マゴチを夜(ナイトゲーム)釣るときのまとめ

今回は、昼に釣るイメージの強い「マゴチ」を夜(ナイトゲーム)で狙うときのお話。「マゴチって夜でも釣れるの?」「釣り方は?」「狙う場所は?」という点をメインにお話していきますので、どうぞ参考までに。

マゴチをナイトゲームで釣り上げよう!

マゴチは夜でも狙える魚

マゴチは照りゴチとも呼ばれ、夏の真っ昼間に釣るイメージの強い魚(参考→マゴチが釣れる時期と時間帯)ですし、昼に釣行する人が大半を占めるとは思いますが、では「マゴチは夜に釣れないのか?」といえばそうではなく、夜(ナイトゲーム)でも問題なく釣れる魚・・・という認識でオッケーです。

場合によっては夜のほうが釣れますし、夏の昼(デイゲーム)は暑さによる熱中症などのリスクが高くなるので、マズメの時間帯、もしくは夜にマゴチゲームを楽しむことで、体力的には楽になりますよ!

 

ただ、やはり昼には昼、夜には夜の釣り方や考え方がありますので、これからその辺りについて具体的なお話をしていこうと思います。

メモ

マゴチは夜でも釣れる!

ベイトフィッシュの動きを予測しよう

ベイトフィッシュがいなきゃ釣れないよ

マゴチに限らず全ての釣りに言えることですが、その場所にエサとなるベイトフィッシュがいない場合、思い描いたような釣果を得ることが難しくなってしまいます。ベイトフィッシュがいなければマゴチの活性が上がりませんし、そもそもその場にマゴチがいない可能性だってありますからね。

ベイトフィッシュの有無に関しては昼も夜も同じ考え方でオッケーですが、では夜(ナイトゲーム)でマゴチを狙うときは、ベイトフィッシュの何をどう考えれば良いのでしょうか?

 

それは、「エサとなるベイトフィッシュが活発なのかどうなのか?」という点です。例えその場所にベイトフィッシュがいたとしても、夜に活動を休止していればダメですからね。

例えばマゴチは「キス」が大好物であり、キスが浅瀬に接岸してくる夏の季節はキスをメインベイトにしていることが多いのですが、実はキスという魚、昼は群れをなして泳ぎ回るのに対し、夜になると砂に潜って(個体によれば潜らず)眠りについてしまうのです。

 

なので、キスが動いていない時間=マゴチも捕食活動を積極的に行っていない・・・と推測できることになり、「キスが動いている時間帯であれば釣れる」と予測することができます。

明るい時間はもちろんのこと、大型のキスは真夜中になると動き出す習性を持っていますので、その動きに合わせて真夜中にマゴチを狙う・・・こんな感じで、ベイトフィッシュの動きに合わせ釣行するタイミングを合わせることで、ナイトゲームでもマゴチをコンスタントに釣り上げることができるようになりますよ!

メモ

とにもかくにも、安定したマゴチの釣果を得るためには「ベイトフィッシュ」の動向が鍵となる

明かりのある場所が狙い目

夜にマゴチを狙うときは、真っ暗な場所よりも「光のある場所」へ釣行することをオススメします。例えば真っ暗なサーフに釣行するのではなく、常夜灯のある底質が砂地の堤防や漁港なんかが良いですね。

昼にマゴチの実績がある場所であれば夜も狙うことができるので、明るい時間帯に下見しておくと何かと捗りますよ!

参考→マゴチが釣れる場所の探し方

 

なぜナイトゲームでは明かりのある常夜灯周りが有望なのか?それは明かりの周りにはマゴチのエサとなるベイトフィッシュが集まり、そのベイトを求め沢山のマゴチがやってくるからです。

つまり、マゴチのいる場所が特定しやすいため、釣果に繋げやすい・・・という考え方ですね。ただ、マゴチの他にシーバスなどの外道が釣れすぎるのが難点。

メモ

光のある場所には沢山の魚が集まる

メタルジグは使える?

メタルジグは使えるの?

続いて、ナイトゲームでマゴチを狙うときに使うルアーについてのお話ですが、たまに「メタルジグは夜にでも使えますか?」という質問を受けることがあるので、その辺りについて触れておこうと思います。

そもそもマゴチはメタルジグにも好反応を示す魚なので、昼の釣り(参考→メタルジグでマゴチを狙う)であれば問題なく使うことができます。が、夜のナイトゲームでは「正直使う理由が分からない・・・」というのが本音です。

 

もちろん、夜にメタルジグを使うことで釣れるマゴチもいるでしょうが、敢えてメタルジグを使う理由ってほとんどないんですよね、飛距離が出る・・・ぐらいしか思いつきません。

なので、夜のマゴチゲームでメタルジグは使えるのか?という点に関するツリイコ編集部的アンサーとしては、「釣れるかもしれないが、敢えて使うルアーではない」という結論でお願いします。

メモ

敢えて使ってみることで見えてくることは必ずあるから、色々試してみる気持ちは大事

基本的にはワームで狙うもの

ワームで狙うのが一番!

メタルジグがダメなら、じゃあ何で狙えばいいの?という疑問に対する答えとしては【シャッドテールワーム+ジグヘッド】の組み合わせがオススメです。要するに、昼に使うワームをそのままナイトゲームで使っちゃえ!ってことですね。

使うワームは同じでも釣り方とか攻め方は変わってくるので、その点については次項でお話します。

 

夜のマゴチは「ワームのズル引きで狙え!」という人もいますが、個人的な考え方としてはズル引きよりもシャッドテールワームでアピールしながら釣っていく方法のほうがしっくりきますし、実際よく釣れています。

確かにズル引きでも釣れるのですが、根掛かりリスクが増えるのはもちろんのこと、(個人的な感覚ではありますが)釣ってて面白味がないと言うかなんというか・・・楽しく釣りをする!がポリシーのツリイコ編集部的には「ちょっとない選択肢かな・・・」というのが本音です。

 

ナイトゲームで使うワームは「エコギア パワーシャッド」がオススメなので、水深や潮流に合わせて5g〜20g程度のジグヘッドと合わせて使ってみることをオススメします。

夜マゴチの釣り方、狙い方

ナイトゲームでジグヘッド+シャッドテールワームの組み合わせでマゴチを狙うときの釣り方ですが、「ただ巻き」もしくは「ボトムでのリフトアンドフォール」がオススメです。

マゴチはボトムにベッタリ付いている魚なので、ただ巻きで狙うときは必ず「ボトムから離さないようにリーリングする」ことを強く意識しておいて下さい。ボトムから離しすぎると途端に食いが悪くなります。

 

リフトアンドフォールでの釣り方ですが、上図を見て分かる通り、【細かくリフトさせ、カーブフォールで落とす】ことを意識して下さい。ナイトゲームでは「ゆっくりルアーを見せる」のが大事なので、あまりにキビキビとしたアクションを付けてしまうとマゴチがルアーを見失ってしまうんですよ。

フワッと持ち上げ、緩やかに落とす・・・これが、ナイトゲームでマゴチを釣るときに有効的な攻め方です。

メモ

夜はゆっくりルアーを見せることが大事

以上、夜の時間帯にマゴチを狙うときのアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事