ライトワインドとは?「※やり方、使用タックルについても紹介」

一般的にワインド釣法って聞くと、シーバスだったり青物だったりタチウオだったり、とにかく比較的大きな魚をターゲットにするイメージが強いんだけど、最近ではその常識を覆すすっごく面白い釣法が流行ってます。

その名も【ライトワインド】

ライトワインドとは?

タケノコメバル

まぁ文字通り「ライトなワインド」って意味なんだけど、このライトワインドの登場で、今までターゲットになりきれなかった魚を狙うことができるようになったので、ほんと面白いです。

もちろん僕もハマっている釣りで、釣果もそれなりにあげることができてますので、このページでは「ライトワインドとは何ぞ?」ってことについて書いてくのでどうぞ参考までに!

 

※ライトワインドで使うタックル紹介とか、基本的な釣り方なんかをまとめてるので、すっごく長くなってます。ブックマークや(スマホの場合は)ホーム画面に追加などして、じっくり読んで頂ければと。

ライトワインドで狙える魚

ライトワインドで釣れる魚ですが、正直僕の把握できていません。言うならば【ルアーで狙える全魚種をターゲットにできるんじゃね?】って感じなので、(ブリーデン的に言うと)魚種限定解除って感じでしょうか?はい。

具体的に言うと(狙いたい魚を)釣り分けすることもできるんだけど、【何が釣れるか分からない】のもライトワインドの魅力だと思うので、その辺りはアバウトでいいかと。

 

これまで僕が(ライトワインドで)釣ったことがある魚を挙げてみると、アジ、メバル、カマス、ハゼ、ガシラ(カサゴ)、ソイ類(クロソイとか)、シーバス、チヌ、タチウオ・・・

他にも色々釣ったことがあるけど、メジャーな魚はこんな感じ。

 

まぁとにかくライトワインドは色んな魚が釣れて超楽しい釣りなんで、ぜひチャレンジしてみて下さい。

ライトワインドで必要なタックル

必ずしも専用のものは要らないよ

  • ロッド
  • リール
  • ライン
  • ワーム(ジグヘッド)

ライトワインドを楽しむためには必ずしも専用タックルを揃える必要はないんだけど、楽しむための最低条件的なものはあるから、足らない分は揃えてみてね。

ライトワインドに向いてるロッド

IMG_0441

ライトワインドの基本として、(当然だけど)ワインドアクションをできるロッドセレクトが必要になります。(ライトワインドの基本アクションについては後述)

なので、ペナンペナンに柔らかいロッドだったり、元々アクションをつける釣りに向いてないロッドでは楽しむことができない(釣果に凄い差がでる)ので、その辺りはご注意を。

 

具体的に言うと、チューブラータイプのハリのあるアジングロッドが理想的で、アジングロッドがない場合はメバリングロッド、バスロッドのライトなものでも代用できます。

ソリットティップタイプでも楽しむことはできると思いますが、僕はやったことがないので自己責任でどうぞ。

 

ちなみに僕はジャストエースから発売されているライトワインド専用ロッド、【ライトワインダーST】ってロッドを使ってるので参考までに。

ジャストエース ライトワインダー 610 ST

リールの大きさについて

IMG_0443

ライトワインドで使用するリールですが、あまりに常識外の大きさでなければ何でも良いと思ってます。具体的に言うと2000〜2500番程度が妥当で、3000番だとちょっと大きな感じで1000番だと少し頼りない感じですね、はい。

僕の場合は(かなり古いモデルですが・・・)08バイオマスターC2000sをメインに使ってるので、大体の参考にして頂ければと思います。

 

敢えて言うなら、そこそこのパワー性能と、ドラグ性能は欲しいって感じ。あまりに安いリール(ワゴンコーナーに売ってるようなやつ)だと色々不具合があると思うから、エントリークラス以上のものであったほうが良いと思います。

不意に大きな魚が掛かる可能性も高いですからね、【逃した魚は大きかった・・・】にならないためにも、備えあれば憂いなし。です。

ラインの種類や太さ

ライトワインドはロッドをチョンチョンと煽り、ワームにダートアクションを加える釣法なので、基本的にはワームへダイレクトな動きを伝えることができる【PEライン】一択となります。

ナイロンラインだと伸びすぎてダメ。フロロカーボンでも若干のノビがあるから(やや)ダメ。ってことで、ライトワインドを楽しみたい人はPEラインで挑戦してみて下さい。

 

ラインの太さは人それぞれ好みがあるでしょうが、現実的に考えると「PEライン0.4〜0.6号」がベスト。ちなみに僕はデュエルの0.4号を使ってるので参考までに。

デュエル(DUEL) ARMORED F 100M 0.4号 GY H4118-GY GY:イエロー 0.4号
デュエル(DUEL)
売り上げランキング: 86,755

 

