メバリングの潮位について。満潮と干潮、どっちが釣りやすい?

海は常に潮が満引きしており、潮が満ちているとき(満潮)があれば、その反対に潮が引いているとき(干潮)もあります。

メバルを含む大多数の魚は潮の満引きにより活性が上がったり、反対に活性が下がったりするので、「潮を把握する」ことが、釣りのテクニックを上達させる一つの壁とも言えるでしょう。

 

釣りをしていると「今日は潮が良くないなー」とか、「潮が動き出したら釣れだすよ!」とか。色々な意見を聞くことが多いですが、果たしてメバリングでは「満潮か干潮」、どちらのほうが釣れる可能性は高いのでしょうか?

このページでは「メバリングで有利な潮位」についてお話していくので、「満潮か干潮、どのタイミングで釣りに出かけたらいいの?」って人は参考までに。

満潮と干潮、どちらのほうがメバルの反応がいい?

IMG_0227

 

僕はかれこれ10年ぐらい(正確に覚えてはいませんが・・・)、メバルをプラグないしワームで狙ってきたのですが、結論からいうと「満潮と干潮、どっちでも釣れるよ?」と思ってます。

そもそもその場所にメバルがいれば満潮であっても干潮であっても「釣れない」ってことはまぁないでしょうし、要はその場所にあった釣り方をしてあげることで、潮位を気にせずともメバリングを成立させることは可能です。

 

でも、「メバルの反応が凄く良いとき」、「これまでに沈黙が嘘のように釣れだすとき」があるのは確かで、要するに釣れる釣れないの話しではなく、【潮位によってメバルが釣りやすい時間帯がある】ってこと。

なので、その「釣れやすい時間」にピンポイントで釣行することによってより多くの釣果を上げることができますし、楽しい時間を過ごすことができるようになるでしょう。

深場ならそれほど気にする必要はない

現場に出ると色々なアングラーの方とお話させてもらう機会がありますが、特に初心者アングラーほど「潮の満引きについて難しく考えてしまう傾向」にあるようです。

もちろん、あれこれ考えながら探っていくのが釣りの楽しみでもありますが、「今日は干潮だから釣れない・・・」とか、釣れない原因を潮のせいにするのはどうかと思います。

 

特に水深が4m以上あるフィールドの場合、満潮なのか、干潮なのかってのはあまり気にする必要がないので、「満潮なのか、干潮なのか」を気にする前に、まずフィールドへ足を運び、メバルの反応を見たほうが話は早いです。

シャローエリアでのみ、干潮を避けたほうがいい

満潮時の水深が1m以下とか、極端なシャローエリアの場合に限り、「干潮での釣行は止めておいたほうが良い」と言えます。釣れる釣れないの話ではなく、釣りにならないことが多いですからね・・・。

僕のよく行くフィールドは数キロも永遠とゴロタサーフが続いており、先20mほどは水深が50cm〜1m程度と、凄く浅い場所です。干潮時と満潮時で釣果の差が2倍、3倍と変わってくることも珍しいことではありません。

 

干潮時には1匹とか2匹とか、場合によってホゲるときもあります。反対に満潮時には1時間で10匹以上とか、いわゆる「爆釣モード」に入ることが多いように感じます。(もちろん、満潮時であってもダメなときはダメ)

単純にシャローエリアにはメバルのストックが少ないですし、干潮の時間帯になると水深がある場所へ魚が移動してしまうため、水深が比較的浅いシャローエリアに限り、満潮時の釣行を意識したほうが、より良い結果に繋がることが多いです。

潮の満ち引きより、何かしらの変化がある時間帯が有利!

メバリングに限らず釣り全般に言えることですが、潮の満ち引きよりも、「何かしらの変化」があるときが凄く有利です。所謂「時合」のタイミングを狙うことで、安定した釣果を得ることができるでしょう。

例えば「満潮から下げ始めるとき」「干潮から上げ始めるとき」など、潮が動き始めるタイミングってのはすっごく大きなチャンスです。

 

潮が動き出すとベイトが動き、ベイトの動きに合わせてフィッシュイーターも動き出します。僕たち人間で言うと、朝食、昼食、夕食の時間帯と同じでしょうか?

要するに、魚たちのお食事タイムってところ。

 

メバリングでどうしても潮の満引きが気になる・・・って人は、満潮か干潮かを気にするのではなく、潮が上げ始めるタイミング、下げ始めるタイミングなど、何かしらの変化を気にしてあげることで、良い結果に繋がると思いますよ!

まとめ

ツリイコくん

メバリングでは満潮か干潮かを気にするよりは、潮が動くタイミングや、暗くなる(明るくなる)タイミングなど、何かしらの変化を気にしてあげるほうが断然良いよ!

要するに「時合に合わせて釣行する」ってこと。ぜひ試してみてね!

スポンサーリンク

関連する記事