メバリングでフロートリグを使うときのアレコレ【※使い方や使用タックルなど】

このページでは、メバリングで「フロートリグ」を使うときのアレコレについて書いていきたいと思います。フロートリグの使い方や、使用するべきタックル、僕も使ってるオススメアイテムなどを紹介しますので、ぜひ参考までに。

フロートリグは超便利

メバリングでフロートリグを使うときのアレコレ

メバリングでフロートリグを使うときのアレコレをまとめておくね

  • そもそもフロートリグって?
  • 使うべきタイミング
  • 使用するべきタックル
  • フロートリグの使い方
  • オススメのフロートリグ

そもそもフロートリグって?

white 2

そもそもフロートリグって何者!?って話ですが、簡単に言うと【飛ばしウキ】のこと。

通常であれば0.3〜5g程度の軽量ジグヘッドを30mほど飛ばし近距離を攻めるメバリングですが、フロートリグを使うことで〜15g程度までウエイトをアップすることができるので、要するに「沖合を攻めることができる」ってことになる。

 

フロートリグには「固定式」と「遊動式」のものがあり、固定式は文字通りリグが固定されてるもので、リーダーの長さを変えることで狙うレンジを刻むことができます。

遊動式はリグが固定されていないもので、より自由度の高い誘いをかけることが可能。固定式、遊動式、使い分けることで戦略の幅を広げることができますので、できる限り両者共に揃えておき、引き出しを多くしておくのがベストだと、僕は思ってます。

フロートリグを使うべきタイミング

フロートリグを使うべきタイミングですが、これは言わずとも「飛距離が足りないシーン」です。ジグ単(ジグヘッドのみ)では30mほどしか飛ばせないのに、フロートリグでは50m沖を探ることができる・・・ってことになるので、より広範囲にメバルがいる場所をサーチできる訳です。

とくに、メバルが広範囲に散っているであろうサーフや地磯でのメバリングで存在感を発揮しますので、「このフィールド、絶対飛距離が必要」って思う場所には、必ずフロートリグを持っていくようにしておきましょう。

 

また、軽量リグを使うメバリングは「風に弱い(参考→風が強いときのメバリング)」って弱点がありますが、フロートリグを使うことで少々の風であれば太刀打ちすることができるようになる。

そりゃ、白波がガンガン立つような状況下だと無理だけど、例えば「向かい風でジグ単ではどうしようもない・・・」ってときは、フロートリグがあるかないかで状況がゴロリと変わることがあるので、まぁそんな感じ。

フロートリグを使うときのタックルセッティング

IMG_4425

フロートリグは5g〜20g程度まで、ウエイトに差がありますが、特に10g以上のフロートリグを使用する場合、通常のメバリングロッドを流用することができません。

というのも、ジグ単での使用を前提に作られているロッドだと、ソリッドティップで〜5gまで、チューブラーティップで〜7gまでがキャストできる推奨範囲となっているから。

 

例えば〜5gのソリッドティップロッドで10g以上のフロートリグを使う場合、(できなくはないだろうけど・・・)飛距離がそれほど伸びなかったり、ロッドの破損に繋がったり。とにかくろくな事になりません。

ですので、重量級フロートリグを使うときは、フロートリグに特化したタックルセッティングを心がける必要があるんですね。例えば僕の場合、〜20gまでキャストできるロッドに、シマノでいう2500番クラスのリールを使うようにしているので、ぜひ参考までに。

■フロートリグに適したロッド

クロステージメバルモデル

メジャークラフトからリリースされているフロートリグを扱うことに特化したロッド。1.2〜20gまでをキャストできるので、ジグ単の釣りからフロートリグの釣りまで、幅広く使うことができます。

PEスペシャル

ブリーデンのPEスペシャルも1.5〜20gまでキャストできますので、フロートリグの扱いに特化したロッドです。

ちなみに僕が愛用しているロッドでもあるので、凄くオススメ。値段は高いけど、メバリングを始めシーバス、チニング、ライトショアジギングなどなど、これ一本あれば色々な釣りができるので、案外コストパフォーマンスが良いロッド。

フロートリグの使い方

フロートリグはこう使う

  • ただ巻き
  • トゥイッチフォール
  • ステイも効果的

■ただ巻き

文字通り、キャスト後ゆっくりと巻いてくるだけの釣り方。リトリーブスピードが結構重要で、その日の状況に合わせて遅くしたり、速くしたり、色々試してみるのが釣果を伸ばすコツ。

■トゥイッチフォール

主にシンキングタイプ(沈むもの)のフロートリグを使い、キャスト後任意のレンジまで沈め、トゥイッチ(チョンチョンとルアーを動かすテクニック)→フォールを繰り返す使い方です。

具体的に言うと、トゥイッチでメバルのスイッチを入れ、フォールでガツンと食わすイメージ。

■ステイも効果的

メバリングは「巻き続ける」イメージが強い釣りだけど、フロートリグ使用時は「数秒のステイ」を入れてやるほうが効果的な場面がある。巻きじゃ全然反応なかったのに、ステイを入れた瞬間爆釣・・・ってことも過去になんども経験してるので、テクニックの一つとして覚えておけば色々捗ります。

 

僕の場合、浮くタイプ(フローティング)のフロートリグを使い、5回ほどただ巻き、1〜20秒ほどステイ。

こんな感じで使ってます。「え?20秒も止めるの?」って思うかもですが、ステイしてる間も風や潮の動きによりフロートリグが動かされ、同時にワームも動いているので、その点はご安心を。

僕も使ってる、オススメのフロートリグ2つ

僕は主に「アルカジックジャパン(→公式サイト)」のフロートリグを使うことが多いので、最後に使用頻度の高いアルカジックジャパン製フロートリグを2つ紹介し、〆ようと思います。

■ぶっとびロッカー

中通し式のフロートリグです。

■シャローフリーク

もうね、僕のメバリングにはなくてはならないもの・・・って言っても大袈裟ではないアイテムです。シャローフリークに関しては別記事で詳しくまとめてあるので、どうぞそちらを参考までに。

シャローフリークの使い方

 

以上、メバリングでフロートリグを使う時のアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事