風が強い日に、メバリングやアジングなどのライトゲームはできる?対策はあるの?

最近は、初心者の人にメバリングやアジングを教えさせてもらう機会が増えたのですが、凄く良く聞かれる質問の中に「風が強い日は釣りを楽しむことはできないの?」という疑問があります。

特に風吹き荒れる冬の季節の好ターゲットとして知られるメバルを釣るのであれば、「一体風速何メートルまで釣りをすることができるんだろう」「風が強い日の対策方法は?」ということについて知っておいたほうが良いです。

 

このページではメバリングやアジングを楽しむときの「風」との付き合い方についてお話していくので、参考までに。

風速何メートルまで大丈夫?

これ、ほんと良く聞かれる質問なのですが、「風速何メートルまでなら釣りに行けますか?」と聞かれたところで、僕が100%正しい答えを出せるはずがありません。

天気予報では風速1mと言っていても、現場に着くと釣りにならないほどの爆風が吹いていた・・・なんてことはしょっちゅうなので、釣りに出かけるときの「風速」については大体で考えておいたほうが良いんじゃないかな?というのが本音です。

 

個人的な基準としては、(あくまで天気予報ですが・・・)風速が5mを超えるような日は釣りを控えるようにしています。5mの風があるとストレスを感じることが多くなりますからね、家で道具の整理をしていたほうが捗ります。

風速3m〜4mでも状況によって釣りにならないことが考えられますが、そんなことを言っていると「釣りに行くタイミングが一向に訪れない・・・」ということも考えられるため、無理やりにでも釣りに出かけるようにしています。

風が強い日のメバリングやアジングは最早修行。

ご存知の通り、アジングやメバリングでは1gを基準とした軽量リグでの釣りがメインです。ですので、風がビュンビュンと吹き荒れてる日に釣りにでかけることは、最早娯楽ではなく修行と化してしまう恐れがあります。

特に冬だと、凍るんじゃない?と思えるほど寒いですね。いやー、まじでテンション下がりますよ・・・。

 

楽しいはずの釣りが苦痛になるほど面白くないこともないので、「今日は風が強そうだな〜」と感じるときは、諦めて家でノンビリ過ごしたほうが有意義な時間が過ごせるようになる・・・かもしれませんね。

風が強い日の対策

対策方法!

  • 風裏ポイントを探す
  • 風に強いラインを使う
  • 重いリグを使う

風が強い日のライトゲームは苦痛・・・と頭では分かっているものの、それでも海に出向きたくなるのが釣り人の性ってもんです。そんな釣り行きたい衝動に駆られたときは、「風が強いときの対策」を十分に用意し、釣行するようにしておきましょう!

風裏ポイントを探す

風裏ポイントとはその名の通り、「風の裏になるポイント(フィールド)」のことです。他ではビュンビュン風が吹いているにも関わらず、ある場所だけ「ここ、同じ世界なの?」と疑問に思うほど凪っている・・・そんな素敵な場所があるんですよ。

地元エリアでこのような風裏ポイントを幾つか知っておくと、風の強い日のメバリング、アジングを楽しむためのフィールド選びが楽になりますので、北風強い日はここのポイント・・・西風強いときはこの場所!みたいな感じで、自分なりの逃げ道を作っておくと何かと捗ります。

 

その日の風向きや地域によって風裏ポイントは違うので「ここだ!」と断言することはできませんが、強風の時用に風裏ポイントを知っておくことで、強風下でも問題なく釣りを楽しむことができますので、色々探してみて下さい。

風に強いラインを使う

ライトゲームで使うラインはPE、フロロ、ナイロン、エステルの4つですが、風の強い日は「風に強いライン」を使うことで、(若干ですが)有利にゲームを展開していくことができます。具体的に言うと、「フロロカーボンライン」を使うのが好ましいですね。

アジング、メバリングでPEラインを使ってる人も多いとは思いますが、風が強い日の釣りとPEラインは相性が最悪で、トラブルが多発したりそもそも釣りにならなかったり・・・と、ろくな事がありません。

重いリグを使う

単純明快!使うリグのウエイトを上げることで、強風下でも難なくキャストすることができます。例えば、普段は1gのジグヘッドを使ってるけど、強風下では3〜5gのジグヘッドを使う。みたいな感じ。

大きなジグヘッドを使うと魚が釣れない・・・と考える人も多いですが、決してそんなことはありませんからね。吸い込みが悪くなり魚が釣れにくくなる・・・というのは考えられますが、ジグヘッドを重たくすることでアジやメバルが釣れない・・・なんてことはありませんので、その辺りはあまり深く考えず、風の強さに応じて重たくしたり軽くしたりするのが正解です。

 

ちなみに個人的には、強風化では10〜20gほどのフロートリグでライトゲームを楽しむようにしています。例えば比較的シャローエリアではアルカジックジャパンのシャローフリークを使ったFシステムで釣りを楽しむ・・・そんな感じ。

アルカジックジャパン(Arukazik Japan)
¥360 (2018/08/22 07:42:20時点 Amazon調べ-詳細)

使い方や改造方法など、シャローフリークでFシステムを組むときの色々を書いてみる

2017.02.17

風が強い日は安全対策を万全に!

釣りは自然の中で楽しむ娯楽であり、時に自然は人間に対し牙を向き、尊い命を奪ってしまうことがあります。

ですので、普段から安全対策はバッチリにしておかないといけないのですが、強風時には普段の安全意識レベルを2倍に引き上げるぐらいの気持ちで釣り場に出かけたほうが良いですね。

 

特に、足場の高い防波堤に乗る場合は、急な突風が吹き海に落水する危険性があります。丸腰で落ちればまず命はありませんので、必ずライフジャケットを装着し、普段よりも5歩ほど後ろに下がって釣りを楽しむようにして下さいね。

スポンサーリンク

関連する記事