メバリングで【レンジキープ】を意識するときのコツを紹介

メバルはワームの後ろを追尾し、警戒心を抱きながらバイトしてくる・・・という性質があり、少しでも引いてくるレンジをズラしてしまうと、警戒心が強くなり、上手く口を使わせることが難しくなってしまいます。そのため、ワームを一定に引いてくる【レンジキープ】が非常に重要な要素となり、釣果を左右する大きな要因となってしますのです。

ナイトゲームでメバリングを楽しむときは、縦の釣りより、横の釣り(リトリーブの釣り)のほうが圧倒的に有効的な方法なので、レンジをキープするためのテクニックを身につけることで、より多くのメバルを釣ることができる・・・と言えます。

 

ただ、「レンジキープ」は思っているよりも難しいテクニックであり、自分の中では一定層を上手く引いているつもりでも、【実は引いているレンジがズレていた】ということは良くあることなので、その辺りを考慮した上で、レンジキープ能力を高めていきましょう。

メバルの習性を考える

メバルがエサを捕食するときは、エサを見つけてすぐにバイトするのではなく、一定時間後ろから追尾し、警戒を解いてからバイトしてくる・・・という習性が見られます。メバリングを楽しんでいる人であれば、「後ろからメバルが着いてくるものの、アタリはでない」という経験をしたことがあると思いますが、これはこのメバルの習性によるものなのですね。

つまり、餌(ルアー)を見つける→観察(追尾する)→食べる。このような流れとなるため、【メバルに違和感を与えずリトリーブする】ことが釣果を左右する大きなのキモとなるのです。

 

メバルの活性が低いときであれば、少しレンジがズレるだけで見切られてしまうこともありますからね、如何にレンジをキープし、一定のレンジを引いてこれるか・・・これが釣果を分ける大きな要因となってしまいます。

また、ピックアップ寸前になると、早巻きでルアーを回収する人を見かけることがありますが、これはNGであり、非常に勿体無いことなんです。なぜなら、ピックアップ寸前までメバルが追尾してきている可能性があり、本来であれば釣れていたかもしれないメバルを逃してしまうから・・・なんですね。このようにちょっとしたことが釣果の差に繋がることもあるため、最後の最後まで丁寧に探っていきましょう。

レンジキープのコツ

メバリングでは、1g〜2g程度の超軽量ジグヘッドを使うこと多くなるため、ほんの少しの変化が水中を泳ぐワームに変化をもたらしてしまいます。例えば「一定速度でリトリーブすることができているか」これも大きな要因となりますね。

リトリーブスピードに変化を付けるということは、水中を泳ぐワームのスピードも早くなり、上方向へ浮き上がってしまいます。反対に、リトリーブスピードを遅くするとレンジが下がる・・・ということになりますね。

 

ほんの少しだけ速く巻いてしまうだけで、リグが浮いてしまう原因となってしまいますし、ほんの少しだけ遅く巻いてしまうと沈んでしいますからね。「そんな細かいこと、気にしなくて大丈夫だろ」この心のブレがそのままレンジのブレとなってしまうため、よりストイックにゲーム展開していきましょう。

また、「より均一にリトリーブしたい」そんなときは、(リールの)「ダブルハンドル」がおすすめです。ダブルハンドルはノブが2つ付いている関係上、よりバランス良くリトリーブすることができますからね。必須ではありませんが、あると便利なアイテムなので、検討してみて下さい。

リールをダブルハンドルにしたときのメリット・デメリットを考えてみる

2017.02.22

まとめ

ツリイコくん

メバルは習性上、餌を追尾し、本物であるかどうかを確信した後にバイトするから、一定層をキープするようにリトリーブすることが釣果を分ける超大事なポイント!

レンジキープを意識することで、これまで以上に多くのチャンスを物にできる可能性が高くなるのでぜひ意識し、テクニックを磨いてみることをオススメするよ!

スポンサーリンク

関連する記事