使い方や改造方法など、シャローフリークでFシステムを組むときの色々を書いてみる

アジングやメバリングでは「ジグ単(ジグヘッドのみ)」戦略で釣りを展開している人がとても多いですが、ジグ単ではどうしても「風に弱い」「飛距離が伸びない」といった不満が出てきます。

そんなジグ単のデメリットを補うために「フロート」を取り付けることになりますが、フロートには「感度が悪くなる」というデメリットがあり、敬遠している人も多いはず。

 

僕が良く通ってるエリアは「手前20mぐらいまで水深が50cm程度」とドシャローで、ジグ単の釣りでは釣りにならず、フロートを使った遠投ゲームが主となるのですが、そのエリアを攻めるときは決まって「シャローフリークによるFシステム」をリグります。

このシャローフリークを使ったFシステム、フロートの弱点でもあった「感度悪い問題」を難なくクリアでき、なおかつ超遠投性に優れたリグなので、正直これで釣れないとかあるの?って感じ。

 

今回は僕のメバリングには絶対に欠かせないアイテムである「シャローフリーク」の使い方や、使用を快適にする改造方法など、Fシステムのイロハを書いていくので、アジングやメバリングなど、ライトゲームの引き出しを増やしたい人はぜひ読んでみて下さい。

シャローフリークの基本

IMG_0232

シャローフリークを使いこなすには、「リグり方」「ロッドやラインの選別」「種類別の使い分け」を知る必要があるので、まずはその辺りについてお話を。

Fシステムの付け方

shallowf_top0032

引用:アルカジックジャパン

 

画像はアルカジックジャパン公式より引用させてもらったのですが、シャローフリークのリグり方としては見たまんま。

本来は切り捨てていた「ショックリーダーの切れ端」を10〜20cmほど残しておき、そこにシャローフリーク本体を取り付けるというシンプルなものなので、特に難しいことはなく誰にでもリグれちゃいます。

 

あまりに細いリーダーを使うと「キャスト時にシャローフリークだけが飛んでいく」と、なんとも情けないトラブルが多発するので、ショックリーダーはなるべく太くすることをオススメします。

僕の場合はフロロカーボン10lb〜12lbを使ってるので参考までに。

 

また、(ウエイトにもより変わりますが)シャローフリークには「残浮力」が設定されており、オーバーウエイトなジグヘッドを付けてしまうと「沈んでしまう」のでご注意を。

僕の場合はノーシンカー〜0.4gまでのジグヘッドを使ってます。

ロッドやラインの選び方

シャローフリークはフローティングタイプであれば「7.5〜15g」、ダイブタイプであれば「8.1〜16,6g」と、重めのウエイトに設定されています。

なので、通常のジグ単使用をメインに作られているアジングロッドやメバリングロッドではオーバーウエイトとなることが多く、最悪ロッドの破損に繋がることがあるので注意して下さい。

 

チューブラーロッドであれば「1〜7g」までを推奨範囲としているロッドは多いので、シャローフリークFの7.5、10.5まではなんとか使えるかなー・・・って感じ。

僕も昔は7gまでのチューブラーロッドで代用してたので大丈夫だとは思いますが、ご自身の判断にお任せします。

 

フロート用にロッドを購入する場合、フロートリグを使うことに特化したメバリングロッドを買うか、バチ抜け用のシーバスロッドなどがオススメです。

ちなみに僕はブリーデンのPEスペシャルを使ってます。

 

ラインについてですが、あまりに細いラインを使うと「シャローフリークごと海に投げ捨ててしまう」ことになるので、通常よりも強めのラインセレクトをオススメします。

僕の場合は「PEライン0.6号」「ショックリーダーはフロロカーボンの10lb」を使ってるので参考までに。

2タイプを使い分ける

シャローフリークには、フローティングタイプとダイブタイプ、2種類がリリースされているので、両者を使い分けることで戦略の幅を広げることができます。

フローティングタイプは「水面に浮く」タイプで、ダイブタイプは「水中に沈む」タイプです。

 

フローティングタイプは、表層にメバルが浮いている場合や、水深が比較的浅い場合にその威力を発揮します。ほんと、僕の地元の超シャローエリアではすっごく効果的で、シャローフリークを使うことで他の人より3倍も4倍も多くのアジやメバルを取ることできてます。

