メバリングでガシラ(カサゴ、アラカブ)が釣れてしまうときのアレコレ

メバリングをしていると必ずと言っていいほど釣れてくる「ガシラ(カサゴ、アラカブ)」ですが、残念ながらメバリングをしているときにHITするガシラは外道以外の何者でもありません。

もちろん、「釣れたらなんでもええやんけ!」ってスタンスであればオッケーですが、僕のように「メバリング中はメバルだけを釣ることに集中したい」って変態アングラーの場合、どうにかしてガシラを釣らない方法を模索している訳です。

 

もちろん、100%の釣り分けができる訳ではありませんが、僕が少しでもガシラのヒット率を下げるために行っている2つの方法があるので、ここで紹介しておきたいと思います。

ガシラをHITさせないために僕がやっている、2つの悪あがき

ガシラ
  1. なるべくフォールを入れない
  2. ボトムから浮かし、中層、表層の釣りをする

まぁ至極当然の方法ではありますが、やるとやらないでは外道としてのガシラを釣ってしまう可能性がすっごく下げることができるので、ガシラに嫌気がさしているアングラーはお試しあれ。

反対に、「メバルじゃなくガシラを釣りたい!」って人はこの反対をどうぞ。

なるべくフォールをいれない

メバリングの一つのテクニックとして「フォールで食わせの間を入れる」という方法がありますが、実はこの方法、メバルよりもガシラ(カサゴ)のほうが反応が良いです。

ガシラは上から落ちてきたものに対し「よっしゃ、餌やんけ!ぱくーーー(σ・∀・)σゲッツ!!」と、なんでも食べてしまう習性を持っていて、その習性はフォールしているワームないしプラグにも発揮します。

 

反対に巻きの釣り(リトリーブの釣り)では、ガシラよりもメバルのほうが反応が良いので、フォールを入れればガシラしか釣れない・・・って状況下では、ただ巻きオンリーの釣りへチェンジしてみて下さい。

ボトムから浮かすことを意識する

ガシラにしてもメバルにしても「根魚」なので、基本的にはボトム付近のストラクチャー周りに身を潜めているのですが、メバルの場合はどちらかと言うと「中層、表層付近」まで浮いてくることが多いです。

一方のガシラも中層、表層付近でヒットすることもありますが、大半がボトム付近でのヒットとなりますので、ボトムから浮かした釣りを意識してあげることで、ガシラのヒット率を低くすることができます。

 

ボトムべったりについているガシラの場合、50cm以上浮かせることでヒット率が極端に下がる傾向にあるので、ボトムの釣りではなく、中層、表層の釣りを意識してみて下さい。

ただ、メバルがボトム付近にいる場合の釣り分けは非常に難しく、正直「釣り分け?そんなの(ヾノ・∀・`)ムリムリ」って感じなので、その辺りはご勘弁を・・・。

まとめ

ツリイコくん

ガシラ(カサゴ)のようなある意味高級魚を釣りたくない!なんて贅沢な悩み以外の何者でもないけど、趣味としてメバリングをやる以上、釣り分けできるテクニックは持っていたほうが良いと思うよ!

あと、ガシラは一度釣り上げてしまうとどんどんストックが減って、最後にはそのフィールドからいなくなることも考えられるから、極力リリースしてあげるようにしてあげよう!

スポンサーリンク

関連する記事