【メバリング】メバルをルアー(ワーム)で狙うときの仕掛けを図解入りで簡単解説!

今回は、メバルをルアー(ワーム)で釣る所謂【メバリング】での仕掛けを図解入りで解説していこうと思います。これからメバリングを始めるぞ!って人は、ぜひ参考までに。

メバルをワームで狙うときの仕掛けを知っておこう

メバリングのタックルセレクト(ロッド、リール、ライン)

メバリングタックルの基本

メバリングでは、基本的に1g程度の超軽量な仕掛けを扱うことになりますので、メバルをルアーで狙うときは必ず【軽量ルアーが扱えるライトタックル】が必要です。例えばシーバスロッドやエギングロッドだと上手く扱うことができませんので、その辺りはご注意を。

では、メバルをルアーで狙うときはどのようなロッド、リール、ラインが必要なのか?という点について、一つずつ簡潔に見ていきましょう。

メモ

できる限りメバリング専用タックルで挑むようにしよう

メバリングを楽しむためのロッド選びについて

長さは7ft程度、なるべく自重の軽いロッドが理想的だよ

まず、メバリングを楽しむためのロッド選びですが、長さは6〜7ftクラスが扱いやすく、できる限り自重が軽いモデルを選ぶと何かと捗ります。値段はピンからキリですが、1万円〜2万円程度のものを買っておくのが無難だとは思います。

始めから4万円も5万円もするロッドを買って壊してしまえば泣きをみますから。メバリング用ロッドは繊細な作りのため、少し雑に扱うだけで亀裂が入ったり折れたりしますからね、まずはリーズナブルなモデルで慣れることから始めてみましょう。

 

また、ロッドのティップ(穂先)に使われている素材にも気を使ったほうが良いです。多くのモデルで(穂先の素材が)チューブラーティップ、ソリッドティップの2種類をセレクトできるようになっていますので、自分の釣りスタイルにあったものを選んで下さい。

メバリングで使うリールの選び方

リールの大きさは2000番クラスがオススメ

リールには各モデル毎に「番手」がラインナップされており、数字が大きくなるほどリールのサイズが大きくなっていく仕組みとなってます。ターゲットに合わせた大きさを選ばないとロッドとのバランスが合わなくなりますし、素直に釣りが楽しめなくなってしまいますので、購入時は注意して下さいね。

メバリングで使用するべきリールの番手は「1000〜2000番」が推奨範囲内であり、個人的には(ダイワの)2000番サイズを使うことが多いですね。ちなみにダイワ「セオリーシリーズ」を使っているので参考までに。

また、メバルをルアーで狙うときはリールのギア比にも気を使いたいところです。ギア比とは、ハンドル一回転辺りのスプール回転量を表した数字であり、ノーマルギア、ハイギア、ローギアと、使用用途に合わせて使い分けられるようになっています。

例えば「ルアーを少しでも速く巻きたい」ってときはハイギア、反対に「遅く巻きたい!」ってときはローギア、もしくはノーマルギアがオススメです。

ラインの選び方

ラインはなるべく細いものを

メバルをルアーで狙うときのラインシステムですが、PEライン、もしくはフロロカーボンラインをセレクトするのが一般的です。個人的にはPEラインを使用する頻度がもっとも高いので、ここではPEラインを使用することを前提に話を進めていきます。

まずラインの細さですが、推奨範囲内としては【0.2〜0.4号】だと考えておきましょう。ただ、ラインは細ければ細いほうが釣果が伸びる傾向(太ければ魚の警戒心が高くなるとされている)にありますので、可能な限り細めのラインセッティングがオススメです。

 

また、PEライン使用時は必ず「ショックリーダー」を結束し、PEラインの弱点である根ズレや絡みを事前に防ぐことが大事です。

ショックリーダー

稀に「メバリングなんかにショックリーダーなんて要らないよ!」って意見の人がいますが、個人的には【必ず結束したほうが良い】とは思っていますので、30cm〜1mほどのリーダーを結束しておきましょう。

ちなみにショックリーダーに使うラインは比重が重く根ズレに強い「フロロカーボンライン」がオススメです。

仕掛けはジグヘッド+ワームが一般的

仕掛けはジグヘッド+ワームがオススメ (1)

メバルをルアーで狙うときに一番多用される一般的な仕掛けは、【ジグヘッド+ワーム】の組み合わせです。所謂「ジグ単」と呼ばれる仕掛けであり、メバルがめちゃくちゃよく釣れる魔法のようなアイテムとなってます。

ジグヘッドの重さは0.4g〜3g程度が基本となり、水深や潮流、メバルの活性に合わせ重さを調整するのが釣果を伸ばすコツ。

 

2gのジグヘッドでは【アタリはあるけどHITしない・・・】って状況下で、1gのジグヘッドを投入すると嘘のように針掛かりする・・・ってことがよくありますからね、ほんの数グラムでもバカにできませんよ

メモ

ジグヘッド+ワームの組み合わせで沢山のメバルを釣り上げよう!

リトリーブタイプとダートタイプを使い分けよう

メバリングで使用するジグヘッドには大きく分けて【リトリーブタイプ】、【ダートタイプ】2種類ありますので、使用用途に合わせ使い分けるようにしましょう。

リトリーブタイプのジグヘッド

仕掛けはジグヘッド+ワームがオススメ

リトリーブ、つまり「巻きの釣り」に特化したジグヘッドの形状です。簡単に言うと、キャスト後ゆっくりと一定速度でハンドルを回し、水中を漂うエサを演出するためのジグヘッドって感じ。

■ダートタイプのジグヘッド

仕掛けはジグヘッド+ワームがオススメ (2)

ロッドアクションをつけるとワームが左右にダートするタイプのジグヘッドです。所謂【リアクション狙いの釣り】で必要不可欠なジグヘッドですので、戦略の引き出しを増やすためにも、スイムタイプ、ダートタイプのジグヘッドを用意しておくことをオススメします。

参考ページ→ライトワインドのやり方

飛距離が欲しいときは「フロートリグ」を活用しよう

図解1

図解1

ジグヘッド単体ではどうしても飛距離が出ないため、沖にいるであろうメバルを狙い撃ちしたいときは、「フロートリグ」の使用をオススメします。一言でフロートリグとは言っても複数の種類があるので、ここでは個人的に使用頻度の高い【Fシステム】にて解説していきますので参考までに。

「図解1」を見てもらうと分かる通り、道糸から枝分かれするようにフロートリグを取り付けることにより、本来の感度や操作性を失わずに遠く沖まで仕掛けを飛ばすことができるのが【Fシステム】の良いところですね。

 

接続方法は簡単で、本来はカットする「ショックリーダーの切れ端」にフロートリグを結束すれば、いとも簡単にFシステムを組むことができますので、ぜひ試してみて下さい。

慣れてくれば「プラグ」の使用も視野に入れておこう

プラグを使おう

ワームでのメバリングに慣れてくれば、プラグを用いた戦略にも挑戦してみて下さい。メバルの活性が低いときは反応が鈍いですが、水温が上がりメバルの活性が高くなってくると、プラグにも好反応を示してくれるようになります。

ワームよりもプラグのほうが良い釣果を得られた・・・って経験は1度や2度じゃ済みませんので、試してみる価値は十分あると思いますのでぜひお試しあれ。

 

使い方はワームと同じく「ただ巻き」だけでもオッケーですし、ストップ&ゴーで食わせの間を使ってあげるのも効果的です。

以上、メバルをルアー(ワーム)で狙うときの仕掛けについてでした。

スポンサーリンク

関連する記事