メバリングのシーズン。メバルが釣れる時期を見極め、釣り場に足を運んでみよう!

なんとなく「メバルって寒いときにしか釣れないんじゃない?」みたいなイメージを持っている人は多いみたいだけど、結論から言えば「そんなことはない」です。

大事なことなのでもう一度言いますが、【そんなことはない】です。

 

ただ、メバルは一年中釣れるのか?と言われると首を傾げるしかない訳で・・・どうしても「メバルが釣れやすい時期」、要するにメバリングが成立するシーズンってのは限られてきます。

メバルが釣れる時期(シーズン)は意外や意外・・・すっごく長い

IMG_0202

 

どうしても地域により正確なシーズナルパターンは変わり、正確な情報を発信するのは難しいのですが、私の住む大阪周辺では、10月中旬〜5月頃までが、メバリングのシーズンです。

1年の内、おおよそ7〜8ヶ月ほどは狙うことができるターゲットなので、近年メバリング人気がうなぎ登りなのも頷けますね。

 

特に釣り物が少なくなる「冬」にもゲームが成立するので、他のルアーフィッシングのオフシーズン用にメバリングを始める方も少なくないようです。

夏は希望が薄い

じゃあ夏はメバリングをすることは不可能なの?って話ですが、決してそんなことはありません。地域によれば夏でもバンバンメバルが釣れることもあるでしょうし、なんなら冬より夏のほうが釣れるぜ?ってところもあるでしょう。

ただ、メバルの習性を考えると、やはり夏よりは秋〜春にかけてのほうが遥かに成立しやすいゲームだと言えます。

 

というのも、メバルは基本的には「高水温を嫌う習性」があるので、海水温が高くなる夏の季節はショアから届く範囲ではなく、遥か沖の深場に落ちていることが多いからです。

要するに、ルアーが届かない距離に(メバルが)いるので、釣りたくても釣れない・・・という状況ってこと。

 

反対に考えると、ショアから届く範囲に20mとか30mとか、水深が物凄くあるフィールドが身近にあれば、夏でも十分メバリングを成立させることは可能です。

あと、夏だからといって必ずしもシャローエリアにメバルがいないって訳じゃなく、ベストシーズンよりは絶対数が少ないって認識でオッケーです。

12下旬〜2月中旬は産卵のため激渋に

これも地域性が色濃くでるとは思いますが、12月中旬〜2月中旬までは産卵期に入ってしまい、メバルの反応が頗る悪くなってしまいます。もちろん釣れない訳ではありませんが、ベストシーズンに比べると釣果は激減します。

あと、仮に卵を抱えたお腹パンパンのメバルを釣った場合は、持ち帰りたいという気持ちをグッと抑え、リリースしてあげることも考えてみて下さい。数十年後もメバリングを楽しむためにも、数を減らさない行動が大事です。

 

ただ、産卵期に入る少し前には、「産卵前の荒食い時期」があり、12月下旬は爆釣モードに入ることもあります。ほんと、2桁釣果なんて余裕ですからね。

一晩で30匹ほどメバルを釣ったこともあるので、メバリング初心者で「どうしてもメバルを釣ってみたい!」って人は、この産卵前の荒食い時期を狙ってみてはどうでしょうか?(リリースの協力お願いします)

3〜5月がベストシーズン

メバルが「春告魚」と呼ばれているように、メバリングのベストシーズンは3〜5月となります。この時期は釣果が安定し、ポイント選定さえ間違わなければ「ボウズはほぼないんじゃね?」って感じ。

気温も暖かくなり、震えながら釣りをする必要もないので、まずはこの時期からメバリングを始めてみるのも有りですね。ただ、言うまでもなくメジャーポイントは人で溢れかえります・・・。

 

この時期は外道としてシーバスが良くHITするので、取りたい人はランディングネットを持っていったり、ラインやフックを強くするなど、何かしらの対策が必要です。

ただ、頻繁にシーバスがヒットする状況下ではメバルがビビってしまい、肝心なメバリングが成立しないこともあるので、その辺りの調整は必要かと思います。

まとめ

ツリイコくん

メバリングが成立するシーズンは凄く長く、(地域によるけど)10〜5月ぐらいまでは十分楽しむことができるよ!

初心者の人は3〜5月のベストシーズンを狙い撃つことで安定した釣果をだすことができると思うから、春の始まりと同時に、メバリングを始めるのがオススメだね!

スポンサーリンク

関連する記事