シーバスの「エラ洗い」でバラしてしまわないための対策方法

シーバスがHITすると、フッキングしたルアーを取り外そうと「エラ洗い」と呼ばれる行動を起こします。今回はそんなシーバス特有とも言える「エラ洗い」について色々書いていきますので、どうぞ参考までに。

エラ洗いの対処法を知ることでキャッチ率が大幅にアップするよ

エラ洗いとは?なぜシーバスはエラ洗いをするのか

エラ洗いとは、シーバスが口についたフックを取り外そうと首を左右に振る行動を指す言葉であり、一般的には【水面からシーバスが飛び出し、左右に首を振る】ことをエラ洗いと呼びます。

実際は水面だけではなく、水中でも首を左右に振っているんですけどね。

 

何故シーバスがエラ洗いと呼ばれる行動を起こすのかと言うと、ルアーをエサと勘違いしたシーバスは、口の中へルアーを吸い込んだ瞬間に「あれ?なんかいつもと違う・・・」と違和感を覚えます。

その違和感を嫌うシーバスは、即刻口の中の異物を体外へ排出しようと吐き出しますが、ルアーにはフックがついているため上手く吐き出すことができません。

 

焦ったシーバスはなんとなして異物を体外へ吐き出そうと首を左右へ振り、水圧がなく、より異物を吐き出しやすくなる水面へジャンプし、水上でブンブンと首をする行動を起こすのです。これが「エラ洗い」の全貌です。

エラ洗いはシーバスゲームでの醍醐味とも言えますが、エラ洗いを頻繁にされるとフックアウト(針が外れる)する可能性が高くなりますので、キャッチ率を上げるためには【如何にエラ洗いをさせないか】が重要なファクターとなってきます。

エラ洗いをさせないためのロッドワーク

ロッドの角度が重要

ガツン!とシーバスがHITすると、慌ててこちら側へ寄せてこようとしてしまいがちですが、その行動はキャッチ率を下げてしまう要因となりがちです。慌ててロッドを立てたままシーバスを寄せてしまうと、シーバスの体力が有り余ってる内に水面へ寄せてしまうこととなり、シーバスが「エラ洗い」をしやすい状況下をアングラー自ら作り上げてしまうことになるのです。

シーバスがHITしてしばらくはロッドを横に寝かせ、シーバスを水面に浮かせないようにすることが先決です。こうしてシーバスの体力を徐々に奪い寄せてくることで「エラ洗い」のリスクを極限まで下げることができるので、結果としてキャッチ率が上がるってことになります。

エラ洗いされたときの対処方法

焦らず慎重に・・・

どれだけロッドを横にし、慎重にファイトしていても、エラ洗いされるときはどう足掻いてもされてしまいます。大事なのは、エラ洗いされたときにどう対処するかですので、焦らず慎重にやり取りして下さい。

具体的なエラ洗いの対処方法としては

こう対処する

  • ラインテンションを抜かない
  • シーバスの進行方向と逆にテンションをかける

この2つが大事な要素です。

ラインテンションを抜かない

シーバスがエラ洗いをすると、どうしてもラインテンションがフッと抜けてしまいがちですが、テンションが抜けるとフックアウトしやすくなり、つまり「バラしてしまう」ことになるので、ファイト中は常に【ラインテンションを抜かない】ことを前提にやり取りするようにしましょう。

■シーバスの進行方向と逆にテンションをかける

そもそもエラ洗いをさせないために「シーバスの進行方向と逆にテンションをかける」ことも重要なのですが、エラ洗いされた後にこそ、テンションの掛け方に気を使ったほうが良いです。

シーバスの進行方向と同じ方向へロッドを向けてしまうと、どうしてもラインテンションがフッと抜けてしまうタイミングができてしまいます。この一瞬の内にフックアウトすることがほんと多いので、ファイト中は常に意識を「ラインテンション」に向けておいたほうが良いでしょう。

 

また、シーバスのエラは非常に鋭利であり、PEラインがスレてしまうとスパッと切れてしまいます。ラインブレイクすると水中にラインという名のゴミを残すことになるし、シーバスへ無駄なダメージを与えてしまうことにもなるから、その辺りにも気を使い、シーバスゲームを楽しんで貰えればと思います。

以上、シーバスの「エラ洗い」に関するアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事