【アジング】Mキャロで沖にいるアジを狙い撃ち!その動かし方と使うべきロッドのご紹介

今回はアジを「キャロライナリグ」で狙うときのお話。中でも有名であり、使用頻度が多くなる「Mキャロ」の使い方や動かし方、Mキャロを扱うときのタックルセレクト(ロッド)についてもお話していきますので、ぜひ参考までに。

Mキャロで遠くのアジを狙い撃とう!

Mキャロとは?タックルセレクトと仕掛けを徹底解明!

Mキャロの仕掛け

Mキャロを含むキャロライナリグは、シンカー(重り)とワームの位置をショックリーダーにより離している仕掛けであり、ジグ単の釣りよりウエイトアップを図れるため、より遠くにいるアジを狙うことができる「遠投用仕掛け」という立ち位置だという認識でオッケーです。

Mキャロの仕掛けは上図を見て頂くと分かりやすいとは思いますが、タックルセレクトとしては10g前後をキャストできるアジングロッド(必ずしもアジング専用ロッドでなくてもいい)に1000〜2000番クラスのスピニングリール、道糸にはPE0.4号前後を巻いておくのが無難です。

 

その先にフロロショックリーダーを50cmほどFGノットで結束し、Mキャロ→ウキ止め→スイベルの順で取り付け、その先へ再度ショックリーダーを20cm〜30cmほど結束する。これでオッケーです。

最後に結束するショックリーダーが長すぎるとフォール中に「糸絡み」を起こす可能性が高くなってしまうのでご注意を。

メモ

Mキャロはそれほど難しい仕掛けではない

ジグ単よりも遠くにいるアジを狙うことができる

より沖を攻めたいときに使ってみよう

Mキャロを使うべきタイミングとしては、やはり「沖にいるアジを狙いたい」ときがベストです。

「後20m飛ばすことができれば釣れるのに・・・」アジングを楽しんでいるとこのようなことがよくありますが、こんなときこそMキャロを使うべきタイミングですので、早急に仕掛けを作り、ぶっ飛ばしちゃいましょう。

 

ジグ単では飛んでも20mほどしか飛距離が出ないのに対し、Mキャロでは50m以上の飛距離を難なく出すことができますからね、TICT調べだとなんと「73m」もの飛距離を出すことに成功したんだそうな。これだけ飛べば最早「釣れない訳がない」ですよね。

メモ

飛距離が必要な場面では迷わずMキャロを使おう

重さで飛距離、タイプでスライド幅を決めよう

重さとスライド幅を考慮し、使うリグを決めよう

Mキャロには3g〜11gまでのウエイトラインナップが用意されています。そのため、必要とする飛距離によってウエイトを調整することができるので、ウエイト別に幾つかMキャロを持っておくと何かと捗りますよ。

少しだけ飛距離が欲しい・・・ってときは5g前後のMキャロ、とにかくぶっ飛ばしたい・・・そんなときは迷わず11gを使う。そんな感じです。

 

また、Mキャロは3つのスライド幅が用意されており、「L、N、S」この3種類の中から状況に応じてセレクトすることができるようになっています。具体的に言うと、Mキャロはフリーフォール時に「バックスライド」するように設計されており、スライド幅を変えることにより【バックスライドする幅を変えることができる】ことになるのです。

Lタイプ(ロングスライド)

文字通りロング(長く)にスライドさせることができるMキャロです。表層付近にいるアジを狙うときであったり、より長い時間フォールさせたいときはLタイプをセレクトしましょう。

Nタイプ(ノーマルスライド)

良い意味で「特徴のない」ノーマルタイプのMキャロです。とにかくベーシックな立ち位置となっているので、幅広いレンジを攻めたり、表層も中層もボトムも隈なく探りたいってときは、ノーマルスライドタイプをセレクトしましょう。

Sタイプ(ショートスライド)

Mキャロの中で最もスライド幅が短いタイプです。スライドが短くなることにより素早いフォールで攻めることができるので、ディープエリアでのボトム攻略や、素早く釣りを展開するときはコチラをどうぞ。

メモ

展開したい釣り方に合わせ、スライド幅を決めてみよう!

Mキャロの使い方(動かし方)

Mキャロの動かし方

Mキャロの基本的な使い方(動かし方)ですが、「ロッドアクションによるシャクリ+フリーフォール」で狙うのが一般的です。ただ巻き(リトリーブ)だけで使うのもオッケーですが、ツリイコ編集部的にはこの動かし方での実績が一番高いので、ぜひやってみて下さい。

使い方の詳細としては、キャスト後任意のレンジまで沈め、チン、チョン、とロッドアクションをつけ、その後フリーフォールさせる。フリーフォール中はアタリが分かりませんので、3秒ほどフォールさせた時点でラインテンションを掛け、軽くアワセを入れるようにしておきましょう。

 

その後、ラインテンションを掛け、ロッドを徐々に上方向に持ち上げれば、バックスライドによりMキャロが沖に向かおうとする力と、ラインテンションにより岸向きへ働く力が合わさり、同じレンジにリグを漂わせる所謂「レンジキープ」ができるようになります。

 

また、フリーフォールとはラインテンションを抜いた状態でフォールさせることを指す言葉ですが、Mキャロを使うときはベールを上げてラインを送り込むのではなく、ロッドテンションを一瞬フッと抜いて、バックスライドさせることを意識して下さい。

いちいちベールを起こしたり寝かしたりするのは面倒ですし、綺麗なバックスライドを演出できない恐れもありますからね。アクション後、フッ!とロッドテンションを抜くのがMキャロを上手く使うコツです。

メモ

チョン、チョンとロッドアクションをつけ、その後「フリーフォール」させるのがMキャロの基本的な使い方

Mキャロを使うときのオススメロッド

Mキャロ使用時はロッド選びに気を使おう

Mキャロはジグ単の釣りに比べ「使用するウエイトが重たくなる」釣り方であり、一般的なアジングロッドでの操作はロッド破損リスクがあるので十分注意しておきましょう。間違っても、推奨ウエイト3g前後のロッドで、10g前後のMキャロを使うのだけは避けるようにして下さいね。

では、Mキャロを使うのはどのようなロッドが良いのか?という点ですが、「10g前後を難なくキャストできるロッド」がオススメです。できればアジング専用ロッドが好ましいですが、エギングロッドを流用するのもアリなので、「とりあえず手持ちのロッドでMキャロでのアジングを楽しんでみる」というのもアリですね。

 

では、最後にMキャロでアジングを楽しむときにオススメなロッドを幾つか紹介しておきます。

ブリーデン PEスペシャル

1.5g〜20gまでをキャストできるロッドで、Mキャロ以外でもフロートリグの釣り、ジグ単の釣り、メタルジグの釣り、とにかくどのような釣りにも対応できる何でもロッドです。

メジャークラフト クロステージ

1g〜15gまでをキャストできるロッドです。フロートリグ&マイクロジグモデルとなっていますが、もちろんMキャロでの使用にも適していますので、コスパ重視でロッドを選ぶならクロステージがオススメです。

ダイワ 月下美人

0.6g〜10gまでを扱えるロッド。ジグ単の釣りもしたいけど、時にMキャロを使うこともある・・・そんなときにオススメなのが月下美人74L-Sです。

メモ

Mキャロ使用を考慮するなら、とにかく10g前後を難なくキャストできるロッドを選ぼう!

以上、アジングでMキャロを使うときのアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事