シャローエリアでの遠投ゲームにはなくてはならないリグなので、カバンに一つ入れておいて損はないと思います。

 

ダイブタイプはその名の通り、「沈む」ので、中層やボトムなど、広範囲に探りたいときにその効果を発揮します。ダイブタイプは浮力がなく、そのままにしておくと着底します。

根掛かりする可能性もあるので、その辺りは注意しておいて下さい。

 

シャローフリークの欠点である「面倒くさい」を楽にする改造方法

IMG_3571

 

すっごく便利ですっごく釣れるシャローフリークでのFシステムですが、リーダーの切れ端に付けるという性質上、【リーダーを結び直さなければいけない】という超面倒なデメリットがあります。

特にFGノットなど、現場では組みにくいノットの場合、マジで面倒です。

 

そこで、そのメンドクサイを改善するための改造方法(改造なんて大それたもんじゃないけど・・・)があるので、紹介しておきます。必要なのは、上の写真通り!

 

IMG_3576

 

方法は単純で、用意したショックリーダーを20cmほどにカットし、写真のようにシャローフリークを結束します。シャローフリークは10〜20cmを推奨しているので、この辺りの長さはお好みで大丈夫です。

僕は15cmほどでやってます。

 

そして結束側と反対方向に、なんでも良いので「スナップ」を取り付けます。アジング、メバリング用に販売されてるもので十分なので、既に持っているやつでも繋いでみて下さい。

これで準備万端!

IMG_3578

 

きったない図で申し訳ないのですが、後は図の通りに結束することで「シャローフリーク大改造」は終了です。

要するに、メインライン(リーダーつけても大丈夫)にユニットスイベルをつけ、先程作ったリグを取り付け、先端側に60〜1m程度ショックリーダーをつけることで、わざわざメインラインのリーダーを結び直さずともシャローフリークの使用が可能になる!ってこと。

 

ほんと、やるとやらないでは全然違うので、ぜひお試しあれ!ちなみにユニットスイベルはアルカジックジャパンからも出てるので、僕はそれを愛用してます。

Arukazik Japan(アルカジックジャパン) ユニットスイベル #10
Arukazik Japan(アルカジックジャパン) (2013-06-20)
売り上げランキング: 224,910

 

シャローフリークの使い方

シャローフリーク2つの使い方

  1. 超遅くリトリーブ
  2. ステイを入れて待つ

僕がシャローフリークを使うときは「フローティング」がほとんどで、ダイブタイプを使う機会はなかなかありません。なので、ダイブタイプの使い方については分かっていないことが多く、ここではフローティングタイプの使い方についてのみ触れていこうと思います。

 

シャローフリークの使い方ですが、基本的には「超ゆっくりリトリーブするだけ」で釣れてしまいます。

リールのギアにもよりますが、1秒間にハンドルを半回転させる程度のリトリーブ速度で反応を確認し、なければ1秒間に4分の1回転ほどのリトリーブで様子をみます。

 

メバルやアジの活性が高い場合、必ずといって良いほどアタリがあるので、その日の状況に合わせてリトリーブ速度を変えるなど、試行錯誤してみて下さい。

 

それでも反応がない場合、「ステイ」することで食ってくることがとても多いです。リトリーブ→シェイキング(竿先をプルプルするだけ)→ステイ→ガツン!!って感じ。

ステイといっても風や波でシャローフリークが動き、水中ではしっかりアピールしてくれるので、場合によっては20秒、30秒とステイすることで爆釣モードに入ることがあります。

 

ただ、PEラインを使う場合は「テンションを抜かない」ことが重要で、ステイするからといってラインをダルダルにしておくとアタリが分からず、本来であれば釣れていた魚を逃してしまうことに成りかねません。

PEラインの特性上、ラインテンションが抜けるとアタリが全く分からなくなるので、その辺りを意識しつつ、漂わせるようにステイすることで他を寄せ付けない圧倒的な釣果が得られる!!・・・かもです。

まとめ

ツリイコくん

シャローフリークは特に遠浅の超シャローエリアで活躍できるリグで、場合によっては他の人より2倍も3倍も釣果を伸ばせるほど優秀なもの。

カバンの中に一つ入れておくだけで戦略の引き出しを増やすことができるから、メバリング、アジングを楽しんでいる人には超オススメできるアイテムだよ!

スポンサーリンク

関連する記事