堤防からマゴチをルアーで狙うときのアレコレ

今回は釣りの定番スポットでもある「堤防」から、ルアーでマゴチを狙うときのお話。堤防からマゴチを狙うときの狙うべき場所、使用タックル、オススメのルアーなどについてお話していきますので、どうぞ参考までに。

堤防からマゴチを釣ってみよう!

堤防で使用するロッドは長めがオススメ

特に足場の高い堤防でマゴチ釣りを楽しむときは、8ft〜9ft程度の少し長いルアーロッドの使用をオススメします。リールは各メーカー2500番〜3000番ほどのスピニングリールであれば何でもオッケーです。

ロッドに関しては現時点で「マゴチ専用ロッド」がリリースされていませんので、シーバスロッドやエギングロッドなど、手持ちのルアーロッドを流用する感じでも大丈夫ですし、安いものでも良いので買い揃えてみるのもアリだとは思います。マゴチロッドの選び方については別記事で詳しくお話していますので、そちらを参考にどうぞ。

マゴチゲームで使うロッドの選び方

 

なぜ堤防では「少し長めのロッド」がオススメなのか?それは足場から海面の距離が遠くなるほど短いロッドでは取り回しが悪くなり、マゴチとのファイトにも難が出ることになるから・・・と言った理由ですね。飛距離に関しても長いロッドのほうが出せる傾向にあるので、あらゆる面で長いロッドは有利になることが多いのです。

メモ

堤防では「気持ち少しだけ長いめのロッド」がオススメ

潮通しが良く底が砂地の堤防を選ぼう

どんな堤防がいいの?

堤防であればどこでもマゴチが釣れる!なんてことはなく、堤防からコンスタントに安定した釣果を狙うとなると、それなりの目利きが必要となってきます。では、マゴチが釣れる堤防はどんな場所なのか?

そもそもマゴチは砂の中に潜り生活している魚で、遊泳力に長けた魚ではありません。そのため、言うならば【マゴチは砂がなければ生きていけない魚】なので、釣行する堤防は必ず「底が砂地」である必要性がある訳です。岩礁帯オンリーな場所ではまず釣れませんからね、「砂」をキーワードに堤防探しをしてみましょう。

 

また、マゴチは潮通しがそれほど良くない場所にでも問題なく生息している魚ではありますが、やはり「潮通しの良い堤防」には沢山のマゴチが集まる傾向にあり、数が増えるということはそれだけチャンスも増える・・・ということになります。

外洋に面した堤防など、なるべく潮通しの良い堤防へ釣行することがマゴチをコンスタントに釣るために必要不可欠な要素となりますので、その辺りを意識しながら釣行する堤防を決めて頂ければと思います。

メモ

潮通しの良い場所には沢山のベイトフィッシュが集まり、それを食べに沢山のマゴチが集まる

堤防での狙い目や釣り方

あらゆることを推測し、マゴチがいる場所を狙おう

堤防でマゴチを釣るときの狙い目ですが、「堤防の基礎付近」「ミオ筋(船が通るために掘ってある場所)」「ブレイクライン(急に水深が変わっている場所)」など、とにかく海底に少しでも変化がある場所を意識することが大事です。

マゴチは、そのような海底が変化している場所を好んで生息している傾向にあり、何も考えずにただひたすらキャストするよりは「ここにマゴチが付いているだろうな・・・」という場所を予測し推測することで釣果アップに繋がりますので、色々試行錯誤しながら狙ってみる気持ちが大事です。

 

釣り方ですが、基本的には「リトリーブ(ただ巻き)」の釣りだという認識でオッケーです。ただし、マゴチはボトム(底)に潜んでいる魚で、滅多に表層、中層に浮いてくることがない魚ですので、必ず【ボトム】を意識したゲーム展開をする必要性が出てきます。

こんな感じで、ボトムちょい上をルアーを通すイメージでオッケー。少しでも浮かしすぎると途端に食いが悪くなることがあるので、できる限り「ボトムから離さないようにする」ことが釣果を伸ばす鍵です。

メモ

堤防での狙い目は「ブレイクライン」「ミオ筋」「堤防の基礎付近」

オススメのルアー

堤防からマゴチを狙うときは、水深により使うルアーを変えてあげるほうが効率が良いです。例えば水深が浅い場所だと「シャッドテールワーム+ジグヘッド」の組み合わせ、水深がある場所であれば底取りとレンジキープがしやすい「(鉄板)バイブレーション」がオススメです。

では最後に、ツリイコ編集部的「堤防マゴチゲームにオススメなルアー」を紹介しておきます。

エコギア パワーシャッド

フラットフィッシュ(マゴチやヒラメ)を釣るときに最適なシャッドテールワームです。ボトム付近のただ巻きだけでオッケーです。

メジャークラフト ジグパラブレード

シーバス用ルアーですが、マゴチも問題なく狙えます。鉄板バイブレーションにカテゴライズされているルアーで、飛距離を出せボトムを取りやすいので、沖の水深のある場所を狙うときに最適です。

使い方はただ巻きだけでもオッケーですが、「ボトムから離れていないか不安・・・」と感じるときは、10回ほど巻く→再度着底を繰り返すやり方がオススメです。

メモ

ワームとバイブレーションを使い分けよう!

以上、マゴチを堤防から狙うときのアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事