離を売りにした素晴らしいプラグは沢山ありますが、やはりメタルジグのそれと比べると劣ってしまうのが事実。

シイラゲームを何度か楽しんだことのある人なら分かると思うけど、シイラのボイルがギリギリ射程圏外で起きたり、自分より5m先へキャストできている人ばかりHITしたり、、、とにかく飛距離が足りないことで悔しい思いをすることが多いんです。

 

メタルジグを使うことにより、プラグでは届かないエリアを狙うことができるので、シイラが届くか届かないかの沖合を回遊しているときは、プラグではなくメタルジグをぶん投げることで良い思いができるかもしれませんね。

他のアングラーと差別化できる

僕がよく行くシイラゲームであまりにも有名なフィールドでは、恐らく9割以上のアングラーがペンシルやポッパーなどのプラグを使いシイラを狙っています。当然僕もプラグを使うし、良く釣れるのだけれども、あまりにも多くの人がプラグを投げ倒しているため、どうしても「スレてしまう」という問題にぶち当たってしまいます。

大規模な群れが定期的に入れ替わるような状況下だと、「スレ」に関してそれほど敏感になる必要はないんだけど、問題なのは群れが小さく、回遊の規模が少ない状況下での釣りです。ほんと、同じルアーを同じアクションで2〜3投ほどキャストすればルアーを追いかけてこなくなるし、もちろんHITすることもありません。

 

このように、多くのアングラーが同じような方法でシイラを狙うもんだから、ほんとは比較的簡単に釣れるシイラゲームの難易度を釣り人が自ら上げてしまっているんですね。そこで役に立つのが「メタルジグ」って訳。

ほんと、みんなが血眼になりプラグを何度も何度もキャストしている中、メタルジグをキャストするだけでスレて何の反応もなかったシイラたちが我よ我よとメタルジグを追いかけてくることが多いです。こうなりゃもう一人勝ち!プレッシャーの高い状況下でシイラを釣るには、「他の人と違うこと」をやることが釣果を伸ばす鍵だったりするんで、ぜひ試してみて下さい。

アクションについて

メタルジグはどう動かせばいいの?

メタルジグでシイラを狙うときは、表層→表層から1〜2m→表層、みたいな感じで、キャストの度に探るレンジを若干変えるようにして下さい。同じレンジを繰り返し探るよりは確実にHIT率が上がるから、騙されたと思って一度やってみて下さいね。

後、前項でも話した通り、シイラは動くものに敏感に反応してくれる反面、「すぐにスレる」という傾向が強いです。そのため、キャスト毎にアクションを変えたり、リトリーブスピードを変えてやることでシイラを飽きさせることなく釣りを続けることができるので、色々試してみましょう。

■ただ巻き

文字通り、ただ巻くだけのアクションです。メタルジグはバシバシロッドアクションを付ける使い方のイメージが強いけど、実はただ巻きでも釣れちゃう優れものなんです。

シイラに関しては、水面を飛び出しバチャバチャなるレベルの高速巻きが効くこともあるし、1秒間にハンドル一回転程度のリトリーブでしか反応しないこともあるから、巻き速度を調整しながら、とにかく巻き続けてみて下さい。

■トゥイッチ

ただ巻くだけではなく、ロッドをチョンチョンと動かし、メタルジグに小刻みな動きをつけるアクションです。ただ巻きで反応がないときはトゥイッチを入れ、シイラを誘ってみて下さい。

■フォール

ただ巻きやトゥイッチの合間に1秒〜2秒ほどステイを入れ、食わせの間として「フォール」を入れてやるのも効果的。逆に見切られちゃうときもあるけど、効くときはほんと良く効くので、釣れないときの切り札としてやってみて下さい。

シイラにオススメのメタルジグ

僕がシイラゲームで使ってるメタルジグはこの2つで、どちらも良く釣れます。重さは30g〜60g程度までを用意しておけば間違いありませんし、カラーは特に気にする必要性がありません。敢えて言うなら、イワシ系カラー、ピンクが実績高い気がします。

後、気をつけておきたいのが、「純正フックは交換しておいたほうがいい」という点。80cm以上のシイラになると純正フックだと簡単に伸ばされてしまいますから、より強度の強いアシストフックに付け替えておくことをオススメします。

 

以上、シイラをメタルジグで釣るときのアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事