ロックフィッシュを狙うときは「スピニングリール」「ベイトリール」どっちがいいのか問題

今回は、ガシラやアコウ(キジハタ)、オオモンハタやアカハタなどの【ロックフィッシュ】を狙うときは、ベイトリールがいいのか、スピニングリールがいいのか?という点についてお話していきたいと思います。

いずれにしても「ロックフィッシュゲームを楽しめる」ってことは間違いない事実ではあるんだけど、双方共にメリットに感じる部分、デメリットに感じる部分があるので、どうぞ参考までに。

結論を言うと、スピニングでもベイトでも、どっちでも楽しむことができるよ

スピニングリールを使うメリットとデメリット

まず、ロックフィッシュゲームでスピニングリールを使うときに得られるメリットと、失ってしまうデメリットをまとめておきます。

スピニングのメリット・デメリット

  • 飛距離が伸ばせる
  • ライントラブルが少ない
  • ドラグ性能が優秀
  • 巻取りパワーは劣る

では、一つずつ簡潔に見ていきましょう。

軽いルアーを遠くに飛ばせる(飛距離を伸ばせる)

遠くにルアーを飛ばすほど、スレていないフレッシュな個体との遭遇確立がアップするよ!

スピニングはその構造上「(ベイトリールに比べ)軽いルアーの遠投性能」に優れています。重たいルアーを使うときはベイトリールに分があるときもありますが、3gとか5gとか、軽めのリグをキャストするときはスピニングリールのほうが優秀です。

特に、大場所でロックフィッシュゲームを楽しむときは、「広く探っていく」ことが釣果を伸ばす鍵となりますので、スピニングリールの遠投性能は大きなメリットとなる訳です。

 

人が多い人気のポイントでは、近距離にいる魚は「ルアーを見慣れて」おり、要するにスレてしまっていることが多く、そのようなフィールドでは魚がルアーを見たことのないような場所、所謂「竿抜けポイント」へルアーを届ける必要性がありますからね、スピニングリールが活躍すること間違いなしです。

参考→竿抜けポイントとは?

メモ

軽量リグを遠くに飛ばしたいときは、スピニングリール一択

ライントラブルが少ない

トレブルレスで釣りを楽しみたいときはスピニングリールをセレクトしよう

ベイトリールではどうしても「バックラッシュ」と呼ばれるラインがグチャグチャになってしまうライントラブルリスクが常に付き纏ってきますが、ある一定のスペックを持ち合わせているスピニングリールともなると、「ほぼライントラブルのない」釣りを展開することができます。

最近ではエントリーモデルの性能も格段によくなってきてはいますので、1万円そこそこのスピニングリールであれば、ほぼトラブルフリーで釣りを楽しむことができるようにはなっていますよ。

 

ライントラブルが発生すると気持ちが落ちてしまいますし、下手すりゃ「その日の釣りを終わらせなくてはいけない」という状況にまで追い込まれることもあるので、【少しでもライントラブルリスクを減らしたい】って人は、スピニングリールでロックフィッシュゲームを楽しめばいいんじゃないかな?とは思います。

メモ

トラブルが起きるリスクを極限まで少なくしたい人はスピニングリールをセレクトしよう

ドラグ性能が優秀

リールのドラグ

リールには、想定以上の負荷がかかったときにラインを自動的に放出してくれる「ドラグ」と呼ばれる機能が付いていますが、ベイトリールに比べるとスピニングリールはこの【ドラグ性能】が優秀ですので、ドラグを出しながら魚とやり取りを楽しみたい人は、スピニングリールをセレクトしておきましょう。

ドラグ性能の質がよくないリールを使ってしまうと、急な魚の突っ込みでラインが切れてしまったり、テンションの掛け過ぎによる「魚のバラシ」が多くなってしまい、結果として機会損失が増えてしまいますからね、少しでもドラグ性能が良いリールを使うことにより【無駄なトラブル】を防ぐようにしておきたいところです。

メモ

ドラグ性能は釣りを有利に展開するための必須機能

パワーはベイトリールに劣る

ガチンコ勝負には負けてしまう・・・かも!?

