キスが釣れる時期(シーズン)と時間帯を知り、最高の釣果を手に入れよう

今回は、サーフの女王「キス」を釣るときの【時期や時間帯】についてのお話。キスがよく釣れる時期を知り、よく釣れる時間帯を知ることで釣果が伸びること間違いなしですので、ぜひ参考までに。

キスが釣れる時期と時間帯を知っておこう

キス釣りは初夏~秋にかけてがハイシーズン

初夏〜秋

キスは低水温が苦手な魚なので、水温が探す寒い寒い冬の季節は、水深10mほどの深場へ落ちてしまいます。そのため、岸からキスをコンスタントに釣り上げるには、水温が高くなる時期に釣行するのが一番。

水温が上がるとキスは積極的に浅場へ集まってくる習性があるので、水温が安定し高くなる「夏〜秋」にかけてがハイシーズンとなります。この時期に大きなキスの群れに当たると一日中釣れ続けることもありますし、20匹、30匹と最高の釣果を得られることもあるので、ぜひ夏〜秋にかけての時期に狙ってみて下さい。

 

また、キスは砂地に好んで生息している魚なので、釣りにでかけるときは時期や時間帯だけではなく、「場所選び」にも気を使って下さいね。砂地(サーフ)であればどこでもいい訳ではなく、藻が所々に点在していたり、潮通しがよく起伏のある底地を好む傾向にあるので、そのような場所を狙って釣行するのが安定した釣果を上げる近道です。

メモ

キスのハイシーズンは、水温が高くなる「初夏〜秋」の季節

春の時期は狙う場所によっては釣れる

春の季節は狙う場所にこだわってみよう

「キスは夏に釣る魚だ」というイメージを強く持っている人は多いですが、キスって実は「一年中釣れる魚」なんですよ。よく釣れるハイシーズンが「初夏〜秋」というだけで、春や冬でも狙える魚ではあるのですね。

ただし、言うまでもなくハイシーズンよりは釣るのが難しくなる時期なので、「手軽にキス釣りを楽しみたい」という人は、初夏〜秋の季節に竿を出しましょう。

 

では、「春のキス釣りは何を意識しておけばいいのか?」という点ですが、冬が終わり徐々に水温が高くなってくる春は、深場にいたキスが徐々に徐々に浅場へ近づいてくる時期となりますので、「ハイシーズンより水深がある場所を狙う」ということを意識した上で、釣りを展開することが大事です。

例えば本格的な投げ竿を使い120m〜150mの大遠投をする(大遠投するには膨大な練習量が必要です)とか、元々水深がある場所へ釣行するとか、とにかく「そこそこ水深があり、水温が安定している場所」へ釣行することで、春(3月〜5月)の時期にもキスを狙うことができますよ。

メモ

春は水温が安定し、深場にいたキスが徐々に浅場へ集まってくる

冬は厳しい時期だが、大型キス狙いに最適

冬のキス

何度も言うように、キスは低水温期になると「深場に移動する魚」なので、冬にキスを狙うとなると少々骨が折れる釣りを展開しなければなりません。ハイシーズンである夏のようにポコポコ釣れることはありませんし、釣行場所を上手く選ばないことには「1匹も釣れない・・・」ってことがよくあります。

ただし、冬の時期に釣れるキスは夏の時期に比べサイズが大きくなる傾向にあり、場合によっては30cmを超えるような大物がHITすることがありますからね。夏は10cmとか15cmの可愛らしいサイズが多くなるので、【大型のキスが釣りたい】という人は、敢えて冬シーズンにキスを狙うというのもアリだとは思います。

 

冬にキスを狙うときに意識しておきたいのは「水深がある場所を狙う」ということ。冬のキスは水深10m以上の深場に移動していることが多いので、安定した釣果を望むのであればそのような場所を探し、釣行するようにして下さい。

ただ、冬の季節でも浅場に残っている所謂「越冬キス」と呼ばれる個体がいます。主に水温が安定する漁港内などに溜まっている傾向にあり、文字通り「浅場で冬を越すキス」という意味なので、そのような個体を狙うのも冬のキス釣りを楽しむための一つの方法です。

メモ

冬はキス釣りのオフシーズンではあるが、「越冬キス」を狙うという選択肢もある

時間帯は「昼」の明るい時間帯がオススメ

夜のキスは砂に潜っている

キスを狙うときの「時間帯」ですが、基本的には【明るい時間帯に釣る魚】と認識しておいて下さい。というのも、キスは夜になると砂に潜り身を隠しますので、エサを積極的に追うことが少なくなってしまうからなんです。

海に光が差し込むと同時に砂から出て、群れをなしエサを探し回ることになりますので、明るい昼の時間に釣行することがキスをコンスタントに釣るための一般常識です。夜でも釣れないことはないんですけどね、やはり難易度が倍ほど高くなるのでオススメはできません。

 

また、キス釣りだけではなく全ての釣りで言われていることですが、朝夕の「まずめ」の時間帯(参考→マズメとは?)はキスの活性が高くなり、よく釣れる時間帯となります。

キスの数釣りを楽しむためには「まずめの時間帯」を中心に釣行スケジュールを組んでみて下さいね、大きな群れに当たると入れパク(仕掛けを入れる度に釣れる)ことがよくありますから。ちなみにまずめとは「薄明るい時間帯」を指す言葉であり、ローライトな薄明るい時間帯(早朝、夕暮れ)だという認識でオッケーです。

メモ

キスを狙う時間帯は「昼」がメインで、特に朝夕の「まずめ」の時間帯がオススメ

以上、キス釣りを楽しむための時期や時間帯についての考え方まとめでした。

スポンサーリンク

関連する記事