【ロックフィッシュ(アコウやガシラなど)】リリースするサイズを決めておき、資源確保に努めよう!

今回は、釣れたアコウやガシラなどのロックフィッシュを「リリース」するかどうかのお話。小さいサイズから大きいサイズまで、根こそぎ持ち帰ってしまえばたちまち魚の数が減ってしまうので、リリースするサイズ、持ち帰りサイズを自分の中で決めておき、資源確保に努めましょう。

できる限り逃してあげてね

無駄な持ち帰りはロックフィッシュの数を少なくする

ロックフィッシュはそもそもそれほど個体数が多い魚ではなく、更に成長スピードや一度の産卵で生む子供の数が多くないため、一度釣りきってしまうと途端に「その場所から姿を消す」ことになります。

こうなればその場所でリリース釣りを楽しむことができますし、将来的なロックフィッシュの資源数も激減してしまうため、釣れたロックフィッシュはなるべくリリースするようにし、その場の資源確保を意識するのもアングラーの努めだとは思っています。

 

とにかく釣れたロックフィッシュは全て持って帰る・・・そんなことをしていればたちまちロックフィッシュの個体数が激減することになるので、自分の中での「持ち帰りサイズ」「匹数」を決めておき、持ち帰りは最小限にしておきなるべくリリースすることを意識しながら、ロックフィッシュゲームを楽しんでもらえればと思います。

メモ

無駄な乱獲は止めておこう

リリースサイズはどれくらい?

どのサイズから持ち帰りオッケー?

(魚種によりますが)ロックフィッシュは15cmほどになるまで2年ほどかかると言われており、非常に成長が遅い魚です。そのため、釣れたサイズによって「リリースするかどうか」を決めるのが好ましいですが、一体何cmから持ち帰っていいのか?凄く悩みますよね。

明確なルールが定められている訳ではないため、自分の中での「持ち帰りサイズ」を決めておくのが一番ですが、ツリイコ編集部的には魚種問わず「20cm以下の根魚はリリースする」というルールの元、ロックフィッシュゲームを楽しむようにしています。

 

そもそも15cmとかその辺りの根魚を持ち帰ったところで身が少なく美味しく頂くことができませんからね。20cm以上の根魚であればそれなりに身がありますし、非常に美味しく頂くことができるので、できる限り「20cm以下の魚はリリースする」その気持を持って釣りを楽しんでもらえればと思います。

メモ

20cm以下の根魚はリリースしよう

持ち帰る匹数を決めておこう

必要以上のキープは止めておこう

例え20cm以上のロックフィッシュがバコバコ釣れたとしても、食べきれない量の魚を持ち帰るのはどうかと思いますので、キープサイズ同様、「持ち帰る魚の匹数」にも自分ルールを設けておきましょう。

例えば20cm以上の魚が20匹釣れたとしても、そんなに多くの魚を自分たちだけで消費するのは難しいですよね。

 

なので、仮に20匹の魚が釣れたとしても「持ち帰るのは5匹にしておこう」そう自分の中で制限を設けることで、ロックフィッシュの個体数激減に少しでも歯止めを効かせられることになりますからね、無駄な持ち帰りはせず、なるべくリリースしてあげるようお願いします。

メモ

自分たちだけで消費できる匹数だけを持って帰ろう

卵持ちは極力リリースしよう

釣れるロックフィッシュの中には、「卵を持っている魚」も交じることがありますが、このような卵を持っている個体はサイズ問わず「リリースする」ことを推奨します。

卵を抱えている魚にはより多くの子供を生んでもらい、ロックフィッシュの個体数を多くしてもらわなければいけませんからね、このリリースが回り回って将来的にロックフィッシュゲームを楽しむための環境を作り上げていく結果となるので、なるべくリリースしてあげることをオススメします。

 

「お腹が膨れている気がする・・・」そんな個体は高確率で「卵を持っている」ことが多いため、パッと目で見るだけで卵持ちかどうかを判断することができます。怪しいな・・・そう感じたときはその直感に従い、リリースしてあげて下さいね!

メモ

卵持ち個体には沢山の子供を生んでもらおう!

弱らせないようリリースしてね

死んじゃえば意味ないよ

ロックフィッシュをリリースしたところで、その後死んでしまえば意味がありません。そのため、釣り上げた後は写真撮影や無駄なキープは止めておき、なるべく早く海に帰ってもらうようにしましょう。

あまりにも弱った個体をリリースしても死んでしまうだけなので、「弱らせてしまった」そんなときは、サイズ問わず持ち帰って美味しく頂くのもアングラーの責任ですね、無駄な殺生からは何も生まれませんから。

 

また、深場から釣り上げたロックフィッシュは浮袋が膨らみ、リリース後に自力で潜ることができず結果として死んでしまう・・・ということが多いらしいので、「エアー抜き」をしてからリリースしてあげるのも一つの手ですね。

ロックフィッシュのエアー抜きに関しては参考になる記事(外部サイト)を見つけましたので、そちらを参考にどうぞ。

https://pagos.jp/?p=108694

メモ

なるべく弱らせないようにリリースしよう

以上、ロックフィッシュの「リリース」に関するアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事