シーバスのやり取りについて「※これを知るだけでバラし率が極端に下がります」

シーバスゲームは、HITさせるよりもキャッチ(釣り上げる)ことのほうが難しい釣りでして、せっかく掛けた魚をバラしてしまうことがホント多いです。

特に80cmを超えるランカーサイズをバラしてしまったときの精神的疲労は凄まじいものなので、できるだけキャッチ率を高くしたい・・・ってのが、全てのアングラーきっての希望だと思います。

 

そこで今回は「シーバスのバラし率を極限まで下げることができるやり取りの方法」について色々書いていくので、「キャッチ率が悪い・・・」ってアングラーさんは参考にして頂ければと思います。

このページで分かること

  • ドラグ設定について
  • ラインテンションをかけたまま
  • 突っ込みへの対処方法
  • エラ洗いに上手く対処する方法
  • ロッドのしなりを活用する

ドラグ設定について

IMG_0509

※ドラグ:想定以上の力がかかったときにラインを自動的に放出するための機能

ドラグ設定に関しては「締めておく派」と「締めておかない派」で両極端に分かれると思います。(ファイト中ではなく、リーディング中の話)

 

締めておけば急な(シーバスからの)衝撃に柔軟に対処することができるだろし、緩めておけばアタリを弾くことなくHITに持ち込める可能性が高くなるから、要するに場合に合わせて設定するのがベストなんだけど、僕の場合は基本的に「(ドラグは)緩めておいたほうがいい」って思ってます。

 

やっぱりね、シーバスのアタリは「ガツン!」と急にくることが多いから、ドラグを締めすぎていればどうしても掛かりが悪くなり、結果としてバラすことが多くなってしまいます。

ドラグを緩めておくことで食い込ませが良くなり、結果として「バラし率を軽減」することができる・・・って僕は考えてるので、まぁこの辺りは自分の好みによって調整して下さい。

ラインテンションはかけたまま

シーバスをバラさないために絶対やってはならないのが、「ラインテンションを抜いてしまう」ということ。

ドラグを調整するときや、タモ網の準備をするときにどうしてもラインテンションが抜けてしまいがちになりますが、テンションを抜くことでフックを外す余地をシーバス側に与えてしまいますので、注意してやり取りするよう心がけて下さい。

 

ラインテンションを一定に保つには、リールを常に巻き続けること、どうしてもハンドルから手を離さなければならないとき(タモの準備とか)はシーバスの引きにを利用することが有効手段です。

ほんとね、ラインテンションを意識したやり取りをするだけで目に見えてバラし率が下がるから、ぜひ実戦してみて下さい。

突っ込みへの対処方法

根が荒いフィールドやバース周り、テトラポット周辺でシーバスとやり取りを行う場合、シーバスがストラクチャー(障害物)めがけて一気に突っ込んでいくときがあります。

PEラインがスレたり根に巻かれたりするとキャッチすることが困難になる(ていうか無理)ので、如何にシーバスの突っ込みをいなせるやり取りをできるかが、キャッチ率を上げるキモとなります。

 

このような突っ込みに対処するには、魚の引きに対して反対方向にロッドを向けることが大事で、要するに魚の進行方向とは逆の向きに引っ張ることで、突っ込みを無効化することができる・・・って感じ。

 

ただ、サイズが大きなシーバスだったり、ドラグ設定が合わずにラインが放出された場合、ロッドパワーだけではどうしても対処することが難しくなります。

だからといってドラグ設定を調整する間もないですから、このような場合は「スプールを(軽く)指で抑えること」で、ラインの放出を物理的に止めることが有効的です。

 

あまりに突っ込みが激しい場合はどうしようもないときもありますが、対処法を知っているかどうかでキャッチ率は大幅に上がると思うので参考までに。

エラ洗いの対処方法

シーバスはファイト中、「エラ洗い」と言われる行動をとることが多いです。

やり取りの最中、水面が近くなってくるとシーバスが水面から飛び出し、エラを大きく広げ首を左右に振る行動をエラ洗いと呼ぶのですが、首を左右に振られることでフックが外れてしまう可能性が高くなり、結果としてバラし率が上がってしまうことになっちゃいます。

 

なので、エラ洗いを「未然に防ぐ」ことが重要なのですが、シーバスにエラ洗いをさせないためには、それ相応のテクニックを使ったやり取りが要求されます。

 

具体的言うと、水面近くにシーバスが浮いてきたと感じた場合、ロッドを縦に持つのではなく、水中にシーバスを押さえつけるようにロッドを水面近くまで押さえ込みます。

こうすることでシーバスは水面を割って飛び出すことができない状態に陥り、エラ洗いをさせないための状況をアングラー自ら作り出すことができる・・・って感じ。

 

エラ洗いをされるとすっごく高確率でバレちゃいますので、(エラ洗いを防ぐ)やり取りをすることを意識し、シーバスとの駆け引きを楽しんで下さい。

ロッドのしなりを使い、焦らずゆっくり対処することがほんと大事

特にシーバスをあまり釣ったことない人がやりがちなミスですが、シーバスがHITしたことによる興奮と焦りによって、なりふり構わずリールをゴリ巻きしちゃう人がほんと多いです。

もちろん、ゴリ巻きが必要な場面もありますし、ゴリ巻きでキャッチできることも多々あるでしょうが、基本的なシーバスとのやり取りは、焦らず冷静に対処することが大前提であることを分かっておいたほうが良いです。

 

シーバスが激しく引くときはロッドのしなりを使って対処し、引きが弱くなった時点でリールを巻いて寄せてくる。この繰り返しを焦らず行うことで、非常に高確率でキャッチすることができます。

気持ちが焦れば色々な所でミスが増える(タモ入れをミスったりね)ので、メンタル面を強化することで、より確実にシーバスをキャッチすることができるので、その辺りを徹底してみて下さい。

 

以上、高確率でシーバスを釣り上げるための「やり取り」についてでした。

スポンサーリンク

関連する記事