マゴチをルアーで狙うときの【ロッドの選び方】まとめ

今回は獰猛なフィッシュイーターである「マゴチ」をルアーで狙うときに必要な【ロッド(竿)】の選び方についてのお話。

マゴチをルアーで狙うとなると、遠くまでルアーを飛ばせる遠投性、HIT後のやり取りを考慮して使うロッドを選ばなければいけません。今回はその辺りについて具体的に詳しくお話していきますので、どうぞ参考までに。

バチッとハマったロッドを選ぼう!

必要なロッド性能を考えてみる

「マゴチをルアーで釣るときはどんなロッドが必要かな?」そう考えたときは、まず【マゴチを釣るために必要なロッドスペック】を書き出してみるようにしましょう。

こんなロッドが必要・・・ということさえ分かれば、後はそのスペックに合ったロッドを選べばいいだけですからね。では、マゴチゲームを快適に楽しむためには、どのようなロッドスペックが必要なのか?その辺りについてお話していきます。

長さ(レングス)はどれくらい必要?

必要な飛距離や足場の高さによって必要なレングスは変わるよ

ルアーロッドには数多くのレングスがラインナップされています。なぜそれほど多くのレングスがラインナップとして用意されているのかというと、「釣行場所や必要とする飛距離で選ぶべきロッドの長さが違う」からなんですね。

例えば、「少しでも沖にルアーを届けたい・・・」と、飛距離がどうしても必要になる場所でマゴチゲームを楽しむときは「長いロッド」が必要ですし、足元から水面までの距離が遠い、足場の高い場所で楽しむときも長いロッドが必要となります。

 

逆に漁港やちょっとした堤防なんかでマゴチゲームを楽しむときは長いロッドでは取り回しが悪くなり、結果として「使い難く」なるので、比較的短いロッドをセレクトすることが一般的。

このように、釣行場所や必要な飛距離によって使うロッドの長さが異なってきますので、「自分はどのような場所でマゴチゲームを楽しむことになるのだろうか?」という点を考え、ロッドの長さを導き出して貰えればと思います。

 

ちなみに、飛距離が必要な場所では「9ft〜11ft」、小場所でマゴチゲームを楽しむときは「7ft〜9ft」のレングスを保有したロッドを選んでおけば間違いなしです。

「どこでも使える万能的なロッドが欲しい」というときは、間をとって9ftクラスのロッドがオススメであり、9ftのロッドはマゴチゲームだけでなく様々な釣りへ応用が効くので、1本所有していれば何かと捗ること間違いありませんので、迷ったときは9ft程度のロッドを手に入れちゃいましょう。

メモ

飛距離が必要な場所は「9ft〜11ft」がオススメで、小場所では「7ft〜9ft」のレングスがオススメ

調子(テーパー)はレギュラー寄り

竿の調子(テーパー)はレギュラー寄りがオススメ

ロッドにはそれぞれ「調子(テーパー)」が設定されており、具体的に言うと「負荷を掛けたとき、どの位置で竿が曲がるのか?」が定められている訳です。「先調子」「胴調子」なんて言い方をすることもありますね。

では、マゴチをルアーで狙うときに必要な調子はどれか?これは「先調子過ぎず、胴調子でもないロッド」を選ぶべきだと断言できます。先調子のロッドはキャストが難しく飛距離が出し難いですし、魚のアタリを弾いてしまう傾向にあるのでNG。

 

反対に胴調子すぎるロッドはペナンペナンすぎて扱い難くなりますので、間をとって「レギュラー寄りのテーパー」を選ぶようにしておきましょう。レギュラーテーパーのロッドはこれと言って特徴のない竿ではありますが、誰にでも扱いやすい・・・といったメリットがありますからね、それほど難しいテクニックを必要としないマゴチゲームには最高のテーパーです。

メモ

とにかくレギュラー寄りのテーパーを選んでおけば間違いなし!

キャストできるルアーの重さ

使うルアーの重さを考慮しよう!

ロッドにはキャストできる「推奨ルアーウエイト」が定められており、例えば5〜20gと設定されているロッドでは30gのルアーをキャストすることができない・・・となる訳です。推奨されている重さ以上のルアーを投げてしまうと破損の原因となってしまうので、オーバーするにしても+5g程度までにしておきましょう。

マゴチゲームで使うルアーの重さは10g〜25g程度をメインに使うことが多いため、その辺りを推奨ルアーウエイトとして設定しているロッドを選んでおけば間違いありません。

メモ

メインで使うルアーの重さを考え、使うロッドを選ぼう

シーバスロッドをマゴチ釣りに代用できる?

残念なことに、現時点では「マゴチ専用ルアーロッド」的な立ち位置の竿は発売されていません。そのため、マゴチルアーゲームを楽しむときは他ジャンルロッドを代用して使うのが一般的なので、まずは「手持ちのロッドで楽しんでみる」というのもアリだとは思います。

では、マゴチのルアーゲームに最適なロッドはどれか?これは、迷うことなく「シーバスロッド」を選ぶべきだと考えておきましょう。シーバスロッドは7ft〜12ftほどのレングスラインナップがありますし、調子もレギュラー寄りのものが多く、最早「マゴチを狙うために存在しているロッドじゃないの?」と言えるほど、マゴチ向きのロッドとなっています。

 

マゴチはその見た目から「凄くパワーが強そう」と連想してしまいがちですが、実はそれほど泳ぎが得意な魚ではなく、一度根から離してしまえば後はグリグリと寄せてくることができますので、シーバスロッドほどのパワーを持ち合わせていれば十分対応できるのです。

エギングロッドでは先調子過ぎて扱いにくく、ショアジギングロッドではパワーがありすぎてオーバースペックとなってしまうので、「マゴチ用ロッドが欲しい」そう考えたときは、シーバスロッドの中から自分にあった竿を選ぶようにして下さいね!

 

ちなみに、コスパ重視でロッドを選ぶときは「メジャークラフト クロステージシリーズ」なんかが最適なので、どうぞ参考までに。

サーフでマゴチを狙うときのロッド選び

サーフからマゴチを狙うときは飛距離重視でロッドを決めよう

特に遠浅サーフでマゴチを狙うとなると、どうしても「飛距離」の有無が釣果を左右する要因となってしまうので、飛距離を重視したロッド選びをオススメします。

例えばマゴチが沢山付く「ブレイクライン」が70m先にあるのに、50mしか飛距離を出せなければ思い描いた釣果を得ることが難しくなりますよね?この場合、最低でも70m以上の距離を飛ばせるタックルセレクトが必要となるのです。

 

飛距離を伸ばすためには長いロッドを使うことが大前提となるので、サーフで使用するレングスは「10ft〜11ft」がベストであり、より遠くへ飛ばすために「メタルジグ」を使うことも多くなるので、50g前後のメタルジグをキャストできるロッド選びがオススメです。

最近ではサーフゲームに特化したルアーロッドが幾つかリリースされていますので、例えば「シマノ ネッサBB」なんかはコストパフォーマンスに優れ、サーフでのマゴチゲームにもピッタリだとは思いますので、どうぞ参考までに。

以上、マゴチをルアーで狙うときのロッド選びに関するアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事