風が強い日に、メバリングやアジングなどのライトゲームはできる?対策はあるの?

嬉しいことに、ツリイコ宛に様々なお問い合わせが寄せられることが多くなってきましたが、その中でも良くお問い合わせがある内容として「アジングやメバリングは風がある日はダメなの?」このようなご質問が寄せられることが多いです。

特に、風が強くなりやすい冬の季節に楽しむことが多い「メバリング」では、「風速何mまで釣りを楽しむことができるのだろうか」「風が強い日に楽しむための対策方法が知りたい・・・」とか、色々疑問が溢れ出てきますよね。

 

そこで今回は、メバリングやアジングを代表とするライトゲームを【風が強い日に楽しむ】ための基礎知識、対策方法についてまとめていこうと思うので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

風速何メートルまで大丈夫?

アジング、メバリングの風問題に対し、一番聞かれることが多いのが「風速何メートルぐらいまで釣りをしていいの?」という質問。当然、風速◯mまで釣りを楽しめる!という明確な基準はないですが、敢えて言うとすれば【身の危険を感じるほど風が強い日だけは絶対に止めておこう!】と言えますね。

そもそも、天気予報の風予測は宛にならないことが多く、天気予報では風速1mだと言っていたのに、いざ海へ出向くと5m以上の風が吹いている・・・そんなことはザラですからね。実際に海へ出向き、「あ、これはダメだ・・・と感じるほどの風が吹いているとき」はアジング、メバリングを楽しむことを諦めるか、風裏となるポイントを探し、釣行場所を変えるか・・・そんな感じでいきましょう。

 

「アジング、メバリングは風速何mまで楽しむことができるんだよ!」という話ですが、個人的な感覚だけで言うと、「0〜2m→余裕」、「3〜5m→ちょっとやり難いな・・・」、「5m以上→釣りに行かないor風裏に釣行する」こんな感じですね。

風向きによっては風速3m〜4mほどの風であっても、「釣りがやり難い・・・」というときもありますが、風速ばかりを気にしていては「いつまで経っても釣りに行くタイミングが作れない」ということにもなるため、「これくらいの風ならギリギリ楽しめるかな?」というときは、迷わず現場に出向くようにはしています。

風が強い日のメバリングやアジングは最早修行。

アジングやメバリングは、1g前後の「超軽量リグ」を使うことがメインとなる釣りですが、扱う仕掛けが軽いこともあり、「風が強い日は最早修行レベルでやり難い」と言えるのです。強烈な向かい風が吹いているときであれば、前方向にキャストしたリグが、後ろ方向に飛ばされることもありますからね・・・こうなると釣りになりません。

また、風によりラインが流されてしまい「底を取ることができない」「ワーム(ルアー)が浮いてしまう」「ラインテンションが向けアタリが分からなくなる」という懸念も生まれてしまうため、風が強い日のアジング、メバリングは想像以上に困難を極めることでしょう。

 

特に寒さ厳しい冬の季節は最悪で、吹き付ける冷たい風が顔や手、耳などを豪快に攻め上げ、「寒くて釣りなんてやってられない・・・」と、30分も釣りをしない内に帰路へ付くこともありますからね。

楽しいはずの釣りが苦痛になるほど楽しくないこともないため、「今日は風が強そうだな〜」と感じるときは、諦めて家でノンビリ過ごしたほうが有意義な時間が過ごせるようになる・・・かもしれませんね。

風が強い日の対策

対策方法!

  • 風裏ポイントを探す
  • 風に強いラインを使う
  • 重いリグを使う

風が強い日のライトゲームは苦痛であり修行・・・と、頭では分かりきっていても、それでもなお、海に出向きたくなるのが釣り人の性ってもんですよね。風が強くても釣りにいきたい・・・そんな衝動に駆られたときは、「風が強いときの対策」を十分に用意し、釣行するのが一番です。

風裏になるポイントを探す

風裏ポイントとは、その名の通り「風の裏になるポイント(場所)」のことです。他ではビュービューに風が吹いているにも関わらず、ある場所だけ「ここ、同じ世界なの?」と疑問に思うほど風がない・・・そんな素敵な場所・・・探せばあるんですよ。