スピニングリールはその構造上、ハンドルを回すことでスプールを直接回転させることができませんので、どうしても【ベイトリールに比べると巻取りパワーが弱く】なってしまいます。

30cmまでのロックフィッシュであればそれほど気にならないデメリットではありますが、根の荒い場所での大型ロックフィッシュとのファイトは「如何に素早く根から離すか」が勝負の鍵となってくるので、そのようなガチンコファイトを強いられるような状況下では「スピニングリールは不利」と言わざるを得ませんね。

 

とにかく魚を掛けた後はゴリ巻きで魚を寄せてくる・・・そのようなスタイルでロックフィッシュゲームを楽しみたい人は、スピニングではなくベイトリールをセレクトしたほうがいいと言えるので参考までに。

メモ

スピニングリールは、どうしても巻取りパワーが弱くなってしまう

ロックフィッシュゲームで使うスピニングリールの選び方

リールの選びかた

ロックフィッシュゲーム使うリールを選ぶときのポイントですが、「番手」、「ギア比」、「耐久性」を主に、使うべきリールを見極めていきましょう。

個人的に使っているスピニングリールのお話ではありますが、番手は「(シマノの)2500番手」、「ハイギア」、「耐久性がそこそこある価格帯のもの」を使っています。具体的な名前を挙げると「ツインパワー2500HGS(→インプレ)」です。

 

番手は最低でも2000番手以上のものを使い、ギア比に関しては好みが分かれるとは思いますが、魚を掛けた後一気にゴリ巻きすることを想定し「ハイギア以上のもの」をセレクトしておけば間違いありません。

耐久性に関しては使ってみないと何とも言えませんが、「あまりにも(値段が)安価なもの」でなければ基本大丈夫だとは思います。安すぎるリールだとどうしても使われている素材が弱いので、壊れてしまう可能性が高くなってしまいますから。

メモ

番手は2000番以上、ギア比は「ハイギア」がオススメ

オススメのスピニングリール

ツリイコ編集部や、周りの友達で使っている人が多い、ロックフィッシュゲームにオススメなスピニングリールを幾つかまとめておくので参考までに。

シマノ ツインパワー

15ツインパワーはロックフィッシュゲームで個人的に使用しているリールですので、自信を持ってオススメできます。巻感、パワー、ドラグ性能、どれを取っても文句なしのスペックなので、ぜひご活用あれ。

シマノ ツインパワーXD

ツリイコ編集部やその周辺で使っている人が最も多いスピニングリールです。ただし、3000番からしかラインナップがありませんので、「比較的大きなロックフィッシュを狙うとき」向けなアイテムです。

ダイワ セオリー

ダイワ セオリーは個人的にロックフィッシュゲームで「3g程度の軽量リグ」を扱うときに使っているリールです。この価格でこのスペックを持っているの?とびっくりするほどコスパの良いリールですし、なにより自重が軽く疲労感を軽減できるのが非常に強みです。

ベイトリールを使うメリットとデメリット

続いて、ロックフィッシュゲームでベイトリールを使うときに得られるメリットと、失うデメリットについてまとめていきます。

ベイトリールのメリット・デメリット

  • 手返しが良い
  • 巻取りパワーが強い
  • ボトムを取りやすい
  • ライントラブルが多くなる
  • 海での使用はメンテが面倒

圧倒的に手返しが良い

一日のキャスト回数が増やせるよ

ベイトリールはスピニングリールに比べ、圧倒的に「手返しが良い」というのが一番のメリットです。また、キャスト精度も優秀なので、テトラ際を攻めたり、ストラクチャーをタイトに攻める釣りにも向いています。

スピニングリールでは、指でラインを押さえ、ベールを上げ、モーションに入り、キャスト!という流れになりますが、ベイトリールだと「クラッチを押し、そのままキャスト」となり、要するに【キャストするまでの流れを短縮】できる訳ですね。

 

ルアーフィッシングは、とにかくキャスト回数を増やし魚との接触機会を高めることで「釣果が伸ばせる」と言っても良い釣りなので、ベイトリールの「圧倒的手返しの良さ」を利用し、一日のキャスト回数を増やすことにより多くの根魚を釣っちゃいましょう!

メモ

手返しが良くなればキャスト回数を増やせる

巻取りパワーが強い

ゴリ巻きで魚を寄せられる!

ベイトリールはスピニングリールとは違い、ハンドルを回した力をそのままスプールに反映させることができますので、(スピニングリールと比べると)巻取りパワーが強くなります。

巻取りパワーが強くなれば、根が荒い場所でHITした根魚であっても楽々寄せてこれることになり、結果として【バラシを軽減し、釣果を伸ばすこと】ができるようになる訳ですね。

 

一度根に潜られてしまうと極端にキャッチ率が低くなってしまうので、ベイトリールの持つ「巻取りパワーのメリット」を活かし、より多くのロックフィッシュをゲットしちゃって下さいね。

メモ

巻取りパワーが強いのは、ロックフィッシュゲームでは物凄く大きなメリット

ボトムを取りやすい

なんだコレ?

