キス釣りを楽しむときの場所選び【※正しいポイントをセレクトし、沢山のキスを釣り上げよう】

今回は、キスを釣るときの「場所選び」についてのお話。キスは居さえすれば比較的簡単に数が釣れる魚ではありますが、釣行場所を間違うとそういう訳にはいきません。居ない魚を釣ることはできませんから・・・。

キス釣りを楽しむための場所選びについて詳しく簡潔にまとめていこうと思うので、ぜひ参考までに。

完璧な場所をセレクトし、キスの数釣りを楽しもう

キス釣りのメインフィールドは「砂浜(サーフ)」

砂浜がメイン

キスは砂地の底へベッタリ付いている魚で、危険を感じたときや夜になると砂に潜る・・・という性質を持っているので、キス釣りを楽しむときにメインに狙うべき場所は「砂浜(サーフ)」だという認識を持っておきましょう。

底が砂地ではなく岩礁帯となればキスの生息数が減り、生息数が減るということは「釣れる可能性が低くなる」ということになりますからね、必ず底質が砂地の場所をセレクトしましょう。特に〜15cmまでの小型キスは何の変哲もない砂浜へ大量に接岸してきますので、夏になると海水浴で賑わうような場所であっても、数釣りを楽しむことができますよ。

 

ただし、20cmを超える比較的サイズの良いキスは、何の変哲もないサーフよりも、所々に岩礁帯や藻が点在するようなエリアを好む傾向にあるので、「小物ではなく大物のキスを釣りたい・・・」って人は、そのような場所へ釣行するようにして下さい。

場所選びがハマれば、20cm超えのキスがバコバコ釣れる・・・ってこともありますよ!

メモ

キスは砂地を好んで生息している魚

海水浴が禁止されているサーフが熱い!

離岸流や急深サーフが狙い目

キスは「砂地(サーフ)で狙うべき魚」だということが分かりましたが、よりサイズの良いキスを狙ったり、より多くのキスを狙う場合、海水浴が禁止されているような場所、つまり「人が立ち込めない何かしらの理由がある場所」へ釣行することをオススメします。

なぜなら海水浴が禁止されているような場所は、離岸流が発生し沖に流されてしまうリスクがあったり、急に深くなっていて危険だと判断されているからであり、そのような海中変化に富んだ場所には多くのキスが付きやすく、要するに【キスの魚影が濃い】可能性が高いからなんです。

 

また、キス釣りに適した時期は「初夏〜秋」であり、どうしても海水浴シーズンと被さってしまうんですよ、海水浴客の多い場所で釣りをするのは多くの危険が伴いますので、あらゆる事態を想定し、人が少ない場所を選ぶようにして下さいね。

メモ

海水浴客が多い場所でのキス釣りは避けておこう

堤防やテトラ帯でもオッケー

必ずしも砂浜である必要性はないよ

キス釣りを楽しむための場所として適しているのは「砂浜(サーフ)」であるという事実が覆ることはありませんが、底質が砂地であることさえクリアできれば、堤防やテトラ帯であってもキス釣りを楽しむことは可能です。

砂浜はどうしても海水浴客が多かったり、投げ釣り師が多かったりしますからね、敢えてサーフではなく堤防やテトラ帯でキス釣りを楽しむ・・・というのもアリだとは思います。

 

ただし、堤防やテトラ帯みたいな場所では4m以上の長さがある本格的な投げ釣り竿では立ち回りにくくなるため、手軽に投げ釣りを楽しめる「チョイ投げ仕掛け」が便利です。

価格が安いものでも十分なので、「チョイ投げ釣りセット」を揃えたり、ルアーロッドを持っている人であれば、エギングロッドやシーバスロッドなどを流用することもできるので、そのようなタックルセレクトで堤防やテトラ帯からのキス釣りを楽しんじゃいましょう。

時期によって水深を考える

キスは水温によって生息場所を変えているよ

キスは水温が高くなると浅場へ接岸し、水温が低くなると水深がある場所へ離岸する魚です。そのため、コンスタントに安定した釣果を得るためには、【時期(水温)によって狙うべき水深を変える】ことが大事な要素となります。

例えば初夏〜秋にかけての高水温期であれば水深のない遠浅のサーフでも狙えますが、低水温期である冬や春は沖の水深がある場所へ移動しているため、「水深がある場所」を狙うのが良い・・・ということになりますね。

 

夏や秋にキスが沢山釣れていた場所であっても、だからと言って冬や秋に同じように釣れるという訳ではありませんので、季節、時期、水温を判断基準とし、狙うべき場所(水深)を刻んでいくのがキス釣りで最高の釣果を目指すための基本だということを知っておきましょう。

投げ釣り師の数で判断するのもアリ

釣り師が多い

キスが釣れるような場所なんて知らないし、離岸流が発生しやすく急に深くなっている場所なんて分からない・・・もっと確実で手軽に「キスが釣れる場所が知りたい・・・」そう思う人は、車で海岸線を走り、【投げ釣り師が多い場所】を探してみて下さい。

個人的なお話にはなりますが、初場所でキス釣りを楽しむときは事前に2時間ほど海岸線を走り、キスを狙っている釣り師の有無を必ず確認するようにしています。釣り人が多い=よくキスが釣れる場所という式が出来上がりますからね、キスが釣れている場所を知るために一番確実性の高い方法だとは思いますので、ぜひお試しあれ。

 

自己流でポイントを探し「ここは本当にキスが釣れるのか?」と疑心暗鬼になってしまうと上手くいかないことのほうが多いですからね、確実にキスのいる場所へ釣行し、穏やかな気持ちでキス釣りを楽しむのが何より大事ですよ。

メモ

釣り師が多い場所ほど実績のあるポイントである可能性が高い

以上、キス釣りを楽しむための場所選びに関するアレコレでした。

スポンサーリンク

関連する記事