アジング、メバリングでメインとしているフィールドで、風が強い日にでも釣行することができる「風裏ポイント」を幾つか知っておくことで、風が強い日だろうとなんだろうと、釣りを楽しむことができますからね。北風が強い日はこの場所が風裏になる・・・西風が強いときはこの場所が風裏になる・・・そんな逃げ道を幾つか用意しておくことで、風の影響を受けず、ライトゲームを楽しむことができるようになります。

 

その日の風向きや、住んでいる地域によって、「風裏ポイント」が違ってくるため、風裏ポイントの探し方のコツ的なものは一切ありませんが、風が強い日に車を走らせ、色々なポイントを探っていくと、「あれ?この場所だけ風がない」という場所を高確率で見つけることができると思うので、つまり「足で稼ぎ、色々探し回ることが風裏ポイントを見つけるときのコツ」と言えますね。

しかし、言わずともアジ、メバルの魚影がない(少ない)場所であれば意味がありませんので、必ずメバリング、アジングで実績のあるポイントで、なおかつ風の影響を受けない場所を探してみて下さい。

風に強いラインを使う

ライトゲームで使うラインはPE、フロロ、ナイロン、エステルの4つですが、風の強い日は「風に強いライン」を使うことで、(若干ですが)有利にゲームを展開していくことができます。具体的に言うと、「フロロカーボンライン」もしくは「エステルライン」を使うのが好ましいですね。

アジング、メバリングでPEラインを使ってる人も多いとは思いますが、風が強い日の釣りとPEラインは相性が最悪で、トラブルが多発したりそもそも釣りにならなかったり・・・と、ろくな事がありません。

 

アジング、メバリングで使うラインの選び方については、別ページで詳しくお話していますので、そちらを参考までにどうぞ。

重いリグを使う

単純明快!風が強い日のアジング、メバリングを楽しむときは、使うリグの重さを増やすことで、強風に負けることなく釣りを楽しむことができます(もちろん、限界はありますが・・・)。例えば、通常であれば1g前後のリグを使うのが基本となりますが、風の強い日は3g、5gのジグヘッドを使う・・・そんな感じですね。

重たいジグヘッドを使うことで、魚が釣れなくなる・・・そう考えてしまう人も多いようですが、決してそんなことはありませんからね。ジグヘッドが重たくなることで吸い込みが悪くなり、乗りが悪くなる・・・←これは考えられますが、ジグヘッドを重たくしたからと言って魚が反応しなくなることはありません。むしろ、風が強い日に1g前後のジグヘッドを使うより、遥かに好釣果を残せるとは思いますので、風に負けないギリギリの重さ設定で挑んでみましょう。

 

また、風が強い日はジグ単の釣りを楽しむのではなく、「フロートリグ」「キャロライナリグ」を使ったアジング、メバリングを楽しむのがありです。(個人的には、「シャローフリーク」「Mキャロ」を使うことが多いですね)

フロート、キャロについては別ページで詳しくお話していますので、そちらを参考にどうぞ。

風が強い日は安全対策を万全に!

釣りは自然の中で楽しむ趣味であり、時に自然は人間に対し牙を向き、尊い命を奪ってしまうことがあります。そのため、普段から安全対策をバッチリ決めておくことが、自分の命を守るための最善策なのですが、ビュービューと風が吹き荒れる強風時に釣りを楽しむときは、普段の安全意識レベルを2倍に引き上げる・・・それくらいの気持ちを持ち、釣り場に出かけるようにして下さい。

特に、足場の高い防波堤で釣りを楽しむときは、急な突風に体を押され、海に落水してしまう危険性が出てきます。丸腰で落ちてしまうと、まず命はありませんからね。必ずライフジャケットを装着し、普段よりも5歩ほど後ろに下がり、釣りを楽しむようにして下さいね。(というより、風で体が押されるレベルの強風時は釣りになりませんし、凄く危険なので、釣りに行かないことをおすすめします)

スポンサーリンク

関連する記事