予算1万円以内で買えるシーバスロッドまとめ【初心者の方は比較的安いロッドからエントリーしてみよう】

今回は、これからシーバスゲームを始める初心者の方でも、比較的手を出しやすい価格帯である【1万円以内で買えるシーバスロッド】をいくつかまとめておきたいと思います。

シーバスロッドって、高いものなら5万円以上しますし、2万円、3万円のロッドなんて当たり前のように売っているので感覚がマヒしてしまいがちですが、1万円以内のロッドでも「そこそこ高性能でそこそこ使えるロッド」は沢山あります。まずはその辺りの価格帯からシーバスゲームへエントリーしてみてはどうでしょうか?

最近はロッドの品質も高まってきていて、昔は2万円ほどしたロッドが今は1万円以下で買える・・・そんな感じ。

1万円以内で買えるシーバスロッドをご紹介

では、早速1万円以下で買えるシーバスロッドを紹介していきます。言わずともこの記事を執筆しているときの価格帯であり、当然買う店によっても値段は違いますので、あくまで大体の参考程度でお願いします。

メジャークラフト ファーストキャスト

比較的手が出しやすい価格帯でロッドをリリースし続けてくれている、お小遣い制アングラーの強い味方「メジャークラフト」から発売されているロッド、その名も【ファーストキャスト】

中弾性カーボンをメインマテリアルに設定されており、キャスト性能、魚とのやり取り、どれを取っても初心者に優しいロッドとして、シーバスゲームエントリーの手助けをしてくれます。

 

長さ別に6機種のラインナップがあり、使用用途別に使い分けれるのが嬉しいところ。

メジャークラフト ソルパラ

再びメジャークラフトのロッド、【ソルパラ】シリーズも、低価格帯で入手することができるシーバスロッドです。ファーストキャストより少しだけ値段が高くなりますが、一目でソルパラと分かる独特のデザインや、この価格帯で売られているとは思えないほどの高性能ぶりから、物凄く人気を集めているシーバス用ロッドです。

トップガイドには糸すべりの良い「SICリング」が採用されており、PEライン使用時のライントラブルを軽減してくれます。

 

良い意味でも悪い意味でも「普通なスペック」ですが、シーバスを釣るための最低限以上のスペックをこの価格帯で手に入れられる訳ですから、入門用には打ってつけのロッドだとは思います。

公式サイト

ソルパラ公式ページ

DAIWA リバティクラブ

釣具と言えばダイワ!と言うDAIWA派の人が1万円以内で手に入るシーバスロッドをお探しなら、「リバティクラブ」をオススメします。ダイワからリリースされているシーバスロッドの中で最も低価格なものですが、シーバスを釣るための最低限のスペックを兼ね備えているため、特にこれからシーバスゲームを始める初心者アングラーにオススメの一本です。

長さ別に7種類のラインナップがあるため、購入時は使用環境に応じたロッドを手に入れて下さいね。

シマノ ルアーマチック

シマノ派の人は、「ルアーマチック」を選びましょう。シマノからリリースされているシーバスロッドで最も低価格な価格で発売されており、性能的にも文句ない、初心者に大人気のロッドです。

見た目もこの価格帯とは思えない高級感溢れる仕上がりとなっており、所有欲も満たされます。

 

ルアーマチックはシーバスロッドの他にメバリングやブラックバスモデルもあるので、購入時は十分注意して下さいね。[S80L]、[S86ML]、[S90ML]がシーバス専用となってます。

他にも沢山のメーカーから「1万円以下で買えるシーバスロッド」がありますが、その中でもオススメなのが上記であげた4機種なので、ぜひ参考までに。

1万円以下の、所謂「安物ロッド」は魚とのやり取りや折れないかが心配

安物買いの銭失いが怖い

まず、1万円以下のロッドでのシーバスとのやり取りですが、規格外のサイズ(1mオーバーとか)でなければ問題なくキャッチすることは可能。後はアングラーの腕次第ですね。

 

僕が最初に買ったシーバスロッドは当時ダイワの8000円程度で買えたロッドでしたが、買い替えるまで(半年ぐらいで物欲に負け買い替えました)に恐らく50匹以上のシーバスを釣り上げましたし、80cmアップのシーバスもキャッチしています。

10年前でその品質ですから、今発売されている1万円以下のロッドは更に高性能になっていること間違いなしなので、安いからといってシーバスとのファイトが楽しめない・・・なんてことはないはずです。

 

次に【安いロッドは折れないか心配】ということですが、これに関しては「折れる可能性はある」としか言いようがありません。というより、3万円のロッドだろうが5万円のロッドだろうが、使い方が悪ければ簡単に折れてしまいますので、要は使い方の問題です。

安いからといって最初のキャストで折れたりはしないでしょうし、万が一折れたとしても無償で交換してくれるはずです。そもそも安いからといって簡単に折れていてはメーカーの恥となり、釣具メーカーとしての地位が恐ろしく低下してしまうので、すぐ折れるロッドを発売する訳がありませんからね。

メモ

大事に使えば1万円以下のロッドも長く使える

スポンサーリンク

関連する記事