小さいサイズのメバルはリリースしてね!

ショアからするメバリングって、場所にもよるけどアベレージサイズは15cmとか17cmとか。もっと小場所になれば10cmほどの子メバルしか釣れない・・・なんてことがよくあります。

その子メバルにまじって20cmとか25cmとか30cmとか、大型のメバルが釣れたりするんだけど、そこで考えるのが「メバルのリリースサイズってどれくらい?」って疑問。

 

中には10cmぐらいの子メバルを嬉しそうに持ち帰りしているおっちゃんもいますし、25cmの大型メバルをリリースしている兄ちゃんもいます。

まぁこの辺りは「自分ルール」で決めれば良いと思うんだけど、、、【え・・・それ持って帰るの?】って驚くほど小さいメバルをキャッチしている人を見ると、なんだか切ない気持ちになりますよね・・・。

15cmを基準にキャッチするかリリースするかを決めよう

メバルって、生まれてから1年目ぐらいまではグングン成長する魚なんだけど、2年、3年と月日が流れていくと共に成長スピードが遅くなってく魚なんです。

20cmを越すサイズになるまでは3〜5年ほどかかると言われていて、尺メバルともなると10年ほどの歳月が必要だそう。

 

20cmを越すまでにこれだけ時間がかかるんだから、近場で釣れるメバルのサイズは15cm程度がアベレージになるわけで、そのアベレージにも満たないメバルを根こそぎ持って帰ってしまうと、どうなるかは容易に想像できますよね?

そう、【その内メバルがいなくなる】かもしれません。

 

いや、ほんと大袈裟でもなんでもなく、成長しきれていないメバルを乱獲してしまうということはそれ以上大きな個体はもっと少なくなっていく訳で、年を重ねるごとにどんどんどんどんメバルの数が減ってっちゃうってこと。

今は【このフィールドはメバルが大量に釣れる最高の場所だ!】といっている場所が、10年後には【いやー、この場所、昔はメバルもいたんだけどねー・・・】ってなっちゃうかもしれませんね。

 

釣れている今は良いかもしれませんが、数年後同じ場所でメバリングを楽しめなくなるなんて、自分で自分の首を締めているようなものです。

メバルは美味しい魚なんで持ち帰りたい気持ちも分からなくはないですが、極力小さいサイズはリリースするようにし、釣り人全員が気持ちよく、長年釣りを楽しめる釣り場を維持していく気持ちが大事なんじゃないかなーって思います。

 

ちなみに僕のリリースサイズは20cm以下で、持ち帰るにしても人数分(僕の場合は2匹)を限度と自分ルールを設けています。僕の住む大阪ではなかなか20cm以上のメバルは出ませんが、たまに食べるメバルは格別美味いんで、それはそれでありかなーって感じです。

メバルを傷つけないようにしたほうが良いよ

リリースするにしても、逃した後で死んじゃっだら元も子もない話な訳でして、逃がすときは極力メバルへダメージが残らない方法をとることをオススメします。

例えば、メバルを素手で持たない(人間の体温でも、彼らからすれば超熱いんだと思う)とか、逃がすときはそっと海に返してあげるとか、バス持ちをしない・・・とか。

 

IMG_0236

↑例えば僕の場合だと、釣れたメバルは絶対に素手で触らず、このような(安物の)フィッシュグリッパーを使ってメバルを持つようにしてます。

針外しのときもリリースのときも、一度もメバルに触れることなくやり取りできるので、ぜひ持っていたいアイテムの一つです。

 

フィッシュグリップってなんとなく1万円とか2万円とかするイメージが先行してますが、僕が使っているこのフィッシュグリッパーは3000円ほどで買ったので、手がでないほど高い買い物って訳じゃないですよね?

この安物フィッシュグリップでメバリングはもちろんのこと、サワラ、メジロ、シーバス、太刀魚など、色々な魚をギュッ!っと挟んできてますので、安物だからといって品質に問題を感じたことはありませんのでオススメです。

まとめ

ツリイコくん

人それぞれ思うところがあるだろうけど、15cm以下のメバルは極力リリースするようにし、またそれを他のアングラーにも教えて上げることで、皆が気持ちよくメバリングを楽しめるようになると思う。

もちろん持ち帰りを否定する訳ではないんだけど、メバリングを長く楽しむためにも、自分なりのリリースルールを作り、それを徹底していくことをオススメするよ!

スポンサーリンク

関連する記事