メバリングロッドの選び方【※情報詰め込みすぎました】

このページでは、これから趣味としてメバリングを始める人や、ある程度(メバリングに)慣れてきたからロッドの買い換えを検討している中級者以上の人に向けた【メバリングロッドの選び方】についてお話していくので参考までに!

まずは予算は決める

メバリングロッドは入門モデルから最高級モデルまで、数えだしたキリがないほどの数がリリースされてるんですが、当然ながらその値段には大きな差が開くことになります。

3000円とかで買えるロッドがある一方、5万円以上するロッドもある。

 

なので、予め「ある程度の予算」を決めておかないと、あれこれ目移りしてしまい中々ロッドを決めきることが難しくなります。そうですね・・・大体5000円単位で予算を決めておいたほうが色々捗ります。

例えば1oooo円〜15000までのロッドを買う!みたいな感じ。

 

これは個人的な意見なので無視でも構いませんが、僕的には「5000円とか3000円とか、あまりに安いロッドは止めておいたほうがいいんじゃない?」って思ってます。

やっぱりね、安いには安いだけの理由があって、最悪の場合まともに釣りができない・・・なんてこともあります。僕の友達なんて、僅か3投でロッドが折れたことがありますからね(笑)

メバリングにオススメな安いロッドを紹介するよ!

2017.03.09

デザインもそこそこ重要

まぁ釣りに影響しない箇所ではあるんだけど、やっぱり「デザイン」って大事なんですよね。

例えば色がカッコいい!とか、文字のフォントがカッコいい!とか、グリップがコルクなのが素敵!とか。

 

妥協して「あまり好みじゃないデザインのロッド」を買ってしまうと、あまり愛着が沸かず、すぐに買い換えたくなったり、メンタル的な問題で釣果に影響することさえ考えられる。「このロッドはダサいから釣れなさそう・・・」みたいな感じ。

ロッドは割りと高価な買い物なので、デザインに拘ることも大事だと思うので、色々考えてみて下さい。はい。

ティップ(穂先)の種類を考える

全てのルアーロッドで言えることなんですが、特にメバリングロッドを決めるときは「ティップの違い」を考慮しないと後々の釣果に大きく影響するのでご注意を。

ティップとは要するに「穂先」のことで、メバリングロッドは2種類のティップから選択することになります。

 

具体的には「チューブラーティップ」と「ソリッドティップ」の2つで、両者とも両極端な性質を持ったティップになるので、購入時は【自分がやりたい釣り】と【ティップの特徴】を考え、慎重に事を運ぶほうが懸命です。

 

簡単に言うと、ソリッドは乗せ調子で、チューブラーは掛け調子となります。話せば凄く長くなるので、詳しくは以前書いた↓の記事を参考にどうぞ!

メバリングロッドはソリッドかチューブラー、どちらを選ぶべき?

2017.02.28

長さを考える

同じメーカーの同じモデルのロッドでも、それぞれ違う長さが用意されてます。自分の釣りスタイルに合わせた長さ選択をしないと後に後悔する可能性がすっごく高いので、慎重にいきましょう。

一般的には(メバリングロッドは)7ftが基準と言われてるので、大体の参考までに。

 

長さなんてどれでも一緒じゃない?って思う人も多いと思うけど、個人的には凄く重要な部分だと思うし、長さの選択を間違うことで釣りの幅が狭くなることも考えられるので、やっぱり意識したロッド選びは重要だと思う。

 

例えば、より長いロッドは飛距離が伸びるし、メバルがHITしたときのやり取りが楽になる。反対に短いロッドは取り回しがよく、楽に釣りができる。

それぞれ文字通り一長一短のメリット、デメリットがあるので、この辺りを考慮し選んで頂ければと思います。より詳しくは↓の記事にて。

メバリングロッドの長さを決める基準

2017.03.27

扱えるルアーウエイト

あくまで推奨範囲なんだけど、ロッドには各々「投げられるルアーウエイト」が設定されてます。例えば1〜5gまでの範囲のロッドで10gのルアーはキャストできない(キャストしにくい)ってこと。

まぁメバリングで使うリグは1gを中心とした軽量リグがほとんどなのでそれほど意識しないでも大丈夫なんだけど、一応購入前には色々考慮してたほうが今後のためです。

 

