シーバスをポッパーで狙う!その時期と使い方について詳しく解説!

今回は、シーバスを「ポッパー」で狙うときのお話。シーバスと言えばミノーやバイブレーションで狙うイメージが強いですが、ある特定の条件が揃えば「ポッパー最強!」ってことも考えられるので、ぜひ参考までに。

ポッパーでシーバスを狙ってみよう!

ポッパーでシーバスを釣るときに知っておきたいこと

シーバスゲームと言えば、ミノーやバイブレーションをゴリゴリ巻いて狙うもの・・・というイメージが強いですし、そのイメージで正解ではあるのですが、実は条件さえ満たせば「ポッパーでも沢山のシーバスを釣る」ことはできますので、一つの引き出しとして「ポッパーを使う」という選択肢を用意しておきましょう。

では、シーバスゲームでポッパーを使う条件はどのようなものなのか?

ポッパーを使う条件

  • 有効的な時期
  • 時間帯を合わせる
  • ボイルしているとき

この3つが、シーバスをポッパーで狙うときの条件となりますので、一つずつ簡潔に見ていきましょう。

メモ

ポッパーはいつでも使える万能ルアーではないが、特定の条件を満たせば嘘のように釣果が爆発することも

シーバスポッパーゲームを楽しむ時期

シーバスの活性が高まる時期を狙おう

ポッパーは年がら年中使えるルアーではなく、時期限定で活躍するルアーです。具体的に言うと、シーバスの活性が低く深場へ落ちている「冬」の季節は論外で、春の季節も敢えて使う意味はありません。

ですので、シーバスの活性が高くなりやすい「夏〜秋」の季節がポッパーゲームには最適で、特にイワシなどシーバスのエサとなるベイトフィッシュが大量に接岸する秋の季節はポッパーに対し猛烈にバイトしてくることもあるほど高活性であることが多いので、ぜひ夏〜秋にかけての時期に、シーバスポッパーゲームを楽しんでみて下さい。

 

また、ポッパーを使う場所ですが、あまりにも水深が深い場所だと「シーバスがポッパーに気が付かない」という懸念が生まれますので、比較的水深の浅い場所で楽しむことをオススメします。(水深3m以下の場所がいい)

メモ

夏〜秋が最適な時期

時間帯はいつ?夜でもいける?

明るい時間帯に楽しもう

幾度となくデイゲーム、ナイトゲームでポッパーによるシーバスゲームを楽しみましたが、やはり夜の時間帯はポッパーへの反応が悪くなり、思い描いた釣果を得られないことが多かったので、ポッパーゲームに最適な時間帯は「明るい時間帯」だと認識しておきましょう。

特に「朝マズメ(→朝マズメは何時?)」の時間帯はシーバスの活性がフルに高いことが多く、ベイトフィッシュが入ってきたタイミングと朝マズメが重なると「え、こんなに釣れる?」と目を疑いそうになるほどポッパーへ好反応を示すことも多いので、ぜひこのタイミングでポッパーを使ったシーバスゲームを楽しんでみて下さいね。

メモ

ポッパーは夜ではなく、明るい昼の時間帯に使おう

ボイルしているときは激アツ

シーバスがベイトを追いかけ、水面を割るようにボイルしているときは大チャンスです。なぜなら、ベイトを追ってボイルしているシーバスは超高活性であり、水面を強く意識している状態なので、ポッパーに対しても好反応を見せる可能性が高いですからね、ボイルしている付近目掛け、ポッパーを投入してみましょう。

ボイルはベイトフィッシュの移動と共に起きる場所が変わるので、ずっと同じ場所へキャストするのではなく、ベイトフィッシュの動きを予測し先持ってルアーを投入するのが釣果を伸ばすコツです。ボイルから離れた位置へキャストすると目に見えて釣果が激減しますからね、「ボイルへピンポイントに撃つ」ことを意識するようにして下さい。

メモ

ボイルしているシーバスは超高活性!近くにポッパーを投げ、上手く口を使わせちゃいましょう

場を荒らしてしまうことも

ポッパーはスレやすい・・・

ポッパーは水面をスプラッシュさせ、そのときに発生するポップ音が遠くにいるシーバスを寄せてこれるぐらいはアピールの高いルアーであり、活性が高いシーバスに対し絶対的な効果を得ることができますが、その半面「高すぎるアピール力」がその場を荒らしてしまうこととなり、つまり「ルアーに対しシーバスがスレてしまう」ことになるのです。

ですので、フィールドに着いて一発目にポッパーを投入してしまうと場荒れを起こしてしまい、その後どのようなルアーを使ってもシーバスが反応しなくなった・・・ということが考えられるので、投入するタイミングを考慮しながらゲーム展開していく気持ちが大事。

 

特に人が沢山いるフィールドで一発目からポッパーを投入してしまうと「あいつ、何してるんだよ・・・」と白い目で見られることも考えられるので、その点も注意しておきたいところです。

メモ

ポッパーはどうしてもスレやすいため、「ここぞ!」というタイミングで使うのが◎

ポッパーの使い方

シーバスゲームでのポッパーの使い方ですが、上図のように「バシャ→ステイ→バシャ→ステイ・・・」を繰り返し行うことが基本です。ロッドを横にチョン、チョン、とアクションさせ、ポップ音を鳴らしながら上手く動かすのが釣果を伸ばすコツ。

また、ステイ時間が長くなりすぎるとシーバスにルアーだと見切られてしまう可能性があるので、ステイ時間は1秒〜2秒程度がオススメです。

 

後は水面を跳ねるようにポッパーを引き、水面を大慌てで逃げるベイトフィッシュを演出したり、チョンチョンチョンとステイを入れることなく引いてくるのテクニックもあるので、状況に合わせて色々なテクニックを使い分けていきましょう。

ちなみにツリイコ編集部的シーバスゲームにおすすめなポッパーは「ブルーブルー ガボッツ」と「ダイワ TDソルトポッパー」ですので参考までに。

以上、シーバスをポッパーで狙うときの釣り方や時期についてでした。

スポンサーリンク

関連する記事