ロックフィッシュ(アコウ、ガシラなど)を釣るときはPEライン、フロロカーボン、どちらを使うべきか?って話

今回は、ハタやアイナメ、カサゴやアコウなどの所謂「ロックフィッシュ」を釣るときにPEラインを使うべきか、それともフロロカーボンラインを使うべきか?という永遠の論争についてのお話。

ロックフィッシュ狙いでのPEかフロロか問題は意見が真っ二つに分かれるところですが、長年ロックフィッシュを狙い、個人的に思うことがまとまってきましたので、その結論をここに記しておきたいと思います。

極端な話、どっちも使えるよ

使用環境により使い分けるのがベスト

ベイトリールとスピニング

極端な話をすると、ロックフィッシュではPEライン、フロロカーボンライン、どちらにも「使うべきメリット」がありますので、贅沢を言えば【使用環境により使い分ける】のがベストです。

個人的にはベイトリールにフロロカーボン、スピニングリールにPEラインを巻き状況によって使い分けています。

 

PEラインは伸びが全くなく感度良好、摩擦の都合による飛距離向上がメリットですが、反面「根擦れに弱い」「風に弱い」というデメリットも持ち合わせているため、根を攻めることが多くなるロックフィッシュゲームでは(どちらかと言うと)あまり向いていないラインと言えますね。

一方のフロロカーボンラインは【根ズレに強い】【比重が重く水に沈みやすい】というロックフィッシュゲームでは最強のメリットを持ち合わせていますが、「巻きぐせが凄い」「伸びがあり感度が劣る」というデメリットがあります。

 

両者のメリット、デメリットを考えれば必然的に「使うべきシチュエーション」が見えてくると思うので、自身のスタイルに合わせフロロカーボンを使うかPEラインを使うかを決めてみましょう。

メモ

PEライン、フロロカーボンラインを使い分けるのが釣果を伸ばす鍵

根が荒いシャローエリアでは圧倒的にフロロカーボン優位

PEラインは「根擦れに弱い」という特徴があるので根の荒い場所での釣りには向いていません。フロロカーボンであれば多少の擦れではびくともしない強靭な体力を持ち合わせていますので、根が荒すぎる場所でのロックフィッシュゲームはフロロカーボンラインを使うことをオススメします。

ただし、水深が深いエリアでは「伸びてしまう」というフロロカーボンのデメリットが邪魔をしてしまい悪影響がでてしまうので、水深が5m以下のシャローエリアでの使用がベストですね。

 

このような根の荒い場所での釣りは、どうしても根掛かりによるルアーロストが多くなってしまい、PEラインだと【ショックリーダーをわざわざ結束し直さなければいけない】という無駄な時間を消費してしまうことになります。

フロロカーボンラインであればルアーを結束し直せば良いだけの話なので、時間的ロスを考えてもフロロカーボンの使用が好ましいですね。

メモ

根ズレのことだけを考えると、フロロカーボン以外のラインを使う選択肢はない

フロロカーボンでのアワセは大袈裟なぐらいがちょうどいい

ガツン!とフッキングしよう!

何度も言うように、フロロカーボンはPEラインに比べるとどうしても「伸縮性があるためビヨーンと伸びてしまう」という特徴がありますので、距離が遠くなればなるほど水中のルアーを動かすために大きめのモーションが必要となってきます。

フルキャストした先のルアーを動かそうと思うと、チョン、チョン、と小刻みにロッドを動かすだけではラインが伸びるだけで一切ルアーが動いていない・・・みたいなことになりかねませんからね、注意したいところです。

 

特に魚からのアタリを上手くフッキングさせるには、自分が思っている以上に【大きなモーションでのアワセ】が必要になります。アワセが甘いとラインの伸びがフッキングの衝撃を吸収してしまい、魚の口へ上手く貫通させることができなくなりますからね、ガツン!と気合を入れたアワセを入れてやりましょう。

周りからみて「大袈裟じゃね?」ぐらいのアワセがちょうどいい感じです。

メモ

フッキングが甘いとバラしてしまうことが多くなっちゃう

遠投し深場を攻めるときはPEラインが優位

飛距離を伸ばし遠投したり、水深が深い場所を攻めるとなるとフロロカーボンラインでは伸びのせいで思うように釣りを展開することが難しくなります。

そのため、遠投したり深場を狙うときは伸びがなく感度も良い、操作性の良いPEラインを使うことでフロロカーボンとは一味違ったロックフィッシュゲームを展開することができます。

 

PEラインだとフロロカーボンでは感じ取ることができなかったボトムタッチのコツ、コツを感知したり、魚からの小さなアタリも敏感に手元へ伝えてくれるようになります。ただし、PEラインはたるませてしまうと感度が悪くなってしまうので、常に「ラインテンションをかけておくこと」を意識しておくのが大事。

深場であってもロッドアクションをダイレクトにルアーへ伝えることができますからね、フロロカーボンだと「ちゃんとルアーが動いているかな?」と不安になることもありますが、PEラインではそのような悩みを一切抱えることなく、安心して釣りを楽しむことができるので、その辺りに関してはストレスフリーです。

メモ

PEラインとフロロカーボンを上手く使い分け、ストレスない釣りを目指してみよう!

ロックフィッシュ狙いで個人的に使っているラインを紹介

最後に、個人的にロックフィッシュゲームで使う頻度の高いフロロカーボンライン、PEラインを紹介しておきます。

フロロカーボンライン

PEライン

 

ちなみにラインの太さですが、フロロカーボンラインであれば「(ベイトフィネスのセッティングで)7ib〜10lb」、通常のロックゲームでは14lb以上を推奨します。

PEラインは「0.8〜1.5号」を目安に、使用する環境により太さを調整して下さい。

 

以上、ロックフィッシュを狙うときのラインはPE、フロロ、どっちがいいの?ってお話でした。

スポンサーリンク

関連する記事