【シーバス】ドリフトのやり方を超具体的に解説!※図解あり

このページでは、シーバスゲームにおいて【できるようになっておいたほうがよいテクニック】の一つであるドリフト釣法について超具体的に解説していきます。

知ってると知らないでは釣果に圧倒的な差が生まれてしまうと思うので、ぜひ会得してみて下さいね!

ドリフト釣法って?

ドリフトっていうのは、潮や川の流れを利用し【ルアーを流しながら釣りをする】テクニックのことで、ベイトを待ち構えているシーバスへ超アピールができる非常に効果的な方法だよ!

ほんと会得してるとしてないじゃ、釣果に凄く差がでちゃうものだから、(ちょっと難しいけど)できるようになっておいたほうがいいね!

ドリフト釣法とは、流れにルアーを乗せ、流れの頂点にきたときにルアーを反転(ドリフトするように)させるテクニックのことで、時と場合によれば【え、釣れすぎじゃね?】ってぐらい効果的な場面があります。

ほんと、(シーバスゲームが)上手い人は例外なくドリフト釣法を会得してるし、もちろん僕も多用してます、はい。

ドリフトがやりやすいルアー

ドリフト釣法は(基本的に)ミノーであってもバイブレーションであってもシンキングペンシルであっても、どんなルアーでもできないことはないんですが、【やりやすいルアー】とそうでないルアーにハッキリ分かれるから、初心者の頃は「より簡単にドリフトできるルアー」を使うほうが良いです。

 

単純に、水に沈む自重が重たいルアーは流れに乗せにくいし、そもそも沈下スピードが速すぎて流すことができないルアーもあるから、ドリフトを練習するときは【軽くて水に浮くルアー】を使うほうが楽。

それに加えサイズが大きなものを使えば目視しながらドリフトを練習することができるので、正確には【サイズが大きく、なおかつ軽くて水に浮くルアー】を選んでおけば間違いないでしょう。

実戦できる場所

ドリフトは言わずとも【流れのある場所】でしか通用しないテクニックだから、潮の流れが速いフィールド、もしくは常時流れがある(比較的規模の大きな)河川、運河が向いてます。

特に最初の頃は「流れがそこそこある河川」で練習したほうが色々身につくことが多いと思うから、ぜひ参考までに。

流れのある場所だと無意識にドリフトってることもある

ドリフト釣法って聞くと【凄く難しそう】ってイメージが強いと思うし、実際難しいテクニックであることは間違いないんだけど、流れのある場所でルアーをキャストしていれば無意識にドリフトが成立していることも多いです。

真っ直ぐ投げても流れがあれば大小あれどルアーは流さながら帰ってきますからね、はい。

 

ただ、意識せずに(自動的に)ドリフトしているのと、明確な意思を持ちドリフト釣法というテクニックを用いているのでは、圧倒的な釣果の差がでることが多いので、次で【ドリフトのやり方】についてお話していきます。

ドリフトのやり方

ドリフトはこうやる!

  • 正面にキャストしドリフト
  • 上流へキャストし自然にドリフト
  • 下流からピンポイントでドリフト
  • 障害物へダイレクトドリフト

一言でドリフトと言っても、時と場合によって色々なテクニックを試す必要性があるので、ここでは【僕もよく多用するドリフトテクニック4つ】を紹介していくので参考までに。

正面にキャストしドリフト

正面

何も考えずに正面へキャストし、ルアーを流れに乗せながらリトリーブしていく【ドリフトの基本型】がこれ。

ただ、ほんとに何も考えずにリトリーブしてしまうと「ほとんど流されずに真っ直ぐ回収してしまう」ことになっちゃうから、流れに乗せつつゆっくりリトリーブしてくるのがコツ。

 

最初はルアーがどの位置にいるか分からなかったり、しっかり流されているのかが分からなかったり。とにかく感覚が掴めないことが多いと思うけど、そんなときは【ラインの動き】に注目することで(ある程度)把握することができるようになります。

ラインとルアーは言わずとも結ばれている訳で、ルアーの位置はラインが向いている方角を確認することができるし、ラインの動きに注目することで、ルアーの流れを察知することもできる。とにかく最初は何よりラインの動向を見ることが上達の秘訣です。

 

U字の頂点にくると巻き抵抗に変化があったり、クイっ!とターンした感覚が手元に伝わってくると思うから、その辺りも意識しておくことで綺麗なドリフト釣法を実戦することができますよー

上流から自然にドリフト

上流

流れの上流側へルアーをキャストし、自然にルアーを流しながらドリフトさせるテクニックです。

やり方は簡単で、上流方向へキャストし、糸ふけだけを取るようにゆっくりリトリーブするだけで成立します。ただし、リトリーブスピードが速すぎるとドリフトせずに【斜めに引いてきているだけ】になるので注意が必要。

 

上流からのドリフトテクニックは、広く広範囲に潜むシーバスを狙うときに有効なので、フィールドについてすぐはこの方法で探っていくのが理想的ですね。

下流からピンポイントでドリフト

下流

下流方向へキャストし、U字を綺麗に描くことができるテクニックです。

 

下流方向へキャストし、流れに乗せながらU字させたいポイントへルアーを持っていくイメージを持ち、リトリーブスピードを調整します。(糸ふけを取るだけで十分です)

U字ターンしたいポイントまでルアーを流すと同時にリトリーブスピードを速め、クイっ!とルアーの頭を上流側へ向けさせるような感じをイメージすることで綺麗なU字ターンを描くことができるようになります。

 

シーバスはルアーの【変化】に弱く、U字の頂点でルアーが反転したときにガツン!とHITすることが多いので、ぜひ試してみて下さい。

障害物へダイレクトドリフト

障害物ドリフト

少し難易度が高いですが、橋脚などのストラクチャーを狙いドリフトさせるテクニックです。

例えば図のように、普通では攻めきれない【橋脚の裏】へドリフトさせることで人的プレッシャーが比較的少ないシーバスを狙い撃ちすることができるようになります。

 

特に大きなランカーサイズのシーバスともなると自分から率先してベイトを追い回すことはせず、効率よく【待ち伏せ型】の捕食を行う傾向にあります。

葉数に橋脚の裏などに身を潜め、流れてくるベイトを捕食している・・・こんな感じ。

 

このように、流れてくるベイトを捕食しているシーバスには、ストラクチャーをピンポイントで狙うドリフト釣法が非常に有効的なので、ちょっと難しいですが、ぜひ実戦してみて下さい。

以上、シーバスゲームにおけるドリフト釣法の全てでした!

スポンサーリンク

関連する記事