シイラは雨の日でも釣れる?【※天気によって釣果が凄く変る】

このページでは、シイラは雨の日でも釣れるのか?というテーマに沿って色々書いていこうと思います。僕的に、シイラゲームは天気によって釣果が左右されやすい釣りと思ってるので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

雨の日でも釣れる?

雨は嫌いなんだ・・・

シイラは雨の日でも釣れるのかどうなのか?という問いに関しての答えとしては、「釣れる」ということになります。晴れだろうが曇りだろうが雨だろうが、シイラは餌を捕食していますので、どんな天気であれルアーにアタックしてくることは当然あります。

ただ、僕の経験上、雨の日や曇の日よりは,明らかに「晴れの日」のほうが良く釣れるし、そもそもの回遊回数が段違いであることが多いです。もう少し具体的に言うと、晴れの日はシイラが表層へ浮いているので、回遊が目で見て判断できるので、何かと有利に事を進めることができる訳です。

雨の日はトップよりも若干沈めたほうがいい

シイラゲームと言えば、トップウォーターでバシャバシャとアクションを加える釣りなイメージが強いですが、アレは晴れの日でシイラが浮いており、活性が高い状態でのみ通用する技です。活性が低く、シイラが沈んでいる状況下では、トップウォーターではなく、沈むタイプのルアーを使うことをオススメします。

例えばミノーやダイビングペンシルが一般的によく使われているものですが、僕の場合は「メタルジグ」を使い、表層から3m程度までのレンジを隈なく探るようにしています。

 

メタルジグのサイズは30〜40gを使うことが多いですが、純正フックでは大型シイラだと一瞬で伸ばされてしまいます。そのため、フックはより強度の高いものに付け替え、万全を期すことをオススメします。

雨→晴れの天気でいい思いをしたことが何度もある

僕は和歌山県にある沖一文字へシイラゲームを楽しむために渡ることが多いのですが、天気予報が「雨→晴れ」となっているときを狙い釣行することがあります。なぜなら、雨の日は人(ライバル)が少ないから。

とにかくカッパを着込み、雨が振ってるときもキャストを続け、天気回復を待ちます。もちろん、雨が降ってるときもHITすることがありますが、釣れない日がほとんどですね。

 

で、この雨から晴れに切り替わるタイミングがほんと凄くて、雨が止み、太陽が雲の隙間からこんにちはした瞬間、今までの沈黙が嘘のようにシイラが回遊しだし、HITが留まることを知らない状態になるときがあります。一度や二度じゃなく、今まで何度もこのような状況に出くわしていますので、雨→晴れの切り替わりは釣れるタイミングなのでしょう。

雨の日にシイラゲームを楽しむ場合、雨と晴れの切り替わり時を狙うことで良い思いをすることができると思うので、ぜひ狙ってみて下さい。

 

以上、雨の日のシイラゲームについてでした。

スポンサーリンク

関連する記事