サーフでシーバスを狙う!【※時期や使うべきタックルなど】

今回は、「サーフでシーバスを狙うときのアレコレ」についてのお話。サーフシーバスゲームの時期や時間帯、使うべきタックルセレクトなんかについてお話していくので、参考までに。

サーフでもシーバスを狙うことができるよ!

サーフでシーバスを狙うときのアレコレ

サーフでシーバスを狙うときは、ここを意識しておこう!

  • サーフは他フィールドより難易度が高い
  • 場所の選び方
  • 時期(シーズン)や時間帯
  • サーフでのタックルセレクト
  • サーフでオススメのルアー
  • ウエーディングについて
  • 具体的な狙い方

サーフでのシーバスゲームは回遊待ちの釣りになるため、他フィールドよりは難易度が高め

港湾部や漁港などでは、ある程度の「シーバスの付き場所」を予測し、狙い打つことができますが、サーフに関しては目で見て分かるストラクチャーや変化が少ないため、シーバスの居場所を特定することが困難となります。

というより、サーフに居着いているシーバスの絶対数は少なく、そのほとんどが「エサを求めて回遊してくるシーバス」となるため、所謂【回遊待ち】の釣りとなり、他フィールドに比べて難易度が高くなってしまう・・・と言わざるを得ません。

 

ですので、これからシーバスゲームを始めるような初心者の方や、港湾部や漁港でも安定した釣果が得られていないような人が敢えてサーフを選択する理由はありませんので、そのような人はとりあえず「サーフではなく、他の釣り場で経験値を積む」ことから始めてみることをオススメします。

メモ

サーフでのシーバスゲームは思っている以上に難易度が高い

シーバスが釣れるサーフの場所選びのポイント

シーバスを狙うときに選ぶべき「場所選びのポイント」は

  • 遠浅ではなく、比較的水深がある場所
  • ベイト(シーバスのエサ)が多い場所
  • 釣り人の数が多い場所

この3つです。では、1つずつ噛み砕いてみましょう。

遠浅ではなく比較的水深のある場所

サーフによっては、100m先まで水深が1mあるかないか・・・みたいな「遠浅」のポイントがありますが、どちらかと言うとそのような遠浅なサーフはシーバス釣りに適していません。

何故かと言うと、遠浅サーフではそもそものベイトの数が少なく、シーバスの回遊が見込めないから。遠浅なサーフよりは、10m先から急激に深くなっている所謂「急深サーフ」がシーバス釣りには適していますので、そのような場所を選択して下さい。

ベイトが多い場所

シーバスは、ベイト(シーバスのエサ)を求めてサーフへ回遊してきます。ということは、サーフにやってくる理由である「ベイトがいない(もしくは少ない)状況下」では回遊してくるシーバスの絶対数が減りますので、釣れる可能性が極端に低くなってしまうのです。

ベイトとなるイワシやアジが大規模で回遊しているようなサーフだったり、鳥の数が多い(鳥が多いのはベイトが多い証拠)サーフだったり、とにかくシーバスのエサとなるベイトフィッシュが沢山いるフィールドへ釣行することで、釣れる可能性を底上げすることが可能です。

釣り人が多い場所

サーフには、シーバス以外にもヒラメ、マゴチ、青物などを狙っているアングラーがやってきますので、釣り人が多い場所というのも、サーフ選びの重要な指標となります。

釣り人が多い=魚が釣れている、魚が釣れている=ベイトフィッシュの数が多いという式が出来上がりますので、釣り人が多いフィールドは凄く狙い目です。

復習

  • 遠浅ではなく、比較的水深がある場所
  • ベイト(シーバスのエサ)が多い場所
  • 釣り人の数が多い場所

 

サーフでシーバスを狙うときの時期(シーズン)や時間帯

サーフでのシーバスゲームは、極端に言うと「一年中狙える」のですが、やはりシーバスが深場に落ちる傾向にある冬は安定した釣果を得ることが難しくなってしまいます。

ですので、サーフでのシーバスフィッシングを楽しむときは「春〜秋」にかけて狙うのが一般的です。特に大量のベイトフィッシュが接岸し、フィッシュイーターたちの活性も高くなる秋の季節は最高のベストシーズンとなり、タイミングがあれば「バコバコシーバスが釣れる・・・」ってこともあるので、ぜひやってみて下さい。

 

また、中大型青物(ハマチ、カンパチ、ヒラマサなど)やヒラメ、マゴチなどの嬉しい外道がHITすることもあるので、ベイトフィッシュが大量に接岸している時期のサーフゲームはある意味「見境のない釣り」となり、非常にスリリングで楽しい釣りを展開することができますので、ぜひその楽しさを経験してみて下さいね。

メモ

冬以外の季節はいつでもいけるけど、ハイシーズンは秋

サーフでシーバスを狙うときの時間帯ですが、デイゲーム、ナイトゲーム、どちらでも成立します。安全面を考えるとデイゲームのほうが安心ですが、釣果的にはナイトゲームのほうが安定することが多いので、お好きな時間帯にどうぞ。

また、やはり「まずめ」の時間帯はよく釣れる傾向にありますので、釣行スケジュールを立てるときは、朝まずめ、夕まずめ、どちらかを狙えるタイムスケジュールを組みたいところです。

サーフシーバスゲームのタックルセレクト(ロッド、リール、ライン)

タックル選びは慎重に!

