【シーバス】沈み根を狙ってみよう! 

このページではシーバスが潜んでいる可能性が高い【沈み根】の攻略方法についてお話していくのでどうぞ参考までに。

名のないシーバス

沈み根大好き!

シーバスは障害物に好んで着いていることが多い

海の魚は何となく【活発に動き回りエサを捕食している】イメージが強いですが、シーバスに関しては「何かしらの障害物(ストラクチャー)」へ身を寄せており、近づいてくるベイトを捕食している傾向が強いです。

もちろん、アチコチを回遊しながら活発に動き回るシーバスもいますが、このような障害物周りを攻めることで潜んでいるシーバスを狙い撃ちすることができるようになるので、目ぼしいポイントがあればガンガン狙ってみることをオススメします。

沈み根もシーバスが着いてることの多い一級ポイント

沈み根とは、目には見えない海底にある何かしらの障害物を指す言葉であり、岩であったり木であったり不法投棄された大きなゴミであったり・・・とにかく海底にある「沈んでいる何か」を沈み根と考えておけばオッケーです。

このような沈み根はシーバスを含む沢山の魚が見を潜めている一級ポイントになる可能性が高いので、その周辺を隈なくチェックすることで良い釣果を得られる可能性が高いです。

 

特に沈みテトラや人工的に設置された漁礁なんかは超一級ポイントになっていることが多いから、ぜひ狙ってみて下さいねー!

沈み根の攻め方

沈み根の攻め方ですが、単純に「付近にルアーを通してあげる」だけで(シーバスがいれば)ガツン!とHITします。

ただ、言わずとも沈み根はボトムにある障害物なので、ボトムからルアーを浮かせないリトリーブテクニックは必要不可欠。要するに、ルアーを如何に浮かせずに巻くことができるか・・・がキーポイントってこと。

 

そしてもう一つ重要なのが【沈み根をピンポイントに狙うこと】です。沈み根から1m、下手すら30cm離れるだけでシーバスの反応を得られなくなるときもあるから、如何にタイトにストラクチャーを狙えるかが釣果を伸ばす最大の鍵となります。

ストラクチャーをタイトに攻めるのはすっごく難しいテクニックだけど、シーバスゲームが上手い人は例外なくストラクチャーをピンポイントで狙えるスキルを持ち合わせているものなので、ぜひ会得してみて下さいね。

根掛かりを恐れない

根掛かりを過度に恐れすぎるとストラクチャーから離れた位置をトレースしてしまうことになり、結果として【シーバスを釣ることができない】なんとも残念な結果に終わってしまうことが多いです。

さっきも言ったように、沈み根に潜むシーバスを釣る場合、障害物から1m以上離れないことが重要です。根掛かりを恐れるあまりストラクチャーから遠い位置にルアーを通しても意味がないので、その辺りは徹底しておくべきです。

 

正直、根掛かりを恐れている限りシーバスをコンスタントに釣ることは難しいと思うのでよろしくどうぞ。

以上、沈み根に潜むシーバスを攻略する方法でした!

スポンサーリンク

関連する記事