ショックリーダーに関しては「ライトゲームなら必要ないんじゃない?」って意見の人も多いようですが、僕の場合は絶対つけるようにしてます。

ショックリーダーの太さに関しても好みで大丈夫ですが、フロロカーボン4ib〜10lbぐらいが妥当なので、使用するラインやフィールドによって使い分けてみて下さい。

ライトワインドにオススメのワームとジグヘッド

IMG_0444

ライトワインドは、ダートタイプのジグヘッドに、ダートアクションに特化したワームを取り付け楽しむことになります。ダートに向いてない物を使うと釣果にすっごい悪影響を与えちゃうから、そこそこ気を使ったほうが良いと思います。

僕的なオススメジグヘッドとワームですが、ジグヘッドは「尺ヘッドDタイプ」がオススメで、ワームは「シュラッグミノー」をよく使います。

 

他にも色々使ってますが、(書くと長くなるので)次の機会で。

 

ジグヘッドのウエイトですが、1g〜5gまで、それぞれ1パックずつ持っていれば間違いないです。水深が浅く、風のない日は1gほどのジグヘッドでも大丈夫ですが、風や潮が強く、水深があるフィールドでは5g程度の重たいジグヘッドも必要になりますのでご準備を。

ライトワインドの基本的な釣り方をご紹介

ガシラ

いざライトワインドを始めたものの、基本的な操作方法が分からない・・・って人も多いようなので、ここで僕的の「ライトワインドで安定した釣果を生み出すための基本テクニック」を紹介したいと思います。

現時点で恐らく300匹ぐらい(数えてないけど大体ですw)釣ってるので、書いてある通りにやってもらえればそこそこ簡単に結果は出ると思うので参考までに。

意外と簡単に釣れる

  • 基本的なアクション方法を紹介
  • フォール中は特に集中
  • ボトムでのワインド釣法
  • 連続アクションが有効な場合も

基本的なアクション

ライトワインドの基本アクションですが、狙いたいレンジ(水深)までワームを沈め、ロッドをチョンチョンっと煽る感じで2〜3書いほどアクションを入れます。

アクション後は必ずカーブフォール(テンションを張りながら沈める)で元のレンジまでワームを沈め(2〜3秒ほどで元のレンジに戻ります)再度アクションを入れる。これの繰り返しです。

 

アタリは95%ぐらいの確率でフォール中にきますので、敢えてフォール時間を長く取ることで釣果が上向きになることがありますよー!

アクションの幅ですが、チョンチョンと優しいほうが効果的なこともありますし、エギングのようにバシバシアクションをつけたほうが効果的なときもあるので、この辺りは実釣してみる他方法はありません。

 

ライトワインドに関する雑誌やWEBサイトでは、1アクションにつきハンドルを1/2回転させる・・・と書いてあることが多いですが、僕は1アクションにつき1回転回しています。

もちろん、何が正しいかなんてやってみないと分からないので何とも言えないんだけど、実際このやり方ですっごく沢山の魚を釣ってる訳だから、間違いではないはず。

フォール中は特に集中

さっきも言ったんだけど、魚のバイトは95 %ぐらいの確率で「フォール中」に起こります。稀にアクション中にググっとひったくられることもあるんだけど、基本はフォールで釣る釣りって思ってて間違いないと思う。

 

アタリの種類は色々あるけど、ほとんどが「コン」「コツン」ってアタリだから、疑わしきはアワせろ方式で、違和感を感じたら即フッキングして下さい。

後は「フワ」っと一瞬軽くなるようなアタリや、何度もコツコツアタってくることがありますが、いずれにせよバシっとフッキングするのが釣果を上げる鍵です。

ボトムでのワインド釣法

ワインド釣法と言えばなんとなく「中層」でする釣りなイメージがあるんだけど、特にガシラ(カサゴ)などの根魚を狙うときはボトムワインドが超効果的なので試してみて下さい。

その名の通り、ボトム(底)を叩くようにワインドアクションだけでオッケーなので、思ってるよりも簡単ですよ!

 

方法は簡単で、キャスト後(必ず)ボトムを取り(参考→ボトムの取り方)、着底を感じたと同時に2〜3回アクションを入れます。で、フォールして再度着底。

これの繰り返しです。

 

ボトムワインドの場合もフォール中でのバイトがほとんどで、着底する寸前、もしくは着底後すぐにアタリが出る場合が多いので、アタリがあれば即フッキングして下さい。

ちなみに、着底後数秒間ステイさせることで釣果が爆発することもあるので、方法の一つとして覚えておいて損はないです。

ターゲットによっては連続アクションが有効な場合も

ライトワインドはアクション後のフォールで食わす釣りですが、狙うターゲットによっては連続ワインドダートアクションが有効なこともあります。

主にアジやメッキやカマスを釣るときは、フォールよりも連続ダートのほうが効率的です。

 

連続アクションのコツですが、「不規則な動きを与えない」ことで安定した釣果を得ることができます。要するに「同じリズムでアクションさせる」ことが重要ってこと。

 

長くなりましたが、以上が「ライトワンドで色々な魚を釣り上げる基本知識」なので、ぜひぜひ楽しんで下さいね!

スポンサーリンク

関連する記事