タックルセレクトにはハッキリとした正解はありませんが、「大体の目安を知りたい」という人も一定数いると思いますので、ここでまとめておきたいと思います。

サーフで使うべきロッド

まず、サーフでシーバスを狙うときにセレクトしたいロッドですが、基本的には「そこそこパワーがあり、長さがあるもの」を選ぶのが一般的です。

サーフでの釣りは【飛距離】を伸ばせたほうが圧倒的に有利ですので、最低でも9ft台、欲を言えば10ft以上のロッドをセレクトしたいところです。ロッドが長くなれば飛距離が伸びますからね。

 

また、サーフでの釣りはシーバス以外にも青物だったりヒラメだったり、パワーのある魚がHITする可能性が高いです。場合によってはブリやヒラマサがHITすることもあるので、嬉しい外道対策として「比較的パワーの強いロッド」を選んでおけば、何かと捗ります。

せっかくHITした大物を逃がすほど悔しいことはありませんからね、来るべき時に備え万全を期しておきましょう。

リール選びと巻くべきライン

サーフでのシーバスゲームは比較的長いロッドを使うため、バランスを取るためにも「大きめのリール」を合わせておくほうが良いです。ロッドとリールのバランスが悪ければ先重りしてしまい、無駄に疲労してしまうことになりますから。

シマノであれば3000〜4000番、ダイワであれば2500〜3000番が目安です。

 

ラインですが、飛距離と強度の両方を考え、「PE1号〜2号を150m以上」巻いておくことをオススメします。飛距離を優先するなら1号、強度を優先するなら2号・・・そんな感じです。

多魚種も狙えるように!オススメのルアーを紹介

サーフでシーバスを狙うときに、特にオススメのルアーを紹介しておきます。世の中には沢山のシーバス用ルアーがあり、サーフで使え、なおかつ釣れるルアーは沢山ありますが、今回は【初心者でも簡単に扱え、なおかつよく釣れるルアー】を2つピックアップします。

■サスケ裂波

サーフ定番のルアーです。シーバスはもちろんのこと、ヒラメ、マゴチ、青物、とにかくこのルアーを投げていれば何かしらの魚が釣れますので、とにかく信じて投げ続けてみて下さい。

使い方は「ただ巻き」オンリーでオッケー。リトリーブスピードを調整しつつ巻いていると・・・ガツン!とHITします。

■レンジバイブ

遠投が必要なシュチュエーションだったり、ベイトが小さい状況下ではレンジバイブ一択です。バイブレーションなので表層〜ボトムまで、様々なレンジを探ることができますので、一つは持っておきたい鉄板ルアー。

使い方は、ただ巻き、もしくはリフトアンドフォールです。

ウエーディングはしないほうがいい

サーフでは、時たま「ウエーディング(海に入りこんで釣りをする)」を楽しんでいる人を見かけることがありますが、特に初心者の人は絶対に真似しないで下さい。サーフは急に深くなっていたり、離岸流が発生したり、下手すりゃ海へ体ごと持っていかれる可能性もありますからね。

10mも20mも入り込むならまだしも、1mとか2m立ち込んだだけではそれほど状況は変わりません。つまりハイリスクローリターンとなり、それほど旨味がないってこと。

メモ

安全に楽しむのが大事

サーフでシーバスを釣るときの具体的な狙い方

サーフはこう攻略する

サーフでシーバスを狙うときの狙い方ですが、結論を言うと「釣れるまで信じて投げ続ける」こと、これに尽きます。サーフは目立ったストラクチャーがなく、釣れない時間が長くなればなるほど「ほんとに釣れるのかな?」と鬼神暗記になってしまいがちですが、信じて投げ続けなければ釣れる魚も釣れない魚となってしまいます。

ほんと、投げてただ巻き。余計なことはしなくても、これだけで釣れますから。

 

後は「ボイルを見逃さない」、「潮目を狙う」、「潮の変化に注目する」などがある程度の目安となります。また、シーバスはブレイク(駆け上がり)に沿って回遊している傾向にありますので、人がいない状況下であれば前ではなく、ブレイクに沿って横へキャストするのも一つの戦略ですね。

とにかく投げて巻く、サーフでのシーバスゲームはこれが大事!

以上、サーフでシーバスを狙うときのアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事