シーバスをミノーで釣る!【※動かし方や使い方についてを解説!】

シーバスゲームにおいてある意味スタンダードとされる「ミノー」ですが、使い方が分からなかったり、動かし方が分からなかったり・・・。

色々悩んでいる人も多いと思うので、このページでは「ミノーを使ってシーバスを釣り上げる方法」についてお話していきたいと思います。

そもそもミノーってなに?

ルアーフィッシングでは当たり前のように出てくる「ミノー」という言葉ですが、ミノーとはルアー形状の種類のことを指す言葉で、他にはバイブレーションやシンキングペンシルなどの種類があります。

ミノーの特徴としては、【小魚に似たリアルな形】をしており、巻くことで小魚が泳いでいる演出をすることができ、ロッドアクションをつけることで逃げ惑う小魚を演出することもできます。

 

また、同じミノーであってもローリング主体のタイプと、ウォブリング主体のタイプがあるので、できれば両方のタイプを所有しておくほうが何かと便利です。

チェック!

  • ローリング-正面から見て左右に傾く動き
  • ウォブリング-上から見て頭を振る動き

ミノーは大きく分けて2種類ある

ミノーの種類

  • フローティングミノー
  • シンキングミノー

同じミノーでも、タイプによって使い方や動かし方が変わってくるので、購入時や使用時には使用状況に合わせた選択が必要となります。

いずれにせよ、両者共に(シーバスゲームでは)無くてはならないルアーであり、使用頻度も凄く高くなります。フローティングミノー、シンキングミノー、両方所有しておくほうが色々便利なんで、ぜひ揃えておいて下さいね。

フローティングミノー

フローティングミノーとは、その名の通り【水に浮く】タイプのルアーであり、水面〜1mほどの水深を探るときに活躍するルアーです。

活性が高くボイルしている状態や、表層付近でベイトを追いかけ回している状態で非常に活躍するルアーであり、また、フィールドに着いてすぐのサーチ的役割として使用することも多いです。

 

一言でフローティングミノーと言っても種類によって狙えるレンジは様々で、「全く沈まないもの」もあれば、「1mのレンジを探れるもの」、細かく分けると「50cmのレンジをキープできるもの」もあります。

フローティングミノーは巻くだけで一定層をキープしながらリトリーブすることができるので、シーバスがいるレンジが表層であり、ある程度のレンジを把握できているときに凄く活躍します。

シンキングミノー

シンキングミノーはフローティングミノーの反対で、「水に沈むタイプ」のミノーです。フローティングミノーでは届かないレンジにシーバスがいる場合に使うべきルアーの一つです。

沈下スピードが速いタイプのもの、反対に(沈下スピードが)遅いタイプのものなど、メーカーやシリーズによって細部にまでこだわっているルアーが多く、数多く所有しているほうが戦略的に圧倒的有利になることは間違いありません。

 

ただし、いくらシンキングミノーが沈むタイプのルアーだからといって、あまりにも水深があるエリアには適していません。水深が10mとか20mとかの場合は、より沈下速度の速いバイブレーションなどを使うほうが効率が良いでしょう。

シンキングミノーは水深3m〜5m程度の場所で使うほうがその特性を強く活かすことができるので、参考までに。

サイズの選び方

ミノーは50mm〜150mm程度のサイズで細かく細分化されてることが多く、買う時は【どの大きさを買えばいいのか分からない】ってことが良くあります。

まぁそこまで意識する必要はありませんが、使う(ルアーの)大きさによって釣果に影響することも考えられるので、大きなもの、小さなもの、それぞれ2〜3個程度はルアーケースに入れておきたいものですね。

 

僕がルアーサイズを決めるときは、主に【どのような場所で使うか】と、【ベイトの大きさ】を意識してます。

例えば橋脚周りなどの小場所をピンポイントで狙うときは小さめのルアーで、だだっ広い大型河川の場合はアピール力を強めるために大きなルアーを使うようにしてます。

 

また、その日のベイト(シーバスが食べているエサ)によってサイズを合わせることもあります。小さいイワシを食べてるときは小さなルアー、大きなボラっ子を食べてるときは大きめのルアー。まぁこんな感じ。

カラーの選び方について

このサイトを隈なくチェックしてくれている人であればご存知だろうが、僕は(それほど)ルアーカラーに関してシビアになっているほうではないです。

【自分が好きなカラーを使う・・・】こんな感じですね、はい。

 

なので、色を選ぶというよりは【どれだけ目立たせるか】を基準にカラーセレクトをしてます。要するに、どれだけシーバスにアピールできるのかを考えるって感じ。

例えば、デイゲームだと太陽光の反射によるリアクションバイトを狙うことが多いので、光を反射しやすいルアーを選んだり、ナイトゲームで全く光のないエリアで釣りをする場合、チャート系など比較的視認性の良さそうなカラーを使ったり・・・

 

正直ルアーカラーセレクトについては大体で大丈夫です。自分の中である程度の推測を立て、釣れるまで色々試してみることが一番大事。

ミノーの使い方や動かし方

ミノーはこう使う!