一般的にはチューブラーティップのほうがより重たいルアーをキャストでき、ソリッドティップのほうが推奨範囲が狭くなってる傾向なので、その辺りも注意してたほうが良いです。

ちなみに僕はフロートリグの使用を考慮し、1.5g〜20gまでが推奨範囲となってるメバリングロッドも所有してますので、より「飛距離が必要」なフィールドでのメバリングを楽しむ場合は、一般的なメバリングロッドの枠から外れたロッド選びも大事だと思う。

ロッドの自重(重さ)

メバリングロッドは基本的に自重が軽いものが多いですが、やはりロッドの違いにより30gとか50gとか、大幅に重たいロッドもあるので一応意識しておいたほうが良いかと。

僕自身、数グラム単位の細かい差は気にしたことがありませんし、恐らくこの先も気にしないと思うのですが、やはり30g以上の差が開く場合はちょっと考えます。

 

手にとってみると明確に分かるのですが、僅か数十グラムの差でもほんと重量感が全然違います。

短時間釣行(1時間)とかだと気にならないかもですが、5時間も7時間も釣りをする場合は疲労度に大きな違いが出て来ると思うので、長時間釣行がメインとなる人は数グラム単位の違いも意識したほうが良いですね。

一万円ほどのオススメロッド

メバリングロッド クロステージ

1万円ほど手に入れることができる、いわゆる「エントリーモデル」と呼ばれるロッドの中で、僕や僕の友人が実際に使い、オススメできるロッドを紹介します。

 

ぶっちゃけ高いロッドと安いロッドの性能差なんて、長くメバリングをやっている中級者以上の人しか代わりが分からないレベルなんで、最初は文字通りエントリーモデルから始め、徐々にクラスアップしていくのがベストだと思う。

もちろん、お金持ちの人は初めから高いロッドでエントリーしてね!

メジャークラフト ロッド 3代目クロステージメバルモデル CRX-T762L
メジャークラフト (2016-09-30)
売り上げランキング: 46,481

 

賛否両論あるメジャークラフトからリリースされている「クロステージ」というシリーズです。このロッド、値段の割に性能も良いし、デザインも良い(僕の主観ですが・・・)ので、エントリーモデルとして超オススメです。

僕も愛用しており、これまで恐らく数百匹以上のメバルを釣り上げてるので、「メバルを釣る」ということに関してこれほどコストパフォマンスに優れたロッドはないんじゃないんじゃない?ってぐらいお買い得なロッド。

 

インプレ記事も書いてますんで、よければどうぞ。↓

【クロステージ メバルシリーズ】CRX-T762Lを実際に使ってみたのでインプレを!

2017.03.21

 

それともう一つ、僕の釣り友達が愛用してるメバリングロッド、「ダイワ 月下美人」というシリーズがあるのですが、友人曰く「これほど安くて品質の良いロッドは他にない」ってことなのでここで紹介しておきます。

その友人、普段はそこそこ高級ロッドを使ってるのですが、テトラ帯など一つ間違うとロッドの破損に繋がってしまうフィールドへの釣行の際は(破損してもそれほどダメージがない)月下美人を使ってます。

 

そんな普段は高級ロッドしか使ってない彼が褒めちぎってるのですから、よほど良いロッドなんだと思いますし、もちろん彼も数百匹以上のメバルをこのロッドで釣り上げてます。

エントリーモデルとしては十分すぎる性能だと思うので、参考までに。

メジャークラフト ロッド 3代目クロステージメバルモデル CRX-T762L
メジャークラフト (2016-09-30)
売り上げランキング: 46,481

僕がメインで使ってる(そこそこ)お高いロッドを紹介

IMG_0399

僕が所有しており、メインとしてバンバン使ってるロッドは以下の3本。

値段はめっちゃ高いんだけど、メバリングに関しては「ブリーデン」が大好きなもんで、この3本を使ってます。

ライトワインダーに関してはその名の通り「ライトワインド」専用で使ってるんだけど、メバリングでのダート釣法にも最適なロッドなんで、常に車に常備し、必要なときは持ち替えてる感じです。

 

値段がそこそこするんで初心者の方にオススメできるロッドではありませんが、一応参考までにと書かせてもらいました。以上がメバリングロッドの選び方です。

スポンサーリンク

関連する記事