根魚は、読んで字の如く「根に近い場所」に身を潜めている魚なので、基本として【ボトム周辺を攻める】というのがセオリーとなってます。そのため、ボトムが取れない(ルアーを着底させることができない)と目に見えて釣果が激減しますのでご注意を。

ベイトリールはラインがダイレクトにスルスルスル・・・と放出されるので、その流れが止まったときが【着底の合図】となり、スピニングリールと比べると「ボトム着底が分かりやすい」というメリットがあります。

 

スピニングリールではボトム着底把握が難しいシチュエーションもあり、特に釣りを始めたばかりの初心者アングラーにとっては「ボトムを取る」ことは一つの鬼門とも言えますので、着底把握が苦手な人はベイトリールを使うってのも一つの手ですね。

メモ

ベイトリールは着底把握が超簡単

ライントラブルが多くなる

ベイトリールはキャスト難易度が少しだけ高いよ

ベイトリールは、スプールを回してラインを放出するため、あまりに勢いよくキャストしてしまったり、着水時にラインの流れを止める動作(サミング)を行わないと、ラインがグチャグチャになる所謂「バックラッシュ」が起きてしまいます。

特にPEラインでバックラッシュを起こしてしまうと復旧するのが困難となり、その日の釣りを継続することができなくなった・・・ってのはよく聞く話なので、まずはバックラッシュが起きても直しやすいフロロカーボンラインでキャスト練習することをオススメします。

メモ

ライントラブルが不安な人はスピニングリールを使用しよう

海での使用はメンテナンスが面倒

塩噛みは故障やサビの原因となっちゃう

ベイトリールはその構造上、リールの巻き上げと同時に内部に海水を巻き込んでしまうので、海での使用は「メンテナンス」が面倒です。しっかりメンテしていたつもりでも塩噛みしたりサビたりしてきますので、定期的なオーバーホールが必要・・・など、余分な出費が嵩むのがデメリットとなりますね。

特に海水対応していないベイトリールを海で使ってしまうと高確率で壊れてしまうので、その辺りの徹底に気を使いましょう。

メモ

メンテが苦手な人にはスピニングリール使用を推奨します

ロックフィッシュゲームで使うベイトリールを選ぶときの色々

ベイトリールの選び方

ロックフィッシュゲームで使用するベイトリールを選ぶときのポイントは、「海水対応モデルである」「使用するルアーの重さ」「糸巻き量」「ギア比」、この4つを意識して下さい。

先ほどもお話した通り、海水対応モデルでないベイトリールを海で使用すると故障の原因となりますので、必ずチェックしておくことを徹底しておいて下さいね。

 

使用するルアーの重さですが、ハードロックフィッシュに分類される釣りでは15〜30gほどのルアーを使うことが多くなるので、通常のベイトリール、3gとか5gのルアーをメインに使うときは、「ベイトフィネスモデル」を選ぶようにして下さい。

ここの選択を間違えると「まともにキャストできない・・・」ってことになりますので、十分ご注意を。

 

糸巻き量はハードロックフィッシュだと最低でもPEライン100m以上、ライトロックフィッシュでは50mもあれば十分で、ギア比は(基本的に)ハイギアモデルがオススメです。

ハンドル一回転辺りの糸巻量が多くなればなるほど、根に潜ろうとするロックフィッシュをゴリ巻きで浮かすことができるようになりますからね、個人的にもハイギアモデルのベイトリールを使うことが多いですし、推奨します。

メモ

海水に対応しているかだけは必ずチェックしておこう

オススメのベイトリール

個人的に使用しているベイトリールをここで紹介しておきます。

シマノ エクセンスDC

シーバス用のベイトリールとしてリリースされていますが、ハードロックフィッシュゲームに使っています。少々お値段は高いですがスペック的には最高で、見た目も格好いいのでとても満足しています。

何よりキャスト時の「DC音」が最高です。

シマノ スコーピオンBFS

5g程度のリグをメインに扱う、所謂「ライトロックフィッシュゲーム」では、スコーピオンBFSを使っています。比較的安価で発売されているモデルであり、ソルトベイトフィネス入門に最適なベイトリールですので、ぜひ使ってみて下さい。

状況に応じてスピニングとベイトを使い分けるのがベスト

両方あれば便利

ここまで、ロックフィッシュゲームではスピニングリール、ベイトリール、どちらを使うのが良いのか?という体で話を進めてきましたが、詰まるところ【両方使い分けたほうがいい】という結論に至りますので、予算が許すのであれば両セット揃えておくに越したことはありません。

例えば水深が深く飛距離が必要な場面では「スピニングタックル」を使用、足元や障害物などをピン撃ちするような場面では「ベイトリール」を使う・・・こんな感じです。

 

両方のタックルを用意しておくことで如何なる場面にも対応できるようになり、どのような場面であっても最高の釣りが展開できるということは、即ち「釣果にも好影響を与える」ということに繋がりますからね、オススメです。

メモ

スピニングリール、ベイトリールを使い分けることで最大限の釣果が望める

以上、ロックフィッシュを狙うときのリールセレクトのお話でした。

スポンサーリンク

関連する記事