  • ただ巻き
  • トゥイッチ
  • ジャーク
  • ドリフト

ミノーはフローティング、シンキングと色々種類があるものの、使い方や動かし方については似たようなものです。一つのミノーでも動かし方を変えるだけで色々な戦略を立てることができるので、色々試してみて下さい。

ただ巻き

シーバスゲームは【ただ巻き】が主流であり、あまり深く考えずにただ巻いているだけで釣れてしまうこともあるほどイージーな側面もあるのですが、ミノーに関してもそれが当てはまります。

ただし、何も考えずにただ巻くだけと、色々考慮した上で戦略的にただ巻いてくるのでは犬と猫ぐらい決定的な差が生まれてしまうのである程度の工夫は必要不可欠です。

 

まず意識したいのが、「均一に巻く」ということ。

リトリーブにムラがあったり、引いてくるレンジがコロコロ変わってしまうとシーバスから警戒されることになり、場合によっては釣果がガタ落ちしてしまうことも考えられます。

 

デイシーバスゲームをしてると、ルアーの後ろからシーバスが着いてきて「これはエサなのか?違うのか?」と迷った挙句、そのままUターンして帰ってしまう・・・ってことがよくあります。

やっぱりね、ルアーを追いかけてるシーバスを目視してしまうと、気持ちの焦りによりリトリーブにガタツキが出たり、ロッド操作が雑になってしまったり、ルアーに無駄な動きを与えてしまうことになるんですね、はい。

 

そうなるとシーバスの警戒心は高くなってしまい、ルアーだと見切られてしまうし、そうなったシーバスは当分の間警戒心を解いてくれることはありません。

この経験からやはり「無駄な動きがない均一なリトリーブ」はシーバスの警戒心を緩め、当然釣果にも良い影響が与えられるものと考えられますので、【どれだけ均一にリトリーブできるか】が釣果を分けるキーポイントであることは間違いない事実でしょう。

シーバスゲームは【ただ巻き】を極めることで釣果が爆上げする・・・って話

2017.05.22

トゥイッチ

トゥイッチとは、ロッドをチョンチョンと動かすことでルアーへアクションを付け加える動作のことを指す言葉で、リアクションバイトを狙う釣りをするときに多用されるテクニックの一つです。

トゥイッチをすることでルアーが左右にピュッ!ピュッ!と動くので、それを見たシーバスが思わず口を使ってしまう・・・←まぁこんな感じ。

 

使用するルアーによってアクション方法は若干変わりますが、僕が良くやるのはトゥイッチ3回→2秒ぐらい止める→トゥイッチ3回の繰り返しです。

この止めの間にガツン!とHITすることが多いので、食わせの間を作ってあげることは凄く大事だと考えてます。

ジャーク

トゥイッチはチョンチョンとロッドを小刻みに動かしアクションさせるテクニックですが、ジャークはロッドの煽り幅を大きくし、ルアーを大きく斜めにアクションさせるテクニックです。

ミノーでジャークをやった場合、恐らく水中では【瞬間移動】した感じになってることでしょう。目の前にあったはずのルアーが一瞬で他の場所に移動する。もうね、シーバスからしたら居ても立ってもいられない状態になり、パクっと口を使ってくれることでしょう。

ドリフト

主にフローティングミノーを用いてやるテクニックです。潮の流れに合わせてルアーを流し、待ち構えてるシーバスに究極のアピールをするための方法で、効くときにやると信じられない釣果を叩き出す伝家の宝刀。いや、ほんとに。

やり方は簡単で、アップクロス(上流側)にキャストし、後は流れのスピードに合わせて糸ふけを取るようにリトリーブするだけ。

 

例えば橋脚の後ろに回し込む形でドリフトさせることで、そこでベイトを待ち構えているシーバスがガツン!とHITします。

上級者向きのテクニックであることは間違いないですが、できるようになれば他のアングラーに差をつけることができるので、ぜひこのスキルを身に着けてみて下さい。

僕が使ってるオススメのミノーをちょっとだけ紹介

シンキングミノーのど定番ですね。アスリートを持っていれば他のシンキングミノーは要らない・・・そう思わせるほどよく釣れるルアーです。

ただ巻きはもちろん、トゥイッチとの相性も良いので色々な戦略が練れるルアーでもあります。

特に初心者さんにオススメしたいのが、ラッキークラフトのビーフリーズ。トゥイッチやジャークも得意ですが、このルアーはただ巻きするだけで凄く釣れるルアーなんで、とにかくキャストして巻きまくって下さい。

フローティングミノーの代表格です。ほんとよく釣れるし、見た目も可愛らしいので見ているだけでも飽きません。ルアーケースに一つは欲しい一品ですね、はい。

1500円以上のミノーが大半を占める中、このルアーだけは1000円を切る価格で売られていることが多いです。もちろん、安いからといって釣れない訳じゃないし、どちらかというと良く釣れるルアーの一つ。

バチ抜けシーズンにも効果的なので、1年通して使える万能ルアーです。

 

以上、ミノーでシーバスを釣る方法でした。

スポンサーリンク

関連する記事