「メバリング」リールへの糸巻き量はどれくらいにするべき?って話

例えばシーバスとはショアジギングなんかだと、リールへの糸巻き量は150m、200mは普通で、場合によっては300m以上も巻くことがあるんだけど、メバリングのようなライトゲームになると「どれだけ巻いたらいいの?」って迷う人はほんと多い。

まぁメバリングはそれほど飛距離が必要な釣りではないし、軽量リグを使うからそもそも飛距離が出ない訳で、糸巻き量に対しそれほど拘りを持つ必要はないっちゃないんですが・・・

 

まぁ中にはメバリングの糸巻き量についてすっごく悩んでいる人もいるだろうから、あくまで僕的の考えですが、書いていくので参考までに!

まずはリールの最大糸巻き量を確認

IMG_0366

泣いても笑っても、そのリールには巻ける最大値は決まってしまってるので、まずは自分のリールにどれだけ糸を巻くことができるのかを確認して下さい。

リール本体に記載されている場合もありますし、購入時の箱や説明書に必ず記載があるので、見てみてね!もしなくてもメーカーホームページにアクセスすれば大体解決できるはず。

 

ちなみに、最大値を超えて糸を巻くと必ずと行っていいほどトラブルを起こすんで要注意です!僕も初心者の頃は「できるだけ多く糸を巻いておこう・・・」と欲張り、次の日に枕をボトボトに濡らすほど涙したことがあります。w

基本的には50mあれば大丈夫。

まぁ難しい話はナシにして、単純に考えてみると「50m」も糸を巻いておけば十分です。メバリングのような軽量リグを扱う釣りの場合、飛んでも30m〜40mほどだし、キャストにより糸が足らなくなることはないと思われます。

ただね、何事にも余裕ってのは絶対必要。

 

例えば、想定外の大物(尺メバルとかチヌとかシーバス)が掛かったとき、勢いよくドラグを出されたとします。そうなれば10m、20mほどは平気でドラグを出されますので、糸巻き量が少なすぎれば詰みです。

ほんと、そうなれば後悔しても後悔しきれないほど悔しいと思う。

 

後は想定外のトラブルで30mほどラインを切らなくならないといけなくなった・・・とか、追い風のあまり飛距離が伸びすぎてしまいラインが無くなった・・・とか、色々トラブルは考えられるよね。

なので、ほんとは50m巻けば十分なんだけど、色々なトラブルを見越して「100m」は巻いておいたほうがいいんじゃない?ってのが僕の考えです。

僕の場合は100m巻き、場合によっては150〜200m巻くことも

あくまで僕の場合ですが、メバリングで使うリールには最低でも100mのPEライン、場合によっては150m以上ものラインをスプールへ巻きつけています。

もちろん通常のメバリングではそんなにも長く取る必要はないんだけど、要するに「釣り方」の問題。

 

大体のメバリンガーはジグ単(ジグヘッド+ワーム)で釣りを楽しむと思うけど、僕のようにシャローエリアでのメバリングがメインとなる場合、どうしても飛距離が必要になる。

ほんと、20mや30mの飛距離では話にならないポイントだから、基本的にはフロート(飛ばしウキ)を付けての釣りを展開してるんです。

 

そうなるとジグ単では考えられない飛距離が出ますし、より沖に投げることによるメバル以外の大物が掛かってしまう機会もグンと多くなってしまいます。

ほんとね、70アップのシーバスとか、1m以上のタチウオとか、めちゃでかいエイとか。普通のライトタックルではなかなか厳しい相手がバンバン釣れちゃいます。

 

そんな大物が掛かると、当然30m、40mとドラグを出されちゃう訳だから、糸巻き量が少ないとその時点でファイト終了。魚とやり取りする間もなく終わってしまうんです。

それに加え、ラインが無くなればその日の釣りは終了。ほんと、一つも良いことがありませんよね・・・

 

こんな理由で僕はメバリングであっても沢山のラインを巻いているので、参考までに。ちなみにより多くの糸を巻きたいときはシマノの2500番サイズを使ってます。

スポンサーリンク

関連する記事